当たる競馬予想サイト

マイラーズC2024の予想を無料公開!過去のデータを徹底分析

更新日:
マイラーズカップ2024の予想記事のアイキャッチ画像

今回は2024年4月21日(日)京都11Rに開催されるマイラーズCのデータや傾向から予想を行います。

・マイラーズCはどんなレースなのか知りたい。
・過去のデータや追い切り情報から好走しそうな馬を調べたい。
・今すぐ予想が欲しい!

1つでも当てはまる人は、ぜひこの記事を読んで予想の参考にして下さい。

また、週末には追いきり情報も追加して、最終予想を更新中です。
今すぐブックマーク登録して見逃さないようにして下さい!


■おすすめ競馬予想サイトTOP3

マイラーズC2024

マイラーズCの概要
  • 2024年4月21日(日)京都11R
  • マイラーズC(G2)中央交流指定競走(定量)3歳牡・牝
  • ダート1800m

春の東京GⅠ連続開催の最終週を飾る安田記念。

その前哨戦はここからスタートする。昨年安田記念を勝ったソングラインが引退し、ナミュールはドバイターフ出走。

安田記念出走を予定しているが、ここには名がない。

牝馬のチャンピオンが目立つマイル路線に挑む牡馬は果たしてここから登場するでしょうか。

マイラーズCコース情報

「開幕週は高速化が定番」京都芝1600m

秋のマイルCSと同じ舞台は2コーナー奥に作られたシュートからスタートします。

レース中盤には淀名物3コーナーの丘が待ち構えるため、はるか前には上り勾配がみえます。

そんな上りを意識するのか、前半からペースアップすることは少なく、4コーナーの下り坂からレースが動きます。

マイラーズCの出走馬情報

馬番 馬名 性齢 騎手 厩舎
1枠 1 トゥードジボン 牡5 藤岡佑 栗東四位
1枠 2 スパイダーゴールド 牡5 西村淳 美浦鹿戸
2枠 3 セリフォス 牡5 川田 栗東中内田
2枠 4 リューベック 牡5 浜中 栗東須貝
3枠 5 エアロロノア セ7 栗東笹田
3枠 6 ビーアストニッシド 牡5 和田竜 栗東小崎
4枠 7 ノースザワールド 牡6 北村友 美浦斎藤誠
4枠 8 トランキリテ 牡5 武豊 栗東松永幹
5枠 9 ニホンピロキーフ 牡4 田口 栗東大橋
5枠 10 コレペティトール 牡4 岩田康 栗東中竹
6枠 11 アリストテレス 牡7 古川吉 栗東上村
6枠 12 ソーヴァリアント 牡6 池添 美浦大竹
7枠 13 セッション 牡4 坂井 栗東斉藤崇
7枠 14 ソウルラッシュ 牡6 松山 栗東池江
8枠 15 フリームファクシ 牡4 富田 栗東須貝
8枠 16 ボルザコフスキー 牡5 吉村 栗東清水久
8枠 17 エエヤン 牡4 Mデムーロ 美浦伊藤大

ソウルラッシュ、セリフォスといったベテランにロードデルレイ、コレペティトールら4歳が立ち向かうという図式です。

大阪杯を除外されたロードデルレイは、この春、GⅠ除外馬が次走で活躍する傾向に乗りたいところですね。

ソウルラッシュ、セリフォスは香港マイル以来の出走。

休み明けの実績馬と重賞を勝って勢いに乗る若い馬たち。さて、勝負の女神はどちらに微笑むでしょう。

マイラーズC過去の傾向とデータ分析

次にマイラーズCの過去のデータと傾向を紹介します。

マイラーズC人気別成績

人気 1着 2着 3着 着外 勝率 連対率 複勝率
1番人気 3 2 2 1 37.5% 62.5% 87.5%
2番人気 1 1 2 4 12.5% 25.0% 50.0%
3番人気 2 0 1 5 25.0% 25.0% 37.5%
4番人気 1 1 1 5 12.5% 25.0% 37.5%
5番人気 0 3 0 5 0.0% 37.5% 37.5%
6番人気 0 0 0 8 0.0% 0.0% 0.0%
7番人気 0 1 1 6 0.0% 12.5% 25.0%
8番人気 1 0 0 7 12.5% 12.5% 12.5%
9番人気 0 0 0 8 0.0% 0.0% 0.0%
10番人気以下 0 0 1 37 0.0% 0.0% 2.6%

