スポニチ競馬予想は「オサム」を狙え!回収率159%の特穴予想

1:スポニチ競馬予想記者「オサム」について

オサム コラム
競馬予想の際に、スポーツ新聞を参考にする人も多いのではないでしょうか。
スポーツ新聞にも競馬専門の記者がいて、本命狙いや穴狙いなど様々な性格の記者がいます。

最近、スポーツ新聞の記者として話題になっているのが、スポニチの「オサム」です。
カタカナ表記で「オサム」と記載されているのが特徴的で、名前を見たことがあるという人も多いかもしれません。

スポニチの記者といえば「万哲」こと「小田哲也」ですが、「オサム」は「万哲」と並んでスポニチの有名記者として注目されています。
スポニチの競馬予想を見るときに、真っ先に「オサム」の予想をチェックする人も多いようです。

今回は、スポニチの記者として人気を博している「オサム」について紹介します。
「オサム」の予想スタイルや回収率も紹介するので、予想を参考にするかの判断材料にできるかもしれません。

馬券が当たらないと悩んでいるときには、スポーツ新聞などで記者の予想を参考にするのも大事です。
予想の手間を省くことができ、時間の効率化にも繋がります。
「オサム」の予想を参考にして、回収率100%超えを目指してください。

1-1:関西競馬を中心に書いている競馬記者

オサム 競馬新聞
「オサム」こと「森本治」は、関西競馬を中心に予想をしている競馬記者です。
関西の競馬といえば「オサム」の予想で、多くの競馬ファンが注目しています。
過去には100万馬券を的中させたこともあり、高配当が期待できる予想を披露しています。

スポニチは経験豊富な競馬記者を揃えていて、「オサム」のその中の一人です。
最近でも、2019年6月30日に行われた中京10Rで3連単30万8040円を的中させました。
さらに、同日の福島2Rで3連単13万6790円、中京5Rで10万120円も的中させています。

西のエースとして、スポニチ本紙からも期待がされている存在です。
1日にこれだけの高配当を何度も的中させることは、簡単なことではありません。
「オサム」の情報量と予想精度の高さが窺える結果となっています。

また、この日は東の名物記者である「万哲」が、福島6Rで3連単15万5320円を的中させています。
スポニチの競馬記者は「オサム」を始め、実力派揃いです。
スポニチの競馬予想を見るときには関西なら「オサム」、関東なら「万哲」ということを覚えておいてください。

2:オサムの予想スタイルは1レースの回収率に全振りした超穴予想

オサム 一面
スポニチの名物記者として知られている「オサム」は、その予想スタイルが特徴的なことでも話題になっています。
「オサム」はスポニチきっての穴狙いで、高配当を意識した予想を展開しています。
そのため、的中率はあまり高くはありません。

ただし、1レース当たれば、一気に回収率は100%を超えるまでに跳ね上がります。
超大穴のギャンブラーというスタイルが、人気になっている理由の一つです。
高配当が期待できる「オサム」の予想スタイルには、これからも目が離せません。

大事なのは、的中率よりも回収率です。
いくら的中率が高くても、回収率が低くては意味がありません。
そういう意味では、「オサム」の予想スタイルは理想的だと言えます。

誰もが予想もしていないような大穴に◎をつけることもあるので、「オサム」の予想印は常に注目する必要があります。
ファンを困惑させるほどの予想スタイルなので、「オサム」がスポニチの名物記者となっている理由がわかります。
大穴狙いの予想スタイルである「オサム」は、高配当的中が期待できる記者の一人です。

2-1:スポニチ競馬予想陣の中でも「オサム」の予想がすごい


スポニチは実力のある競馬記者を揃えていますが、その中でも「オサム」は穴狙いの予想で馬券を的中させている注目の記者です。
スポニチ競馬予想陣の中でも、「オサム」の予想がすごいと話題になっています。

「オサム」の予想がすごいと話題になっているのは、過去に高配当を的中させているからです。
2019年6月22日には、函館10Rで3連単9万4070円を的中させました。
さらに、2019年5月4日には東京6Rで3連単4万7380円、7Rで3連単12万2470円を連続的中させています。

「オサム」は意外な穴馬を本命にする予想スタイルなので、万馬券を的中させることも珍しくありません。
頻繁に万馬券を的中させていることから、多くの競馬ファンが「オサム」の予想に注目しているのです。

「オサム」は2019年になってからも、高配当を的中させています。
2019年もスポニチ「オサム」の予想から目が離せません。
スポニチは、豪華な予想陣を揃えているスポーツ新聞です。

