競馬で借金は避けたい!競馬で借金を背負わないための4つの方法!

1:競馬で借金するとどうなる?

馬券 三連単
競馬はギャンブルであり、大金を手にする可能性もありますが、大きな負債を抱えてしまう可能性もあります。
リスクは常に伴うので、借金を背負わないよう注意しなければいけません。

競馬で借金を抱えてしまうと、競馬で勝って借金を返済するという思考になってしまいます。
また、競馬を辞めてコツコツ返済しようとしても、簡単に競馬を辞められません。

負けたときは競馬を辞めようと固く決意しても、日が経つにつれてその決意は弱まっていきます。
結局、競馬に手を出して借金を増やしてしまい、火の車となってしまう方も珍しくありません。

競馬で借金を背負うのは、非常に危険です。
自分のお小遣いで楽しむ分には構いませんが、借金をしてまで競馬をするのは避けたいところです。

今回は、競馬で借金を背負わないための4つのポイントについて紹介していきます。
当記事を参考にして、競馬で借金を背負わないように気を付けてくださいね。

【関連記事】

競馬の依存症って?競馬依存症を避ける3つのポイント

2:競馬で借金を背負わないための4つの方法

競馬 コーナー
競馬で借金を背負うと、悪循環に陥ります。
賭ける金額も次第に増えていき、冷静さを失う人もいます。

競馬で借金を背負わないためには、いくつかの心構えが大切です。
最終的には自分の意志が重要となるので、借金をしないための心構えはしっかりと把握しておきたいところです。

そこで、競馬で借金を背負わないために気を付けたい4つのポイントについて説明していきます。
競馬で借金を背負って苦しんでいる方は大勢います。

ギャンブル依存症で抜け出せなくなってからでは遅いので、借金を背負わない又は借金を増やさない意識を持って取り組んでください。

2-1:負けを取り返そうとしない

競馬 結果
ギャンブルで最も危険な思考が、負けを取り返すことです。
負けが続いてしまうと負け分を取り返そうとして、賭ける金額が増えてしまいます。

賭ける金額が増えると、さらに負けが大きくなっていきます。
そのため、負のスパイラルに陥ってしまうのです。

メインレースで勝負し馬券が外れてしまったときに、急いで最終レースに賭けるという方もいるではないでしょうか。
メインレースでの負けを取り返そうとして賭けているので、最終レースは非常にリスクが高いです。

あまり予想に費やす時間もなく、精度の高い予想はできません。
負けを取り返そうとする思考は非常に危険なので、注意してください。

仮に負けが続いてしまったとしたら、スパッとその日は賭けるのを止めるのも良いかもしれません。
ズルズルと賭け続けると冷静な判断もできなくなるので、頭を冷やすことでまた冷静な判断ができるようになります。

これは、勝っている状態でも同じです。
儲けているときにも、スパッと止める判断が大切です。

競馬は楽しいのでついつい賭け続けてしまいますが、その分リスクも伴います。

ギャンブルである以上は、注意しなくてはいけません。
負けを取り返そうとすることはせずに、冷静な判断で馬券を買うようにしてください。

2-2:生活費には手を出さない

競馬 パドック
競馬で借金を背負ってしまう方にありがちなのが、生活費に手を出してしまうことです。
最初は貯金を崩して競馬を楽しんでいても、負けが込んで貯金が無くなると生活費に手を出してしまいます。

家賃や食費など生きていく上で必要なお金を使ってしまうと、借金をするしかなくなってしまうのです。
楽しむために競馬をするのなら、生活費に手を出してはいけません。

最初に競馬で賭けていい金額を設定し、そのお金が無くなったらすっぱりと止めるようにしてください。

軍資金を追加で増やすなどの考えは危険で、借金を背負わないためにも避けたいところです。

仮に生活費に手を出してしまっても、食費を削ればいいと考える人もいるかもしれません。
冷静な判断をするためにも、食事はしっかりと摂った方が良いです。

そのため、食費を削るのも止めておいたほうが良いでしょう。

ギャンブルでは、自分の決めた軍資金以上の金額を賭けるのは危険です。
生活費を削ってまで競馬をすると、自分の生活が破綻してしまう恐れもあります。

生活費には手を出さず、無理のない範囲で競馬を楽しんでください。

2-3:賭けるレースを絞る

競馬新聞 出馬表
競馬で借金を背負わないためには、賭けるレースを絞ることも大切です。
むやみやたらに賭けていては、的中率も上がってきません。

賭けるレースを絞って、予想に費やす時間を増やすことが大事です。

レースを絞ることは、賭けすぎることを防止する点でも役立ちます。
勝負レース以外は賭けないようにすることで、無駄に出費を防いでくれます。

賭けるレースを絞るときには、情報量の多いレースがおすすめです。
メインレースなどの重賞レースではインターネット上でも情報が収集できるので、より精度の高い予想が可能です。

