競馬で馬券が当たる3つの法則!儲けるための買い方を公開!

1:馬券が当たる法則はある?3つの法則を紹介!

福山競馬
馬券を当てて一攫千金を狙っている競馬ファンにとって、馬券が当たる法則が気になっているという方がほとんどなのではないでしょうか。

競馬には膨大なデータがあり様々な角度から予想ができるため、予想の自由度が高いと言えます。
専門家によって重視する項目が違い、どの専門家の予想を参考にするべきか悩むこともあります。

多くの人が競馬のことを日夜研究していますし、馬券が当たる法則があるかは誰もが気になるところです。

現在までのところ、競馬で馬券が必ず当たるという法則は見つかっていません
しかし、いくつかの法則を理解することで、的中率が上がる可能性は十分あります。

今回は、馬券が当たるようになるために、押さえておきたい競馬の3つの法則を紹介します。
競馬は何も考えずに馬券を買っていては、プラス収支にすることはできません。

競馬の法則をしっかりと理解して、馬券的中に役立ててくださいね。

【関連記事】

競馬で、馬券が当たる方法を、確率からひも解いてみる

1-1:【法則①】逃げ馬が有利

競馬 接戦
競馬の法則として必ず押さえておきたいのが、逃げ馬が有利であるという点です。

レースには必ず逃げ馬が存在し、逃げ馬がレース展開の大きなカギを握っています。

人によって、逃げ馬についての考え方は異なるかもしません。
逃げ馬を積極的に狙う人もいれば、逃げ馬は買わずに差しや追い込みの馬ばかり買う人もいます。

どの戦法が有利かは展開によって変わってきますが、原則として逃げ馬は有利です。

なぜなら、逃げ馬は内ラチ沿いをロスなく走ることができ、距離のロスが全くありません。
さらに、前の馬からのドロを被ることもなく、進路を妨害される可能性も低いからです。

レースを予想する際に走破タイムを重視する人もいますが、タイムのことを考えると距離のロスも少なくスムーズに走れる逃げ馬が有利なのです。

そのため、実力の足りない馬が上位に来る方法として、一番考えられるのが逃げ粘ることと言えます。

他の馬との実力差を埋めるために、とにかくロスの少ない走りが必要です。

ペースがスローとなればさらにチャンスは増し、直線で粘り込む可能性も高くなります。
穴馬の場合は他の騎手からも軽視されがちで、一頭だけ楽に大逃げさせてもらえるケースもあります。

後続との差が広がれば、上位に食い込むことも可能です。

競馬の理想は逃げて勝つことであり、理にかなっている戦法です。
直線の長い競馬場では後続からレースを進める馬を買いたくなるところですが、逃げが原則有利であるという点は覚えておいてください。

1-2:【法則②】一流騎手への乗り替わりは狙い目

大井競馬 写真判定
競馬の予想をする上で、切っても切り離せないのが騎手です。
馬ではなく、騎手で予想をするという人も多いのではないでしょうか。

騎手が、どれだけレース結果に影響を及ぼすのか気になっている方も多いかもしれません。

昔からよく言われているのが、「馬7割、騎手3割」です。
走るのは馬であり、レース結果に大きく影響を与えるのは馬の能力です。

しかし、騎手も3割は影響を与えていると考えると無視はできません。

競馬予想で騎手に注目するのなら、成績が良くない騎手から一流騎手へと乗り替わりがあったときが狙い目です。

一流騎手は実力があるのはもちろんですが、それ以前に勝てる馬に乗っています。
出走馬の中から勝てそうな馬に乗っているため、成績は向上します。

成績が良いと勝てる馬の騎乗依頼が増えるので、好循環を生み出しているのです。

人気馬でなくでも一流騎手へと乗り替わりが発生した場合、その馬に勝てる要素があると考えられます。
騎乗依頼を受けるエージョントかもしくは騎手自身が勝てると考えていることになるので、期待度は高まります。

一流騎手が乗る馬は、それだけ馬の能力が認められているということです。
若手騎手など成績が良くない騎手から一流騎手へと乗り替わったときには、積極的に馬券を買いたいところです。

1-3:【法則③】父の能力は遺伝する

大井競馬 東京ダービー
競馬はブラッドスポーツと呼ばれ、血統が非常に重要視されています。

その中でも理解しておきたい法則が、父の能力が遺伝する点です。
例えば、父馬がダート馬であるときに、産駒もダートを得意とする傾向が見られます。

欧州馬などタフな芝で成績を残していた種牡馬は、日本の軽い馬場ではスピード不足になりがちです。
芝のレースを走ってきた馬でも、欧州馬と日本馬では性質も大きく異なってきます。

