当たる競馬予想サイト

フローラS2024の予想を無料公開!過去データから展開や傾向を徹底分析

更新日:
フローラステークス2024の予想を過去のデータから展開と傾向から割り出す記事のアイキャッチ

今回は2024年4月21日(日)東京11Rに開催されるフローラSのデータや傾向から予想を行います。

・フローラSはどんなレースなのか知りたい。
・過去のデータや追い切り情報から好走しそうな馬を調べたい。
・今すぐ予想が欲しい!

1つでも当てはまる人は、ぜひこの記事を読んで予想の参考にして下さい。

また、週末には追いきり情報も追加して、最終予想を更新中です。
今すぐブックマーク登録して見逃さないようにして下さい!


■おすすめ競馬予想サイトTOP3

フローラS2024

フローラSの概要
  • 2024年4月21日(日)東京11R
  • フローラS(Jpn1)中央交流指定競走(定量)3歳牡・牝
  • ダート1800m

桜花賞が終わり、春開催も後半戦に突入します。

東京開催の開幕はオークスへ向けた戦いがメイン。

フローラSは桜花賞に間に合わなかった馬や桜花賞を目指さなかった馬たちによるオークス出走権をかけた戦い。

舞台は中距離。スピードだけでは通用しません。

折り合いと長い距離を走れる耐久力、そして瞬発力、速い時計への対応が求められます。

フローラSコース情報

「3歳牝馬には厳しい」東京芝2000m

天皇賞(秋)と同じこの舞台は、2コーナーから引き込まれたシュートからスタート。

以前ほど角度が厳しくなくなり、2コーナー突入は優しくなったと言われますが、それでも先行争いが激しくなる地点でコーナーを迎えるため、外枠は位置をとりにくいコースです。

長い向正面、ゆったりとした3、4コーナー。

そして、最後の直線525.9m。力勝負の舞台です。

ただ3歳牝馬にはまだまだ体力的に厳しいコースのため、このレースは基本的にスローペース。

最後の直線まで末脚を残すには、序盤は折り合い重視が定石で、流れが速くなることは滅多にありません。

フローラS出走馬の情報

馬番 馬名 性齢 騎手
1枠 1 サンライズジパング 牡3 菅原明
1枠 2 メイショウタバル 牡3 浜中
2枠 3 ディスペランツァ 牡3 モレイラ
2枠 4 シンドリームシン 牡3 浜中
3枠 5 シヴァース 牡3 川田
3枠 6 グローリーアテイン 牡3 松山
4枠 7 チャンネルトンネル 牡3 坂井
4枠 8 タイキヴァンクール 牡3
5枠 9 ワールズエンド 牡3 ムルザバエ
5枠 10 トップオブザロック 牡3 Mデムーロ
6枠 11 セレスト 牡3 川端
6枠 12 アスクワンタイム 牡3 松若
7枠 13 ジュンヴァンケット 牡3 岩田望
7枠 14 ケイケイ セ3 岩田康
8枠 15 オフトレイル 牡3 武豊
8枠 16 タガノデュード 牡3 古川吉

1番人気はわずか1勝と、人気は信頼できません。5番人気以内8勝ながら、この5頭の順位づけは難解です。

また、10番人気以下も1-3-2-73と馬券に絡む確率があり、油断できません。

フローラS過去の傾向とデータ分析

次にフローラSの過去のデータと傾向を紹介します。

フローラS人気別成績

人気 1着 2着 3着 着外 勝率 連対率 複勝率
1番人気 1 2 0 7 10.0% 30.0% 30.0%
2番人気 1 3 2 4 10.0% 40.0% 60.0%
3番人気 2 0 1 7 20.0% 20.0% 30.0%
4番人気 2 1 1 6 20.0% 30.0% 40.0%
5番人気 2 0 2 6 20.0% 20.0% 40.0%
6番人気 0 1 0 9 0.0% 10.0% 10.0%
7番人気 1 0 0 9 10.0% 10.0% 10.0%
8番人気 0 0 0 10 0.0% 0.0% 0.0%
9番人気 0 0 2 8 0.0% 0.0% 20.0%
10番人気以下 1 3 2 73 1.3% 5.1% 7.6%

1番人気はわずか1勝と、人気は信頼できません。

5番人気以内8勝ながら、この5頭の順位づけは難解です。

また、10番人気以下も1-3-2-73と馬券に絡む確率があり、油断できません。

フローラS過去三連単の配当

年度組み合わせ払戻金
2019年④→②→⑨57,340円
2020年③→⑦→⑯71,090円
2021年⑮→⑫→③362,070円
2022年②→③→⑭258,710円
2023年⑦→②→①59,120円

