競馬の馬券は税金が掛かるって知ってた?納税及び計算方法徹底解説!

更新日:
競馬 税金

意外と競馬を嗜んでいる人々の中には素人、玄人問わず納税義務があることを知らない人がいます。

むしろ私の感覚で言わせて頂くならば納税義務について知らない人は競馬好きの中でも40%以上はいると思っています。

結論からお話しますが高額配当以外では納税義務はありませんが一定額以上の配当を得た場合に税金は払わなければなりません。

知ってか知らずか結果的に脱税をしていた人々の中に逮捕された人や書類送検された人もいます。

だからこそ当記事では「そんなこと知らなった」では済まされない重要な競馬の税金について丁寧にご解説いたします。

計算方法やどのような場合に脱税がバレるのかなどこの記事さえ読めばもう大丈夫という状態まであなたをお連れいたします。

では詳しく解説して参ります。

  • 競馬の万馬券の税金は一時所得と雑所得によって額が変わる
  • 競馬は税金を払うものである
  • 競馬での税金の計算方法
  • 競馬で税金を納めないとバレる場合もある
  • どんな時に脱税が「バレる」のか
  • 競馬の税金がバレたら追加課税がかかる
  • WIN5の税金は特にバレる可能性が高い
  • 競馬の確定申告書の書き方
  • 競馬の税金の法改正
  • シャンプーハットてつじが当てた万馬券の税金
  • 競馬の税金は不公平だ!と言う声が高まっている
  • 税金が気にならないほどに稼げばいい!オススメの競馬予想サイト5選

1:競馬は税金を払うものである

まず大前提として競馬にも法律は適用されていますのでお金をギャンブルであろうと稼いでしまったからには税金は払わないといけません
そこでどんな税金を払うのかを見ていきましょう。

競馬の配当金の中から払わなければならない税金は以下の2種類に分かれます。

  • 一時所得
  • 雑所得

しかし少額からでも納税義務があるかと言うとそうではありません。

私たち一般の競馬ファンが無計画に当てて利益を当てた配当の税金は「一時所得」に該当し年間利益50万円を超えなければ税金はかかりません。

1-1:「一時所得」と「雑所得」によって額が変わる

競馬税金1

万馬券を的中させることはとても嬉しいことですが、税金がどうなるのか不安に感じることもあるのではないでしょうか

税金を支払わないことで、ペナルティを課せられることを心配する方もいます。

競馬をする際には、万馬券を的中させたときの税金について勉強しておく必要があります。

万馬券の税金は馬券の買い方によっても変わってききます。

経済的に継続購入して利益を求める買い方をしている場合には雑所得として払い戻し金額を定義してくれます。
一般的な買い方をしている競馬ファンは一時所得と見なされ、税金の金額は所得税の控除額によっても変わってくるでしょう。

それでは、万馬券の税金について、一時所得の場合と雑所得の場合のそれぞれで説明していきます。

1-2::利益が年間50万未満の利益の場合、税金はかからない

競馬の税金は万馬券を的中させたからといって、必ず払わないといけないわけではありません。

万馬券を的中させたことがあっても、税金を払ったことがないという方も多いのではないでしょうか。

競馬で税金を支払わないといけないのは、利益が50万円以上の場合です。
利益が50万円を下回る場合には、税金を払う必要はありません。

この利益については年間の利益なので高配当の万馬券を的中させたことがあっても、年間で利益が50万円を下回っていれば税金を払う必要はないのです。
競馬で利益を出すのは難しいことなので、実際に税金を払っているという人も少ないでしょう。

次項で一時所得と雑所得の各計算方法をご紹介しますが、もし競馬で1年で計1万円の馬券代で50万円の利益を獲得したとすると特別控除額を差し引いて税金は0円になります。

{(年間利益49万円)-50万円}×1/2=0円

【関連記事】

3:競馬での税金の計算方法

競馬税金2

万馬券を的中させたときに気になってしまうのは、実際にいくら税金を支払う必要があるかです。

万馬券を的中させることはとても嬉しいことですが、浮かれてばかりいられません。

税金の計算方法をしっかりと理解して、税金を支払う金額を手元に残しておく必要があります。
何も考えずに配当金を使い込みすぎてしまうと、後で痛い目を見てしまいます。

そこで、万馬券の税金の計算方法を説明するので、気になる方は実際に計算してみてください。

  • 競馬の一時所得の計算方法
  • 競馬の雑所得の計算方法

3-1:一時所得の計算方法

万馬券の税金の計算方法は馬券の買い方によっても変わってきます。

一時所得と見なされるのは競馬を普通に楽しんでいる一般の方で、ほとんどがこれに当てはまります。

「ねらいのレースを絞って馬券を買う」
「競馬新聞を参考に……」
「テレビの解説者と同じ馬券で勝負」

それぞれの競馬の楽しみ方で、馬券を買っているはずです。

しかし、細かく競馬の収益を管理している人はごく一部。

競馬の税金が一時所得の場合は以下の計算式になります。

{(馬券の払戻金総額-的中馬券の購入金額)-50万円}×1/2

上記の計算式と他の所得(生命保険・養老保険の保険金、懸賞金)に加算された形で増税されます。この計算方法からもわかるとおり、競馬で税金を払うのは利益が50万円以上になった場合です。