父がハービンジャーなどの欧州馬であるときには、荒れた馬場や函館競馬場などの洋芝で活躍する傾向が見られます。

父の特徴から産駒の得意分野が読み取れるので、血統は重要な予想ファクターの一つです。

また、父馬から遺伝するのは能力だけではありません。
性格も遺伝するという点は要注意です。

父が気性の荒い馬であるときに、産駒も同じく気性難である傾向が見られます。
気性難であるとレースで力を発揮できずに、実力があっても勝てないケースがあります。

そのため、父の気性など性格についても、把握しておくことが大切です。
血統背景から産駒の傾向を読み取り、万馬券的中を狙ってみてくださいね。

【関連記事】

競馬において、血統を知れば初心者の競馬は変わる!

2:競馬で儲けるための2つの買い方

勝馬 競馬新聞
競馬の法則を理解したところで、儲けるための買い方について紹介していきます。

競馬で勝つためには法則を理解するだけでなく、実際に買い方を学ぶ必要があります。
予想は上手でも、馬券で勝てないという人も珍しくありません。

競馬で儲けるために、今から紹介する2つの買い方を是非活用してみてくださいね。

2-1:単勝又は複勝の1点買い

東京競馬 複勝
競馬で儲けるためには、単勝や複勝などの馬券を活用することも大切です。

3連単やWIN5といった高額配当が狙える馬券が人気ですが、これらは的中率が低いためハイリスクでもあります。
高配当が的中すれば一攫千金も夢ではありませんが、確率は低いので注意が必要です。

単勝や複勝馬券の大きなメリットは的中率の高さで、競馬初心者の方でも馬券を当てることができます。
カジノの必勝法としても知られるマーチンゲール法や資金が雪だるま式に増えるコロガシ馬券にも使えるのでおすすめです。

理想は単勝又は複勝の1点買いで、単勝や複勝の多点買いは推奨できません。
なぜなら、単勝や複勝は配当が低いため、トリガミになってしまう可能性が高いからです。

折角馬券が当たっても、損をしてしまっては意味がありません。
極力1点買いをするようにして、トリガミを避けるようにしてください。

また、1点買いが理想的なのは、外れ馬券を購入していないことが理にかなっているからです。
無駄な馬券を1つも購入していないので、投資を抑えることができていると考えられます。

競馬で長期的に儲けるためには、無駄な馬券を減らすことが大事です。

単勝や複勝の1展開を活用して、プラス収支を狙ってみてください。

【関連記事】

競馬の単勝回収率は78%!単勝で勝つ3つの方法

複勝を使った投資法!計画的に資金を増やす2つの方法

2-2:期待値の高い馬を選ぶ

帝王賞 オッズ
競馬で儲けるための大きなポイントとなるのが、期待値の高い馬を選ぶことです。
期待値が高い馬というのは、オッズの割に上位に来る可能性が高い馬を言います。

例えば、1番人気の馬が過大評価されてオッズが下がっているときに、期待値は低くなっていると考えられます。

実力以上に評価されていると、期待値が低いということになるのです。

逆に、実力があるのに評価が低い場合には、期待値が高いということになります。
こういった期待値が高い馬を選ぶことが、競馬で勝つための需要な要素です。

期待値の高い馬を選ぶためには、出走馬の過去のデータを収集する必要があります。

過去のレース映像などを見て、その馬の本当の実力を判断します。
レース結果だけでなく、レース内容も踏まえることで期待値が高い馬を見つけ出すことも可能です。

オッズと見比べながら、過大評価なのか過小評価なのかをチェックしてください。

過小評価されている穴馬は期待値が高いので、積極的に馬券に絡めてみましょう。

【関連記事】

競馬のオッズ変動を見極めて予想!オッズ分析できる3つのソフト!

まとめ

競馬はギャンブルであり、必ず当たるという法則はありません。
それでもいくつかの法則を理解しておくと、競馬予想に大きく役立ちます。

競馬は基本的に逃げ馬が有利です。
実力のない馬が上位に来るケースのほとんどが、楽に逃げてスローペースとなったときです。

逃げ馬は内ラチ沿いを走れるので、距離のロスも少なくて済みます。

軽視された穴馬が逃げて上位に来ることが多いので、逃げ馬は常に注意が必要です。

また、一流騎手へと乗り替わりが発生した場合には、その馬の実力が評価されていると考えられます。
一流騎手は多くの出走馬の中から勝率の高い馬に乗っているので、乗り替わりがあったときは要チェックです。

これらの法則を理解しておくことで、万馬券が的中するようになるかもしません。
過去のデータを分析し期待値の馬を探し出して、高配当を的中させてくださいね。