過去5年の平均配当は161,666円です。とにかく戦力比較と順位づけが難しいレースです。そのため、順位ちがいによる高配当が多く、三連単もそんな傾向を示しています。正直、配当より難易度が高い印象があり、三連単より三連複向きでしょう。

5番人気以内8勝、順位づけ注意

フローラSの年齢別成績

キャリア 1着 2着 3着 着外 勝率 連対率 複勝率
1戦 0 0 1 10 0.0% 0.0% 9.1%
2戦 2 1 1 30 5.9% 8.8% 11.8%
3戦 3 2 2 28 8.6% 14.3% 20.0%
4戦 3 0 1 20 12.5% 12.5% 16.7%
5戦 0 4 3 21 0.0% 14.3% 25.0%
6戦 1 0 0 12 7.7% 7.7% 7.7%
7戦 1 1 1 9 8.3% 16.7% 25.0%
8戦 0 2 1 7 0.0% 20.0% 30.0%
9戦 0 0 0 2 0.0% 0.0% 0.0%

キャリア別では3~7戦、8戦あたりに好走ゾーンがあります。

春のクラシック戦線も後半戦になり、この時点でキャリア1、2戦だと経験値の差で苦戦します。

ある程度、揉まれてきたことで逞しさを増した馬が理想です。

レース経験の差が出る

フローラS枠順別成績

枠番 1着 2着 3着 着外 勝率 連対率 複勝率
1枠 2 1 2 13 11.1% 16.7% 27.8%
2枠 4 2 1 13 20.0% 30.0% 35.0%
3枠 1 2 1 16 5.0% 15.0% 20.0%
4枠 1 2 0 17 5.0% 15.0% 15.0%
5枠 0 0 1 19 0.0% 0.0% 5.0%
6枠 0 2 0 18 0.0% 10.0% 10.0%
7枠 0 0 1 23 0.0% 0.0% 4.2%
8枠 2 1 4 20 7.4% 11.1% 25.9%

東京芝2000mは外枠不利が定番。このレースも2枠にホットゾーンが存在し、1枠とあわせ、内枠が優勢です。

とはいえ、8枠の成績は極端に悪いわけではありません。

まだまだ精神的に不安定な3歳牝馬はスローペースのため、中盤で揉まれ、心の弱さを出してしまうことも多く、その危険性が薄い外枠は外を通る不利もありますが、気分よく走れるという利点も魅力です。

内枠優勢も揉まれない8枠も奮闘する

フローラS脚質別成績

位置取り 1着 2着 3着 着外 勝率 連対率 複勝率
逃げ 1 1 1 7 10.0% 20.0% 30.0%
先行 3 6 3 26 7.9% 23.7% 31.6%
中団 4 3 6 58 5.6% 9.9% 18.3%
後方 2 0 0 48 4.0% 4.0% 4.0%

東京開催開幕週となれば、逃げ、先行が優勢です。逃げ馬にとって、東京芝2000mは体力的に厳しそうですが、それでも踏ん張れるのは、後ろが仕掛けにくい状況と馬場を味方につけられるからでしょう。

とはいえ、経験が浅いため、脚質が定まっていないのも事実。安心できるのは先行型です。

前につけられるアドバンテージはスローペースでいきます。

ただし、体力勝負の舞台では、やはり末脚がしっかりした馬が強く、溜めてラストで速い脚を使える馬は要注意です。

好位から速い上がりで勝負

フローラSの重要な予想ポイント

フローラSの予想をする前に重要なポイントを押さえておきましょう!