1~4番人気7勝で、単勝は本命サイドが基本線です。

コースレイアウトもシンプルですし、なにより末脚勝負の舞台ですから、人気薄が恵まれて激走するというシーンは考えにくいかもしれません。

マイラーズC過去三連単の配当

年度1着2着3着払戻金
2017年12,430円
2018年7,060円
2019年4,680円
2020年13,350円
2023年7,370円

京都施行5回の平均配当は8,978円です。前哨戦で同じマイル戦とあって、実績馬が集結するここは、そうそう荒れることはありません。高速馬場のマイル戦をこなせる馬は限られており、自然と人気馬同士の決着になるようです。

穴狙い禁物!上位拮抗のスピード勝負

マイラーズCの年齢別成績

年齢 1着 2着 3着 着外 勝率 連対率 複勝率
4歳 3 3 2 27 8.6% 17.1% 22.9%
5歳 4 1 4 16 16.0% 20.0% 36.0%
6歳 1 1 1 19 4.5% 9.1% 13.6%
7歳以上 0 3 1 24 0.0% 10.7% 14.3%

年齢別では4歳より5歳が優勢。スピード勝負といっても、マイル戦は速いだけではこなせません。

3コーナーの上りもあり、絶妙なペースの押し引きが求められます。

そういった点で経験とスピードのバランスがとれた5歳が強く、4歳は素質でどこまで対応できるかにかかっています

スピードと経験の総合力で5歳優勢

マイラーズCの枠順別成績

枠番 1着 2着 3着 着外 勝率 連対率 複勝率
1枠 1 1 0 8 10.0% 20.0% 20.0%
2枠 2 1 1 8 16.7% 25.0% 33.3%
3枠 0 1 2 10 0.0% 7.7% 23.1%
4枠 1 2 1 9 7.7% 23.1% 30.8%
5枠 0 1 0 13 0.0% 7.1% 7.1%
6枠 2 1 3 9 13.3% 20.0% 40.0%
7枠 1 1 0 15 5.9% 11.8% 11.8%
8枠 1 0 1 14 6.3% 6.3% 12.5%

スタートから3コーナーまで400m以上ある、いわゆるワンターンのコースは、枠順の優劣はみられません。

ただし、開幕週の絶好の馬場で行われる影響から、距離ロスを防げる内枠が優位になります。

4枠から内でじっと前半、折り合って運ぶ形がベストでしょう。

一方で、6枠にも好走ゾーンがみられます。

スローペースが多く、馬群が一団で進む競馬では、インでスムーズに流れに乗れない危険性もあり、そんなリスク回避と外を回りすぎない妥協点が6枠にあるようです。

内枠有利も6枠に注意

マイラーズC脚質別成績

位置取り 1着 2着 3着 着外 勝率 連対率 複勝率
逃げ 0 2 0 6 0.0% 25.0% 25.0%
先行 5 2 3 16 19.2% 26.9% 38.5%
中団 1 4 4 34 2.3% 11.6% 20.9%
後方 2 0 1 30 6.1% 6.1% 9.1%

高速決着での末脚比べは、なるべく前に位置し、折り合って溜められるかが勝負をわけます。

その傾向通り、先行が勝率、複勝率ともに圧倒的です。

もちろん、究極の瞬発力で前をかわす差し馬も出現しますが、まずは好位から。これが基本です。

好位で流れに乗れる理想型

マイラーズCの重要な予想ポイント

マイラーズCの予想をする前に重要なポイントを押さえておきましょう!

