万馬券 税金

競馬の万馬券の税金っていくら?脱税がばれる理由を紹介

1:競馬の万馬券の税金は馬券の買い方によって変わる

競馬場 レース
万馬券を的中させることはとても嬉しいことですが、税金がどのなるのか不安に感じることもあるのではないでしょうか。
税金を支払わないことで、ペナルティを課せられることを心配する方もいます。
競馬をする際には、万馬券を的中させたときの税金について勉強しておく必要があります。

万馬券の税金は馬券の買い方によっても変わってきて、経済的に継続購入して利益を求める買い方をしている場合には雑所得として払い戻し金額を定義してくれます。
一般的な買い方をしている競馬ファンは一時所得と見なされ、税金の金額は所得税の控除額によっても変わってくるでしょう。

それでは、万馬券の税金について、一時所得の場合と雑所得の場合のそれぞれで説明していきます。

1-1:万馬券の税金の計算方法

配当 万馬券
万馬券を的中させたときに気になってしまうのは、実際にいくら税金を支払う必要があるかです。
万馬券を的中させることはとても嬉しいことですが、浮かれてばかりいられません。

税金の計算方法をしっかりと理解して、税金を支払う金額を手元に残しておく必要があります。
何も考えずに配当金を使い込みすぎてしまうと、後で痛い目を見てしまいいます。

そこで、万馬券の税金の計算方法を説明するので、気になる方は実際に計算してみてください。

1-1-1:一時所得の場合

万馬券の税金の計算方法は馬券の買い方によっても変わってきます。
一時所得と見なされるのは競馬を普通に楽しんでいる一般の方で、ほとんどがこれに当てはまります。
収益を細かく管理しているという方も少ないのではないでしょうか。

一時所得の場合は{(馬券の払戻金-的中馬券の購入金額)-50万円}×1/2が、他の所得に加算された形で増税されます。
この計算方法からもわかるとおり、競馬で税金を払うのは利益が50万円以上になった場合です。

利益というのは1回の馬券によるものではなく、年間での利益です。
万馬券を何度も的中させて、年間の利益が増えているという方は注意しておきましょう。

1-1-2:雑所得の場合

競馬 雑所得
通常の馬券の買い方なら一時所得と見なされることがほとんどですが、雑所得と見なされる場合もあります。
雑所得の見なされるのは、利益を追求し継続的に馬券を購入している投資家のような買い方をしている方です。

この場合は雑所得と見なされ、税金の計算は(収入-経費=税金対象額)となります。
収入は手にした配当金のことで、経費は馬券のこととなっています。

雑所得の場合は経費にハズレ馬券が含まれる可能性も高く、課税対象額が大きく下がることもあるのでしょう。

1-2:競馬の利益が50万以下の場合税金はかからない

競馬の税金は万馬券を的中させたからといって、必ず払わないといけないわけではありません。
万馬券を的中させたことがあっても、税金を払ったことがないという方も多いのではないでしょうか。

競馬で税金を支払わないといけないのは、利益が50万円以上の場合です。
利益が50万円を下回る場合には、税金を払う必要はありません。

この利益については年間の利益なので高配当の万馬券を的中させたことがあっても、年間で利益が50万円を下回っていれば税金を払う必要はないのです。
競馬で利益を出すのは難しいことなので、実際に税金を払っているという人も少ないでしょう。

1-3:シャンプーハットてつじが当てた万馬券の税金

競馬 税金 てつじ
競馬で税金を支払わないといけないのは一般の方だけでなく、芸能人も同じです。
芸能人はメディアの露出もあり、高配当を的中させると税務署から目を付けられる可能性も高くなります。

高配当を的中させた芸人として有名なシャンプーハットてつじも、テレビ番組でしっかりと税金を支払ったと発言していました。
シャンプーハットてつじが当てた馬券は2008年の桜花賞の三連単で、その配当はなんと700万円でした。

年間の利益が50万円以上の場合は税金を支払わないといけないので、シャンプーハットてつじも税金を払う必要があったのです。
しっかりと税金を支払ったシャンプーハットてつじの行動は見習いたいところでしょう。

2:万馬券の税金を納めないとばれる?ばれない?

競馬 レース
競馬の税金を支払う必要があるのはわかっても、気になるのは税金を納めないときにばれてしまうかどうかでしょう。
競馬で税金を納めなかった場合、それが必ずばれるというわけではありません。

個人の年間の利益は本人でも把握していないこともあるくらいなので、第三者が知ることは難しいのです。
ただし、芸能人でメディアを通じて報道されたり、WIN5の的中でニュースになったりすると税金を納める必要があることがばれてしまいます。

競馬で税金を納めていないと絶対にばれてしまうということはなく、むしろ一般の方が普通に競馬をしているレベルではばれる可能性は低いと言えます。

3:競馬の税金がなぜばれたのか

馬券 的中
競馬での税金を納めていなくてもばれるケースは少なく、ばれてしまう可能性は低いです。
しかし、過去には税金を納めていないことがばれてしまったケースもあります。
そのため、100%ばれないと言いきれません。

そこで、競馬の税金を支払っていないことがなぜばれてしまったのか、知りたいという方も多いのではないでしょうか。
競馬の税金を納めていないことがばれてしまう理由について説明します。