「オサム」の予想を参考にして、高配当的中を目指してください。

3:オサムの単勝回収率は159.81%

競馬 馬券 単勝
スポニチ競馬記者の中でも穴狙いで有名な「オサム」ですが、回収率がどうなっているのか気になっている方も多いのではないでしょうか。
いくら穴狙いでも、実際の回収率が低ければ意味がありません。
そこで、スポニチの名物記者として知られている「オサム」の回収率を調べてみました。

まず、「オサム」の単勝回収率についてです。
「オサム」の単勝回収率は、159.81%でした。
つまり、「オサム」の予想を参考にして単勝を買い続ければ、プラス収支になっていたということになります。
回収率100%を超えるだけでも難しいので、「オサム」の競馬予想がすごいことがわかるでしょう。

また、複勝回収率も調べてみたところ、こちらも175.28%と100%を超えていました。
非常に安定した成績を残している競馬記者です。
回収率が100%を超えているのは、当たったときの破壊力が抜群だという理由があります。

的中率は高くありませんが、結果的に回収率100%を超えてくるのが「オサム」の予想スタイルです。
レベルの高い予想を披露している「オサム」には、今後も期待です。

3-1:スポニチトラックマン別3連単回収率

競馬新聞 ペン
スポニチには、「オサム」以外にも注目されているトラックマンがいます。
どのトラックマンの予想を信じるのかは、回収率を見て決めるのが良いかもしれません。
そこで、スポニチトラックマン別の3連単回収率について調べてみました。

3連単回収率が最も高かったのは、「細原邦央」です。
「細原邦央」は荒尾競馬の元騎手で、専門的な視点から競馬予想を展開しています。

3連単の回収率は151.5%で、最も高い数字になっています。
「細原邦央」の予想も参考にしたいところです。

次に、3連単回収率が高かったのは東京本社で、138.7%でした。
スポニチの紙面では、総合的に判断している東京本社の予想にも注目です。

そして、3連単回収率第3位は、「小林篤尚」で91.6%です。
「小林篤尚」は、スポニチ予想陣の中でも本命党として知られています。
人気馬を中心に馬券を買いたいときには、「小林篤尚」の予想を参考にしたいところです。

これらの結果を踏まえて、誰の予想に乗っかるかを考えてみてください。

3-1-1:スポニチの3連単競馬予想なら東京本社がおすすめ

ビル
3連単でスポニチの予想を参考にするなら、東京本社がおすすめです。
前述のとおり、東京本社の3連単回収率は138.7%と高い数字を誇っています。

さらに、東京本社をおすすめしたい理由は、本命馬の1着確率が高い点です。
東京本社が本命の印をつけた馬は、42レース中12レースで1着になっていました。
本命馬の信頼度が高いと、予想の参考にしやすくなります。

また、的中率も悪くないので、東京本社の予想なら安定した成績が残せるかもしれません。
様々なデータを駆使して予想している東京本社は、スポニチ紙面の中でも特に注目です。
東京本社の本命馬を中心に馬券を買うことで、回収率アップにも繋がる可能性があります。

3連単は高配当が期待できる券種なので、「オサム」のように穴狙いの記者を参考にするのもおすすめです。
「オサム」と東京本社の両方に注目することで、より予想の精度を上げることに繋がるでしょう。
スポニチの3連単競馬予想では、「オサム」だけでなく東京本社を参考にするのもおっすうめです。

まとめ

スポニチの「オサム」こと「森本治」は、関西競馬を中心に活躍している競馬記者です。
スポニチの記者と言えば「万哲」が有名ですが、「オサム」も決して負けていません。
頻繁に万馬券を的中させるので、多くの競馬ファンから注目されています。

「オサム」は、とにかく穴狙いの予想スタイルであることで話題になっています。
誰もが予想していない馬を本命にするなど、競馬ファンが困惑するような予想をすることも珍しくありません。
穴狙いの予想スタイルのため的中率は低いのですが、当たったときの破壊力は抜群です。

予想が当たれば一気に回収率が跳ね上がるので、「オサム」の競馬予想は常にチェックしておきたいところです。
最近でも、2019年5月4日に東京6Rで3連単4万7380円、7Rで3連単12万2470円を連続的中させました。
2019年も好調なようなので、「オサム」の予想印にはこれからも目が離せません。

穴狙いの予想スタイルである「オサム」の予想を参考にして、高配当的中を狙ってみてください。