ポイント① クラス問わず、前走勝利

勝ち抜き戦のようなクラシックでは前走勝った馬のアドバンテージが大きく、前走1着は6-4-2-50で単勝を買うなら前走勝っていることが条件になります。

6勝のうち、オープン1勝、1勝クラス5勝で、勝って昇級初戦をここで迎える馬に注意しましょう。

前走1勝クラス1着
  • クリスマスパレード

ポイント② フラワーC4、5着

前走重賞くみでは前走フラワーC2-2-4-14に注目しましょう。

同じく中距離を意識した馬たちが賞金加算を目論むこのレースとの相性はそこそこよく、特にフラワーC4、5着は2-1-1-3と好成績。

中山の中距離でコース適性の差で負けた馬たちが、東京で復活といったストーリーが濃厚です。

フラワーC4、5着
  • エルフストラック

フローラSの追い切り情報

フローラSの追い切り状態から評価を行います。

どの馬が状態が良いのかを知るためにもぜひチェックしてください。

第3位 ラヴァンダ

栗東坂路 50.8-36.9-23.8-12.1

3月終わりから坂路で入念に調教してきました。

1週前はウッドへ入り、5ハロン67.8、ラスト2ハロン11.3-11.0と確かな末脚をみせました。

坂路調教で足腰をしっかり鍛え、一段完成度があがりました。

今週はふたたび坂路へ入り、併せ馬を行い、馬なりで50.8と非常に速い時計を出しました。目下、充実期。

ここでしっかり権利を獲りたいという意欲を感じます。

第2位 カニキュル

美浦ウッド 81.9-65.4-50.7-36.7-23.5-11.5

前走後は疲れをしっかりとり、この中間は坂路楽走とウッド2本のみですが、今週はウッド5ハロン65.4、3ハロン36.7、ラスト11.5と実戦を意識した調教ができました。

前回の最終追い切りは5ハロン67.1ですから、明らかに負荷がかかっており、短期間の成長を感じます。

第1位 クリスマスパレード

美浦ウッド 84.6-68.3-53.6-38.6-25.0-12.2

中間はウッド3本。1週前に終い12.2-11.6としっかり追われ、今週は時計より内容重視。

併せ馬でゴール前気合をつけられ、きっちり先着と実戦を想定した追い切りができました。

ゴーサインが出てからの反応は鋭く、静と動のバランスが絶妙。

東京コースもこれなら問題ないでしょう。

フローラSの有力馬

いよいよレース目前!
データ分析を行った結果から、フローラS2024の有力馬をご紹介します。

アドマイヤベル

ここまで3戦して1-1-1-0。

勝利こそ新馬のみですが、百日草特別の勝ち馬は皐月賞4着アーバンシックですし、常に牡馬相手に真っ向勝負を挑んできた経験は牝馬限定戦のここで強みになりそうです。

前走フリージア賞は同じ東京芝2000mで2.00.3。好位3番手から上がり33.9と確かな末脚を繰り出しています。

時計面も冬場だったことを考えると、上々です。

母ベルアリュールⅡといえば、遅咲きのアドマイヤリードがいます。

ふたつ上のベルクレスタはオークスに進んでおり、姉に続き、一歩ずつ階段を駆けあがりたいところです。

クリスマスパレード

12月のデビューから2戦2勝。無敗でトライアルに駒を進めました。

2戦はいずれも中山で、牡馬相手に2000、2200m戦ですから、牡馬を上回るパワーを感じます。

先行しての粘り腰は魅力ですし、東京でも展開利を得られそうな予感があります。

もちろん、長い直線、速い時計への対応力はやってみないとわかりません。

姉ミスヨコハマはカレンブラックヒル産駒で適性距離は短めですが、こちらは父キタサンブラック。

東京をこなせても不思議はありません。

カニキュル

はじめて重賞に挑戦した前走は6着に敗れました。

勝ちあがった2走前は東京芝2000mで前半1000m通過59.6と締まった流れになり、レース上がりは12.0-11.8-11.7と加速ラップを描くなか、中団で脚をため、4コーナー8番手から上がり最速で差し切りました。

1.59.5の速い決着で、2着に2馬身半差。スケールを感じる内容でした。

一度重賞を使われ、快勝した未勝利戦と同じ舞台ならば、前進必至。秘める能力に賭けたい一頭です。

フローラSの穴馬

レース前のデータからフローラSの穴馬を厳選しました。

今週のフローラSで勝つためにもぜひ押さえておきましょう。

マルコタージュ

1戦1勝で挑んだフラワーCは8着。スタートで遅れ、後方追走から直線でジリジリとしか伸びませんでした。

それでも上がり2位。やはりキャリア2戦目での重賞挑戦の難しさが出たといったところでしょう。

今度は新馬勝ちした東京に戻りますし、ゲートを五分に出て、その新馬戦のように流れに乗って競馬ができれば、巻き返してもいい一頭です。

母は秋華賞3着プロヴィナージュなので、本当によくなるのは秋以降かもしれませんが、先物買いも面白そうです。

フローラS2024最終予想

フローラS2024最終予想はレース2日前に公開予定です。

◎マルコタージュ
〇カニキュル
▲クリスマスパレード
△アドマイヤベル
△ラヴァンダ
△エルフストラック

今回は2024年4月21日(日)東京11Rに開催されるフローラSや傾向から予想を行います。フローラステークスはどんなレースなのか知りたい。過去のデータや追い切り情報から好走しそうな馬を調べたい。今すぐ予想が欲しい!1つでも当てはまる人は、ぜひこの記事を読んで予想の参考にして下さい。

Copyright © 当たる競馬予想サイトで儲けたい All Rights Reserved.