馬券ベタからの脱出!上手な馬券の買い方を一挙公開!

1:馬券ベタからの脱出

WINS 観戦
自分が馬券ベタだと悩んでしまうことはありませんか?
競馬予想はとても難しく、馬券で利益を出すことは簡単ではありません。

また、予想が当たっているのに、馬券の買い方が下手で損をしているというケースも見られます。
馬券ベタを脱出するためには、いくつかのポイントを押さえて馬券を買うことが大切です。

馬券で利益が出ないと悩んでいる方でも、ちょっとした意識を変えるだけで調子が上向くかもしれません。
競馬で生計を立てているような人は、競馬予想だけでなく馬券の買い方も上手です。
競馬で負けているのにはそれなりの原因があるので、一度自分の買い方を見直してみるのも良い方法です。

そこで、今回は馬券ベタを卒業するための上手な馬券の買い方を公開します。
当記事を参考にし、上手に馬券を買うポイントを押さえて、馬券で利益が出せるように頑張ってくださいね。

【関連記事】

競馬で馬券が当たる3つの法則!儲けるための買い方を公開!

競馬は初心者でも賭け方さえ覚えれば勝てる!勝つためのコツ5選

2:馬券ベタの特徴

馬券ベタの方は、そもそもどのような買い方が良くないかを理解していません。
上手な買い方をするためには、まず馬券ベタの特徴を把握しておく必要があります。

自分では馬券ベタだと思っていなくても、実は良くない買い方をしているかもしれません。
自分の馬券の買い方を見つめ直すという意味でも、馬券ベタの特徴は知っておくと便利です。

馬券ベタの人に多く見られる3つの特徴を紹介します。
反面教師にしながら、馬券を買う際の参考にしてください。

2-1:買い目が多い

競馬新聞 出馬表
馬券ベタの特徴として最も多く挙げられるのが、買い目が多いことです。
特に3連単で見られがちで、1レースに400点以上の買い目を購入する人もいるようです。

買い目が多いことの一番のデメリットは、購入金額が増えてしまう点です。
馬券は1点につき最低100円の購入が必要なので、400点を購入すると最終的に40,000円の投資が必要になってきます。
もしも馬券が外れてしまうと一気に40,000円のマイナスとなってしまうので、長期的に見て非常に厳しい賭け方と言えます。

また、買い目が多いとトリガミになりやすいという点にも注意が必要です。
トリガミとは馬券が当たったのに払い戻しが馬券の購入金額を超えずに、マイナス収支となってしまうことを言います。
折角馬券が当たったのに収支はマイナスだと、回収率を上げることが難しくなってきます。

買い目が多いということは、それだけ無駄な馬券が多いということです。
同着などがなければ、通常は3連単の的中は1通りです。
つまり、買い目が多くなればなるほど、ハズレ馬券を購入しているということになります。

競馬で利益を出すためには無駄を省くことを意識して、買い目をできるだけ絞るように意識が大切です。

2-2:全てのレースで勝負する

ヴィクトリアマイル 予想
競馬で負けている人は、狙ったレースだけでなく幅広くレースに手を出してしまう傾向が見られます。
これは馬券ベタの特徴であり、避けたい傾向となっています。

競馬予想には正解がなく、常に新しい情報を探していかなくてはいけません。
過去の膨大なデータを見つめながら予想するので、予想には時間がかかってしまいます。

しかし、それだけ時間をかけることで予想精度が増し、回収率アップに繋がるかもしれません。
競馬は1つの競馬場で1日に12レース開催されます。
12レース全てで勝負をするとなると、1つのレースを予想する時間も減ってしまいます。

しっかりと予想できずに馬券を買うのは、勘で選ぶのと一緒です。
勘で的中することもあるかもしれませんが、そういった賭け方では短期間では勝てても長期的にはマイナス収支になってしまいがちです。
競馬は楽しいのでついつい全てのレースで賭けたくなります。

折角競馬場に来たのなら、一日中楽しみたいと思うのも当然かもしれません。
しかし、馬券で利益を出すためには、レースを見送る我慢が必要です。
楽しむことが目的なら全てのレースで賭けても問題はありませんが、プラス収支を目指したいのならレースを絞って予想をするようにしてください。

2-3:最終レースで賭ける金額を増やす

札束 お金
馬券ベタにありがちなのは、最終レースでやたらと大金を注ぎ込むことです。
これは、一日の負け分を最後に取り返したいという心理から来るものではないでしょうか。