3-1:競馬の税金はpatだとばれる

芸能人でない一般の方が競馬での税金を納めていないことがばれてしまう理由として最も考えられるのが、patを利用していることです。
実際に競馬場や場外馬券売り場に行けずに、patを利用してインターネットで馬券を買うという競馬ファンも増えています。

patは家でも馬券が買える非常に便利な仕組みですが、インターネット上に購入履歴などのデータも残ってしまうのです。
税務署や国税局に目を付けられやすいデメリットがあるということは、覚えておいてください。

3-2:銀行口座への入金額が一度に200万円以上

競馬 税金 入金
競馬での税金がばれてしまう理由としては、銀行口座によるものもあります。
patを活用している場合には配当金が指定してある銀行口座に振り込まれますが、一度に200万円以上の入金があるとばれてしまう可能性も高まります。

税務署は個人の銀行口座を調べることができるので、大きな入金額があると怪しまれてしまうのです。
銀行口座への入金額が一度に200万円以上あるときには、ばれてしまう可能性がある点は注意してください。

3-3:テレビやSNSで有名になる

競馬での税金には、テレビやSNSなどのメディアも大きく影響しています。
テレビなどで報道されるのは、芸能人のような有名な方だけではありません。

WIN5や三連単などで高額配当を的中させたときには、テレビや新聞も黙っていないのです。
ニュースになって取り上げられてしまうと、税務署から目を付けられてしまうでしょう。

また、SNSなどで自分から的中額を公開してしまうのも禁物です。
ツイッターでの自分のつぶやきからばれてしまう危険もあるということは、頭に入れておいてください。

3-4:競馬の税金がばれたら追加課税がかかる

競馬 税金 バレる
競馬の税金はばれにくいのも事実ですが、絶対にばれないというわけではありません。
ばれてしまったときには、追加課税がかかってしまうこともあります。

「無申告加算税」や「不納付加算税」などのペナルティが課せられる可能性があるので、税金を納めないことはリスクがあるのです。
ばれてしまったときの追加課税のことを考えると、ばれる前に納めておくのも賢い方法と言えるでしょう。

3-5:馬券の税金がばれた裁判事例

競馬での税金が実際にばれてしまうこともあり、裁判になった事例もあります。
多額の利益を得ていた北海道の男性A氏が、約1億9400万円を追徴した課税処分の取り消しを国に求めた事例がありました。

また、2016年には大阪府寝屋川市固定資産税課の男性B氏が、2度のWIN5的中などで得た約4億3000万円を申告せず6200万円を脱税したとして、大阪地検特捜部に所得税法違反容疑で摘発されました。
こういった事例からも、税金を納めないリスクを感じることができるでしょう。

4:WIN5の税金はばれない?

払い戻し 機械
高配当が期待できる馬券として有名なのがWIN5ですが、WIN5での税金がばれるかどうかも気になるところでしょう。
WIN5はインターネットのみで購入が可能な馬券なので、patへの加入が必要です。
そのため、WIN5を的中させた購入履歴が残るので、脱税がばれてしまう可能性は大いにあります。

WIN5的中による脱税がばれたケースもあるので、WN5だから安心ということはありません。
WIN5は1億円以上の高配当も期待できる夢のある馬券ですが、脱税は大きなリスクがあるという点は注意してください。

5:競馬の確定申告書の書き方

競馬 税金 確定申告
競馬の確定申告には雑所得と一時所得の2つのパターンがありますが、基本的に申告方法は共通しています。
申告書AとBに競馬で得た利益を記載すれば大丈夫です。
雑所得ははずれ馬券を経費にできるので、税金の計算方法も変わってくるでしょう。

確定申告に必要な書類は税務署で書類を受け取る方法とインターネットからフォーマットをダウンロードして印刷する方法があります。
自分の好きな方法で書類を入手して、しっかりと確定申告するようにしましょう。

6:競馬の税金の改正法

過去には競馬の税金で裁判まで発展した事例があり、競馬の馬券の払戻金等に係る所得区分について最高裁判所の判決(平成29年12月15日付)があったことを受けて所要の改正がなされました。

「所得税基本通達の制定について」の一部改正で、一時所得に該当するかどうかの部分に変更がありました。
雑所得に該当すればハズレ馬券も経費に認められるので、税金の金額も極端に減らすことができます。

税金の金額に影響がある部分なので、「所得税基本通達の制定について」(法令解釈通達)の改正は確認しておいてください。

7:競馬の税金はおかしい


競馬の税金は、「二重課金税」だとして批判されることもあります。
なぜなら、当たったときの払い戻し金だけでなく、JRAが「国に納めているお金」もあるからです。

そのため、馬券購入者はそもそも馬券を購入する際に、約10%の「国庫納付金」を支払っていると考えることができます。
それが原因で「二重課金税」だと批判されることも多く、競馬の税金はおかしいと考えている競馬ファンも多いようです。
これは、ファンが競馬から離れてしまう要因の一つとなりかねないでしょう。

まとめ

競馬で万馬券を的中させたときには、年間の利益が50万円以上となると税金を支払う必要があります。
馬券の買い方によって一時所得になるか雑所得になるか変わってきて、支払う金額も違います。

また、競馬での税金は納めていなくてもばれない可能性は高いですが、100%ばれないというわけではありません。
patを活用していたり、WIN5で高配当を的中させたりするとばれる可能性も高まるでしょう。

ばれてしまうと追加課税を求められることがあるので、脱税にはリスクが伴います。
「二重課金税」だと批判されることも多いのですが、現状は税金を納める必要があるので気を付けてください。