利益というのは1回の馬券によるものではなく、年間での利益です。

万馬券を何度も的中させて、年間の利益が増えているという方は注意しておきましょう。

もしこれまで競馬の収益の管理をしていなかった人も、のちのち競馬で大きな利益を獲得した時のために、集計の習慣化をおすすめします。
競馬の税金で悩まないためにも、事前の備えが大切ですね。

3-2:雑所得の計算方法

競馬税金3

通常の馬券の買い方なら一時所得と見なされることがほとんどですが、雑所得と見なされる場合もあります。

雑所得の見なされるのは、利益を追求し継続的に馬券を購入している投資家のような買い方をしている方です。

この場合は雑所得と見なされ税金の計算は以下の式になります。

(収入-経費=税金対象額)

収入は手にした配当金のことで、経費は馬券のこととなっています。

雑所得の場合は経費にハズレ馬券が含まれる可能性も高く、課税対象額が大きく下がることもあるのでしょう。

4:競馬で税金を納めないとバレる場合もある

競馬税金4

競馬の税金を支払う必要があるのはわかっても、気になるのは税金を納めないときにばれてしまうかどうかでしょう。
競馬で税金を納めなかった場合、それが必ずばれるというわけではありません。

個人の年間の利益は本人でも把握していないこともあるくらいなので、第三者が知ることは難しいのです。
ただし、芸能人でメディアを通じて報道されたり、WIN5の的中でニュースになったりすると税金を納める必要があることがばれてしまいます。

競馬で税金を納めていないと絶対にばれてしまうということはなく、むしろ一般の方が普通に競馬をしているレベルではばれる可能性は低いと言えます。

とは言えばれやすい買い方や、行動はあります。
どのような場合で脱税がばれてしまうのかを、次に紹介していきます。

5:どんな時に脱税が「バレる」のか

競馬税金5

競馬での税金を納めていなくてもばれるケースは少なく、ばれてしまう可能性は低いです。
しかし、過去には税金を納めていないことがばれてしまったケースもあります。
そのため、100%ばれないと言いきれません。

そこで、競馬の税金を支払っていないことがなぜばれてしまったのか、知りたいという方も多いのではないでしょうか。
競馬の税金を納めていないことがばれてしまう理由について説明します。

5-1:競馬の税金はpatでネット投票するとばれる

芸能人でない一般の方が競馬での税金を納めていないことがばれてしまう理由として最も考えられるのが、patを利用していることです。
実際に競馬場や場外馬券売り場に行けずに、patを利用してインターネットで馬券を買うという競馬ファンも増えています。

patは家でも馬券が買える非常に便利な仕組みですが、インターネット上に購入履歴などのデータも残ってしまうのです。
税務署や国税局に目を付けられやすいデメリットがあるということは、覚えておいてください。

5-2:銀行口座への入金額が一度に200万円以上だとばれる

競馬税金6

競馬での税金がばれてしまう理由としては、銀行口座によるものもあります。
patを活用している場合には配当金が指定してある銀行口座に振り込まれますが、一度に200万円以上の入金があるとばれてしまう可能性も高まります。

税務署は個人の銀行口座を調べることができるので、大きな入金額があると怪しまれてしまうのです。
銀行口座への入金額が一度に200万円以上あるときには、ばれてしまう可能性がある点は注意してください。

5-3:テレビやSNSで有名になるとばれる

競馬での税金には、テレビやSNSなどのメディアも大きく影響しています。
テレビなどで報道されるのは、芸能人のような有名な方だけではありません。

WIN5や三連単などで高額配当を的中させたときには、テレビや新聞も黙っていないのです。
ニュースになって取り上げられてしまうと、税務署から目を付けられてしまうでしょう。

また、SNSなどで自分から的中額を公開してしまうのも禁物です。
ツイッターでの自分のつぶやきからばれてしまう危険もあるということは、頭に入れておいてください。

もし高額の配当を的中させると、その喜びを伝えたい気持ちからつい、SNSで投稿してしまいがち。
その気持を抑えることもばれないためには大切ですね。

6:競馬の税金がバレたら追加課税がかかる

競馬税金7

競馬の税金はばれにくいのも事実ですが、絶対にばれないというわけではありません。
ばれてしまったときには、追加課税がかかってしまうこともあります。

「無申告加算税」や「不納付加算税」などのペナルティが課せられる可能性があるので、税金を納めないことはリスクがあるのです。
ばれてしまったときの追加課税のことを考えると、ばれる前に納めておくのも賢い方法と言えるでしょう。