競馬で勝つためには、血統や調教、過去の成績など、様々な予想ファクターを駆使する必要があります。
情報量の多いレースに絞って、自信のあるレースを買うようにしてください。

また、多頭数で混戦模様の場合には、レースを避けることも大切です。
自信が無いレースや混戦模様で予想が難しいレースは、見送る意識も持つようにしましょう。

レース直前まで予想をして、パドックなどでの気配を見極めるのも重要です。
パドックで入れ込んでいると、レース前にスタミナを消耗しきってしまいます。

本命馬が入れ込んでしまっているときには、思い切って賭けるのを見送ってください。

一番やってはいけないのが、自信が無いのに賭けてしまうことです。
不安要素が少しでもあると感じた場合は、無理せず次のレースへと切り替えましょう。

2-4:人気馬を過信しない

彦根S 払い戻し
競馬で借金を背負わないためには、人気馬を過信しないという点にも注意してください。
競馬に絶対はなく、どんなにずば抜けた1番人気でも、負けてしまう可能性はあります。

圧倒的1番人気の単勝に大金を注ぎ込む人も見かけますが、リスクが大きすぎるので避けてください。

たまに借金をして、人気馬の単勝に賭ける人もいます。
当たればそのまま借金返済をする考えのようですが、外れたときには借金を抱えてしまうことになります。

競馬はあくまでも馬が走り、馬の気分は人間にはわかりません。
必ずしも、全力で走ってくれるとは限らないのです。

また、様々なアクシデントも考えられます。

他馬の斜行による進路妨害やレース中の怪我など、様々なアクシデントで負けてしまう可能性もあります。

実力がずば抜けていて無事に周ってくれば勝てるような馬でも、100%1着になるとは言い切れません。
どんな人気馬でも過信はせずに、常に外れるリスクを頭に入れておいてください。

一頭の馬に大金を賭けて勝負をするのは危険です。
競馬で借金を背負ってしまう人は、当たることしか考えていません。

外れたときのことも考えながら、長期的にプラス収支にできるようコツコツ賭けていく意識を忘れないでくださいね。

3:もしも競馬で借金を背負ったら

競馬 池添騎手
この記事を読んでいる方で、もしかしたら既に競馬で借金を背負っているという人もいるかもしれません。
もしも競馬で借金を背負ったなら、まずは借金を返済することに全力を注いでください。

一番危険な考え方は、馬券を当てて借金を返すという考え方です。
悪循環に陥り借金はさらに増えてしまいかねないので、馬券で返すという考え方は止めてください。

借金を背負った場合には、まず第一に考えるのが競馬を一旦辞めることです。
借金を背負ってまで、競馬は楽しむものではありません。

借金を返済できるまでは競馬のことは忘れて、コツコツと借金返済と優先してください。

もしも競馬を辞めたいのに辞められないのであれば、ギャンブル依存症の可能性があります。
ギャンブル依存症は、一人でどうにかなるものではありません。

その際には最寄りの精神科や心療内科を受診してください。

多額の借金を背負うと、未来に希望が持てないかもしません。
しかし、ちゃんと働いて節約すれば、借金は確実に減っていきます。

もしも競馬で借金を背負ったら、明るい未来を想像しながら借金返済に努めてください。

まとめ

競馬はギャンブルであり、賭け方次第では大きな負債を抱えてしまう可能性もあります。
競馬で借金を背負ってしまう人も見かけるので、借金を背負わないような賭け方が重要です。

競馬で借金を背負ってしまう人は、負けを取り返そうと熱くなってしまう傾向が見られます。
負けを取り返そうとすると賭ける金額も増えてしまい、非常にリスクの高い賭け方をしてしまいます。

使ってはいけない生活費に手を出してしまうほど冷静さを欠くこともあり、頭に血が上らないように注意してください。

競馬は、気持ちに余裕を持って楽しむのが大切です。
借金を背負ってしまったときには、一旦競馬を辞めるという意識も必要です。

競馬で借金を背負わないように注意しながら、常に冷静な考えで競馬にを楽しんでください。