競馬 当たる 確率

競馬で、馬券が当たる方法を、確率からひも解いてみる

1:確率論で競馬を攻略することはできるのか?

ギャンブルにおいて「確率」は切っても切り離せない大事な要素。
それは競馬においてももちろん重要ですが、単純に予想が当たれば勝てる、というギャンブルではないのが競馬です。
今回は、競馬は確率を気にすればどのくらい当たるのか、確率を基に勝負すると勝てるのか、について解説していきます。

2:競馬で馬券が当たる確率を把握しておく

競馬 確率 馬券

普段みなさんは何気なく馬券を買っていますよね。
そもそもですが、各券種ごとの「当たる確率」をご存知でしょうか?
18頭立てのレースの場合ですが、当たる確率は以下のとおりになります。

単勝 約5.5%
複勝 約16.6%
馬単 約0.32%
馬連 約0.65%
枠単 約1.38%
枠連 約2.77%
ワイド 約1.96%
三連単 約0.02%
三連複 約0.122%

※各券種ごとの詳しい解説は下記記事でご紹介しています。

競馬は初心者でも賭け方さえ覚えれば勝てる!勝つためのコツ5選

これを見ていただいて分かるとおり、どの馬券を買うとしても、1点だけ買うのではほぼ当たることはない、と言っても過言ではありません。
オッズを考えないとしても、一番当たる確率の高い複勝でも約16%、6、7回買って1回当たるかな、という確率です。
三連単、三連複など、馬を3頭選ぶ馬券に関しては、もう1点買うだけでは的中を出すことは絶望的と言えます。

それゆえ、競馬で当たる確率を単純に上げるには、馬券を複数点買う必要があります。
ワイドでも10点買えば確率は10倍なので、的中率は約20%です。
とはいえ、三連単に関しては100点買ってもやっと2%、確率論だけで三連単を当てるのはかなり難しいことが分かります。

3:単純な確率だけでは、当たるには当たるが勝てない

競馬 確率 勝てない

競馬での券種ごとの確率は、先ほど解説したとおり、点数を多く買えば当たる確率は上がります。
ただここで注意しなければならないのがオッズです。

例えば単勝の場合、大穴が来れば余裕で10倍以上のオッズがつくのでプラス収支ですが、買うレースが毎回、穴馬が1着という可能性は低いです。
競馬には予想を立てる上で重要な要素は沢山ありますが、競馬で利益を出すうえで最も注意しなければならないのが、馬券ごとの当たる確率とオッズのバランスだと言えます。

「じゃあオッズもある程度あって、当たる確率の高い馬券を多点買いしよう!」となりますよね?
その考え方は間違ってはおらず、その買い方を繰り返していけば、適当な思いつきで馬券を買うよりは確実に的中率は上がります。

ですが、そんな都合のいい条件のレースが頻繁にあるハズもなく、条件が整ったレースでも“当たる確率が上がるだけで、必ず当たるわけではない”のです。
しかも最近の競走馬の調子、騎手、コースの距離といった要素で、確率どおりにはいかないことも多いのが競馬。
言うは易く行うは難し、ここが競馬の難しいところでもあります。

4:確率から競馬を攻略するには

競馬 確率 攻略

それでは確率から競馬を攻略するのは無理なのか、となりますが、決してそんなことはありません。
確率以外の要素も必要にはなってきますが、競馬の様々なファクター、その確率を知ることによって、的中率は上げることができます。
ここでいくつか予想の参考になるファクターとその確率についてご紹介します。

4-1:確率とオッズのバランスのいい馬券、ワイドで勝負する

競馬 確率 ワイド

冒頭でご紹介した馬券の券種ごとの当たる確率を覚えているでしょうか?
基本的に競馬では、当たる確率の高い馬券はオッズが低く、当たる確率の低い馬券はオッズが高いです。
この確率とオッズのバランスがとれているのがワイドでしょう。

レースの条件によってはワイドで万馬券が出ることもありますし、点数も5点買えば、18頭立てのレースだとしても当たる確率は約10%まで上がります。
さらに中人気馬を中心に買うことで、オッズもおのずとある程度高くなっていきます。
中人気馬のみに絞らずとも、人気馬、穴馬を絡めて買うことで、ほとんどの場合オッズは10倍以上になるはずです。

4-2:出走数が少ないレースを選ぶ

競馬 出走数 少ない

競馬では最大18頭、最低でもほとんどの場合は8頭以上でレースを行っています。
出走数が少ないレースを選んで馬券を買うことも、競馬で勝つ確率を上げるための簡単な方法です。

18頭立てなら当たる確率が約5%だった単勝も、10頭立てのレースなら10%、倍の確率で当たる計算になります。
競馬は一日に開催されるレースも多く、出走数もバラバラです。
競馬の花形だからと重賞ばかりで勝負をせず、出走数が少ないレースに絞って馬券を買うことも、勝ちに近づくために大切なことです。

4-2-1:穴が狙える、荒れるレースになる確率は?

競馬 荒れる レース

レースを選ぶうえでもうひとつ大切なことは、なるべく荒れそうなレースを選ぶことです。
穴馬が勝つような荒れるレースでは高配当が得られるので、こういったレースを選ぶことができれば一度に大きな利益が獲得できます。

では競馬で単勝1番人気が勝つ確率は何%なのか。
これは統計を取ってみると1着になる確率は約35%、2着以内に来る確率は約50%、3着以内に来る確率は65%となっています。
つまり2/3のレースでは1番人気が馬券に絡んで来るということで、逆に言えば1/3は波乱がある、荒れるということです。

事前に荒れそう、大穴が狙えそうという情報があれば、3回に1回は荒れる展開になるということなので、こういったレースに積極的に挑むことで高配当が当たる確率は上がります。

4-3:万馬券が当たる確率とは

競馬 確率 万馬券

競馬の最大の魅力、全競馬ファンの夢が万馬券的中です。
では、競馬で万馬券が当たる確率ははたしてどのくらいなのか?
実は、万馬券が当たる確率は下記の方程式で計算することができます。

75 ÷ オッズ = 当たる確率(%)

例えば100倍ちょうどの万馬券が当たる確率は、上記の式に当てはめた場合、0.75%の確率で当たる、ということになります。
この「75%」という数字がなぜ出てくるのかというと、これは競馬の胴元の控除率です。
通常、確率を出すなら100 ÷ オッズという式が正しいのですが、競馬の売り上げの25%は胴元であるJRAに入るので、競馬ではここの数字が75になります。

0.75%、この数字を見て、万馬券を狙って当てられる自信のある人はそう多くないのではないでしょうか?
そうです、みなさんが思っているより、万馬券を当てることは難しいのです。
競馬で勝つ、当てる、プラスにするためには、この方程式にオッズを当てはめ、現実的な確率かつ、オッズある程度ある、と言った馬券を買うことが一番の近道でしょう。

まとめ

今回は競馬において、どうすれば確率から当たる馬券を導き出せるのか、について解説してみました。
万馬券が出ているレースも、実際にけっこうありますよね。
体感上はそこまで難しくないような気もしますが、実は万馬券をピッタリ当てるのはかなりハードルが高い作業なんです。
競馬には確率以外にも、予想をする際に必要なファクターは沢山あるので、それを熟知すれば万馬券も当たるかもしれません。
しかし、今回解説したように、確率論だけでも競馬で勝つことは不可能ではないはずです。
手堅いスタイルにはなってしまいますが、当たる確率を少しでも上げ、着実に勝っていくことも、競馬を楽しみながら儲けるひとつの方法ではないでしょうか。