6-1:馬券の税金がバレた裁判事例

競馬での税金が実際にばれてしまうこともあり、裁判になった事例もあります。
多額の利益を得ていた北海道の男性A氏が、約1億9400万円を追徴した課税処分の取り消しを国に求めた事例がありました。

また、2016年には大阪府寝屋川市固定資産税課の男性B氏が、2度のWIN5的中などで得た約4億3000万円を申告せず6200万円を脱税したとして、大阪地検特捜部に所得税法違反容疑で摘発されました。
こういった事例からも、税金を納めないリスクを感じることができるでしょう。

他にも下記記事のような事例もあるので、注意が必要です。

7:WIN5の税金は特にバレる可能性が高い

競馬税金8

高配当が期待できる馬券として有名なのがWIN5ですが、WIN5での税金がばれるかどうかも気になるところでしょう。
WIN5はインターネットのみで購入が可能な馬券なので、patへの加入が必要です。
そのため、WIN5を的中させた購入履歴が残るので、脱税がばれてしまう可能性は大いにあります。

WIN5的中による脱税がばれたケースもあるので、WN5だから安心ということはありません。
WIN5は1億円以上の高配当も期待できる夢のある馬券ですが、脱税は大きなリスクがあるという点は注意してください。

8:競馬の確定申告書の書き方

競馬税金9

競馬の確定申告には雑所得と一時所得の2つのパターンがありますが、基本的に申告方法は共通しています。
申告書AとBに競馬で得た利益を記載すれば大丈夫です。
雑所得ははずれ馬券を経費にできるので、税金の計算方法も変わってくるでしょう。

確定申告に必要な書類は税務署で書類を受け取る方法とインターネットからフォーマットをダウンロードして印刷する方法があります。
自分の好きな方法で書類を入手して、しっかりと確定申告するようにしましょう。

【関連記事】詳しい方法については以下の記事をご覧ください!

9:競馬の税金の法改正

過去には競馬の税金で裁判まで発展した事例があり、競馬の馬券の払戻金等に係る所得区分について最高裁判所の判決(平成29年12月15日付)があったことを受けて所要の改正がなされました。

「所得税基本通達の制定について」の一部改正で、一時所得に該当するかどうかの部分に変更がありました。

これまで自動購入ソフトを活用していなければ、ハズレ馬券が「雑所得」と認められませんでしたが、継続的かつ網羅的に馬券が購入されていれば認められることとなりました。

雑所得に該当すればハズレ馬券も経費に認められるので、税金の金額も極端に減らすことができます。

税金の金額に影響がある部分なので、「所得税基本通達の制定について」(法令解釈通達)の改正は確認しておいてください。

10:シャンプーハットてつじが当てた万馬券の税金

競馬税金10

競馬で税金を支払わないといけないのは一般の方だけでなく、芸能人も同じです。
芸能人はメディアの露出もあり、高配当を的中させると税務署から目を付けられる可能性も高くなります。

高配当を的中させた芸人として有名なシャンプーハットてつじも、テレビ番組でしっかりと税金を支払ったと発言していました。
シャンプーハットてつじが当てた馬券は2008年の桜花賞の三連単で、その配当はなんと700万円でした。

年間の利益が50万円以上の場合は税金を支払わないといけないので、シャンプーハットてつじも税金を払う必要があったのです。
しっかりと税金を支払ったシャンプーハットてつじの行動は見習いたいところでしょう。

【関連記事】

11:競馬の税金は不公平だ!と言う声が高まっている

競馬の税金を正直に申告して支払っている人は2割程度と言われています。
多くの人が「競馬の税金はおかしい」と考えている結果がこの数値に現れていると言えます。

おかしいと言われる最大の理由は、「二重課税」。
競馬で馬券を購入した段階で、購入金額の約10%をもれなく「国庫納付金」として支払っています。

馬券購入時に国にお金を収めているにもかかわらず、高額の万馬券的中したら「一時所得」として税金を支払わなければいけないのはおかしい!二重課税だ!ということです。

競馬と同じく公営ギャンブルである宝くじの場合は、購入した際に40%の収益金を収めますが、当選したお金には税金はかかりません。
このように宝くじでは当選したお金に税金がかからないのに、競馬で当たったらかかるのはおかしいという意見が出るのは当然のことでしょう。

政府は競馬の高額払い戻し者に対する監視をより一層強化するとの方針もあるようです。
そうなると「競馬の税金はおかしい!」という声はより一層強まることになるでしょう。