特にメインレースで負けた時には、その熱が冷めずに最終レースで勝負をしたくなるところです。
最初から最終レースで勝負すること目標としていたのなら大金を賭けても構いませんが、馬券ベタの方はメインレースで馬券が外れてから最終レースの予想をする人がほとんどです。

負け分を取り返すという発想は非常に危険で、ギャンブルにおいては絶対に止めたい思考です。
負け分を取り戻すためには投資する金額も増えるので、外れたときのリスクが大きくなってしまいます。
負のスパイラルへと陥ってしまい、負け分がどんどん増えてしまいます。

こうなると冷静な感情ではいられなくなり、正確な判断はできません。
最終レースで大きく勝負するのは馬券ベタの特徴なので、最終レースで馬券を買うときには気を付けてください。

3:馬券ベタを卒業!3つの上手な馬券の買い方

馬券ベタの特徴を理解したところで、馬券ベタを卒業するための上手な買い方について紹介していきます。
上手な買い方を覚えることで、回収率アップに繋がるかもしれません。
3つのポイントを押さえて、年間トータルでのプラス収支を目指してくださいね。

3-1:フォーメーションを活用して点数を減らす

フォーメーション 馬券
競馬でプラス収支を達成している人は、点数をできるだけ減らす努力をしています。
馬券ベタな人にありがちなのが、ボックスを活用して点数が膨らんでしまうことです。

ボックス買いはとても便利で、初心者にも扱いやすい買い方です。
どの馬の組み合わせが来ても当たりなので、わかりやすい買い方として魅力的とも言えます。

ただし、ボックス買いは点数が多くなってしまいがちで、特に3連単などの馬券では活用しにくいところがあります。

そこで、フォーメーションを活用して点数を減らす意識を持ちましょう。
フォーメーションでは1着から3着まで、自由に点数を選ぶことができます。
3着には入る可能性があっても1着や2着になる可能性が少ない場合は、思い切って3着のみに買い目を入れるという方法があります。

特に実力の劣っている穴馬などは、馬券に絡むことができても勝ち切るまでには至らないということも珍しくありません。
ボックス買いだと1着の可能性がない馬でも、1着になったときの組み合わせを購入していることになります。
長期的に見てプラス収支にするためには、こういった無駄な馬券を減らしていかなければいけません。

フォーメーションを活用して、点数を絞りながら勝負するようにしてください。

3-2:天候が荒れたときにレースを見送る

雨の日
馬券が上手な人は、レースの見極めをする力に長けています。
逆に馬券ベタな人は、闇雲にどのレースにも手を出してしまう傾向が見られます。

回収率アップを目指すのなら賭けるレースを絞ることが重要であり、予想にできる限り時間を費やすことが大切です。
レースを絞るときに意識したいのが、天候が荒れたときにはレースを見送るということです。

天候が悪く馬場が荒れてしまうと、予想は一段と難しくなります。
過去のデータが役に立たなくなり、全く予想していない穴馬が上位に飛び込んでくることもあります。
レースが荒れやすいのなら逆に荒れる予想で馬券を買えばいいと思う人もいるかもしれませんが、そう簡単ではありません。

荒れた馬場でも人気通りに決まることもあり、荒れると言い切れないところも天候が悪いときの難しい点です。
わざわざ予想が難しいレースに手を出す必要はないので、レースを見送るという気持ちも大切にしてください。

3-3:自信があるときには単勝1点勝負!

オークス 単勝
競馬で馬券を買う際の理想形は、1点買いです。
1点買いは無駄な馬券を全く買っていない買い方で、トリガミになってしまう心配もありません。

ただし、3連単の1点買いは的中率が低すぎるので、単勝での1点買いがおすすめです。
予想に自信があるときには素直に単勝1点勝負で、利益を出すのが効果的です。

勝負レースでは単勝1点買いを意識して、プラス収支を目指してください。

【関連記事】

競馬の単勝回収率は78%!単勝で勝つ3つの方法

まとめ

競馬は様々な馬券の買い方があり、個性が出る部分でもあります。
予想は上手いのに馬券の買い方が下手だという人もいて、馬券の買い方についてもコツを押さえる必要があります。

競馬でプラス収支を達成するには、無駄な馬券はできるだけ買わないことが大切です。
3連単でボックスを多用してしまうと買い目が増えてしまうので、フォーメーションを活用して点数を減らすことを意識してください。

また、賭けるレースも絞って、予想に時間を費やすことも重要になってきます。
特に最終レースなどで負け分を取り返すなどの行為は避けてください。
馬券ベタから卒業し、上手な買い方で回収率アップに繋げましょう。