ポイント① 前走マイル以外のGⅡ出走

マイラーズCは意外なことに、前走マイル組が力を出せないレースです。

おそらく、年明けからここまで古馬マイル重賞が京都金杯と東京新聞杯、ダービー卿CTの3レースしかなく、格負けしてしまうからでしょう。

自然と前走マイル以外の成績がよく、特にGⅡ出走は5-2-0-4と好成績です。

前走非マイルGⅡ出走
  • ソーヴァリアント

ポイント② 前走京都マイルのオープン特別出走

マイル戦出走は相性がよくないと紹介しましたが、オープン特別だけは別です。

特に前走京都マイルのオープン特別出走は1-1-0-2。

15年レッドアリオンが8番人気で勝ちました。

前走京都マイルのオープン特別出走
  • トランキリテ
  • リューベック

マイラーズCの追い切り情報

マイラーズCの追い切り状態から評価を行います。

どの馬が状態が良いのかを知るためにもぜひチェックしてください。

第3位 エアロロノア

栗東坂路 51.3-37.4-24.2-12.2

昨年のエプソムC以来の実戦です。

3月中旬に帰厩し、坂路とウッド併用できっちり乗り込まれてきました。

週末はウッドで折り合いと末脚強化を、坂路では3週前53.3、2週前51.4、1週前51.2と速い時計を叩き出し、丹念に息をつくってきました。

最終追い切りも一杯に追われ、51.3と意欲的でした。

ラスト2ハロン12.0-12.2と最後まで集中して走り切っており、休み明けでも走れる状態に仕上がっています。

第2位 ソーヴァリアント

美浦ウッド 84.5-68.1-51.4-36.8-23.1-11.1

3月下旬から乗り込み開始。2週前はラスト1ハロン11.4、1週前10.9、そして今週11.1とこの中間は末脚の鋭さに磨きがかかってきた印象です。

先週、今週と福島牝馬S出走グランベルナデットと併せ馬をし、先週はしっかり追われ、今週は馬なりで併入。

先週追い切ったことで、末脚は明らかに強化されています。

今週リラックスさせたことで、心身とも好調のままレースを迎えられそうです。

第1位 ソウルラッシュ

栗東ウッド 82.6-66.1-51.0-36.4-22.4-10.9

香港遠征後は3カ月ほど放牧で英気を養いました。帰厩は3月半ばと早く、坂路で入念に基礎体力づくりに専念してきました。

ウッドでは5本時計を出し、2週前5ハロン66.7、1週前66.9ときて、今週は66.1。

古馬3勝クラスを2馬身追いかけ、最後までしっかり追われ、2馬身半先着と意欲的です。

3週続けてラスト1ハロンは10秒台。年齢を感じさせない若々しい走りが目立ちました。

マイラーズCの有力馬

いよいよレース目前!
データ分析を行った結果から、マイラーズC2024の有力馬をご紹介します。

ソウルラッシュ

マイラーズCはここ2年、1、3着。一昨年は阪神で1.33.3。

昨年は京都で1.31.6。時計が速くなり、着順を落とした点は要注意です。

とはいえ、京成杯AHは1.31.6で勝っており、高速決着が苦手というわけではなさそうですね。

もちろん、京都のマイルCSも2着なので、京都も問題ありません。有力視されるのも当然です。

問題は6歳になり、若い組との力関係が逆転しているかどうかでしょう。

セリフォス

21年デビューの同馬にとって、京都はこれまで経験したくてもできなかった舞台です。

待望のGⅠタイトルは阪神マイルCS。安田記念2着時の走破時計は1.31.6。

決して高速決着を苦にするわけではありませんが、阪神ベストは事実。

初の京都出走だった昨年のマイルCSは2番人気8着と敗れており、下り坂と平坦で速力比べになる京都は阪神ほど伸びない可能性はありそうです。

昨年は先行して思うような結果を出せておらず、今回はどんな位置取りになるか注目です。

トランキリテ

今年に入って、京都マイルで1、2着。3勝クラス、オープンと壁を感じさせない勢いは評価できます。

前走洛陽Sはこの冬特有の時計がかかる馬場で行われ、前後半800m45.5-47.1のハイペース。

4コーナー17番手から追い込んだトランキリテは流れに恵まれたともいえます。

それでも上がり600m33.4の末脚は際立っていました。高速馬場にかわり、同じパフォーマンスを出せるかどうか。

今回はこの一点にかかっています。

妹カニキュルは同日フローラSに出走予定。

兄として先にここで結果を残し、妹へとバトンをつなげるでしょうか。

マイラーズCの穴馬

レース前のデータからマイラーズCの穴馬を厳選しました。

今週のマイラーズCで勝つためにもぜひ押さえておきましょう。

前走ダービー卿CT7着はエエヤンに途中からハナに立たれ、引き離される形になってしまい、レースの立ち回りが難しくなった影響がありそうです。

2走前京都金杯はハイペースを番手抜け出しで2着に残っており、相性は悪くありませんし、重賞通用の力は示しました。

3勝クラスを突破したのは秋の阪神1.31.9と高速決着も苦にしません。

3歳時、アーリントンC2着、NHKマイルC出走にこぎつけた素質馬が再浮上のきっかけをここでつかみます。

マイラーズC2024最終予想

マイラーズC2024最終予想はレース2日前に公開予定です。

◎ソーヴァリアント
〇ソウルラッシュ
▲セッション
△セリフォス
△エアロロノア
△ビーアストニッシド

Copyright © 当たる競馬予想サイトで儲けたい All Rights Reserved.