12:税金が気にならないほどに稼げばいい!オススメの競馬予想サイト5選

競馬の利益に対する税金の仕組みはなかなか納得いかない人が多いでしょう。
しかし、国民である以上納税の義務あります。

さらに即パットなどで投票をする人も多いので、高額の的中額はその後のレースで使い切らない限り銀行口座に振り込まれます。

考え方を変えて、税金も気にならないほどに稼げばよいのです。

競馬予想サイトを活用すれば、まさにそんな夢のような話が現実のものに。

競馬予想サイトでは、競馬に精通したプロの馬券師の予想を受け取ることができます。
つまり、自分で予想することなくプロの予想で勝負できるのです。

実際に競馬初心者がプロの予想通りに購入し、3連単で50万円を超える配当を獲得しているケースも珍しくありません。
税金を収めても余りある利益を獲得可能なオススメの競馬予想サイトを紹介します。

オススメ①:ウマくる

ウマくる

ウマくるは競馬予想サイト界"初"のAIからご自身にあった予想を提案してもらえる競馬予想サイトです。

ウマくるを利用するメリットは「競馬の知識が0」でもAIが予想の提案から買い目の精査までサポートしてくれ、たった5,000円の馬券代で万馬券を狙えることです。

実際に当サイトが初利用向け予想【アドバンテージ】で"たった1日"で39万円稼げました!

100万円超えの的中も珍しいことではなくクチコミでも人生が変わったなどの声もたくさんあります。

また、初回特典として「2万円割引」で参加ができ、もし不的中でも「全額保障サポート」で参加料金を全額保障と"参加前・参加後もお得な安心サポート"がついているのも魅力的です!

毎週末無料予想あり!!
このサイトを確認する

オススメ②:あしたの万馬券

あしたの万馬券

「あしたの万馬券」は、2021年で最も勢いのある競馬予想サイトの一つです。口コミや評判では「的中者が続出している」と話題のサイトです。

当サイトも定期的に有料情報を購入していますが圧倒的な的中率が他の追随を許しません。不定期的に開催されるキャンペーンもありリピーターが多いのも魅力の一つです。

競馬に対して当たらないしつまらないと感じていた人たちが競馬って超楽しいに変わることをモットーとしており、一度無料情報だけでも試す価値はあります!

毎週末無料予想あり!!
このサイトを確認する

オススメ③:投稿!!うまライブ

うまライブ

的中率、回収率ともに高く、10万円20万円以上の配当はもちろんの事、100万以上の配当も珍しいものではありません。頻繁に当たっている競馬予想サイトです。

オススメしたいポイントは、「的中ボイス」という掲示板があること。

実際に予想を購入した人の声を確認できるので、ねつ造などの心配もなく、予想購入の参考にできます。

また、不的中時には「全額保証サポート」という安心の保証制度もあります。

毎週末無料予想あり!!
このサイトを確認する

オススメ④:スマート万馬券

スマート万馬券

「無料情報がめちゃくちゃ当たる!」との口コミが多数見られるのが「スマート万馬券」です。

無料情報の評価が高いだけでなく、有料情報もコンスタントに当たるとの口コミも。

競馬は投資と言う確固たる姿勢が的中率の高さを表しているのでしょう。有料情報は初回につき不的中となっても全額分保証制度があるので安心!

スマート万馬券を使えば素敵な未来獲得のチャンス到来!競馬で安定して勝ちたい人にオススメです。

毎週末無料予想あり!!
このサイトを確認する

オススメ⑤:令和ケイバ

令和ケイバ

令和ケイバは当たりやすい南関東競馬で軍資金を貯め中央競馬で大きく勝つ独自のゴールデンルートを競馬予想サイトで初めて確立したサイトです。

口コミでは「平日公開の地方競馬の無料予想がめちゃくちゃ当たって軍資金が貯まった!」と評判です。

計画的に競馬予想サイトを使って稼ぎたい方におすすめしたい競馬予想サイトです。

毎週末無料予想あり!!
このサイトを確認する

まとめ

競馬で万馬券を的中させたときには、年間の利益が50万円以上となると税金を支払う必要があります。
馬券の買い方によって一時所得になるか雑所得になるか変わってきて、支払う金額も違います。

また、競馬での税金は納めていなくてもばれない可能性は高いですが、100%ばれないというわけではありません。
patを活用していたり、WIN5で高配当を的中させたりするとばれる可能性も高まるでしょう。

ばれてしまうと追加課税を求められることがあるので、脱税にはリスクが伴います。
「二重課金税」だと批判されることも多いのですが、現状は税金を納める必要があるので気を付けてください。

以下に税金についての時効についての記事を載せますので気になった方はご覧下さい。
【関連記事】

この記事を書いた人

Copyright © 当たる競馬予想サイトで儲けたい All Rights Reserved.