地方競馬のオッズは中央競馬に比べてどれだけ差があるのか検証

更新日:

初めて地方競馬の馬券を購入するとき競馬新聞やネットのオッズ表を見て、ちょっと中央競馬と違うかな?って感じることも多いでしょう。

地方競馬と中央競馬、特にG1などの重賞と比べると表示されるオッズにはかなり違いがあります。

この記事では地方競馬と中央競馬のオッズの違いについてわかりやすく解説し、地方競馬の馬券購入法について教えます!

5分程度で読み終える記事になりますので是非参考にしてください!

1:地方競馬のオッズの特徴

地方競馬 オッズ

【2021年7月23日 名古屋競馬場 1レース】

馬番 馬名 単勝オッズ
1 ムカルナス 47.8
2 サンマルアン 11.5
3 ベルグフリート 8.1
4 ラニカイブルー 69.1
5 グレイテストゲーム 140.6
6 ナイトライダー 2.1
7 セイジョーデューク 47.2
8 エルビス 101.0
9 ジェスティミニヨン 1.9

1-1:1番人気の単勝が安いことが多い

地方競馬 オッズ

中央競馬でも少頭数の場合は上位人気馬の単勝支配率が高くなるため、オッズは低くなる傾向が高いですが
地方競馬ではその傾向がさらに強いです。

1番人気の馬が単勝1倍台、2番人気の馬が単勝2倍台前半です。
ちなみに締め切り5分前のオッズでは1番人気と2番人気は逆になっていました。

中央競馬と比較すると、地方競馬の馬券購入の規模はかなり小さいです。重賞以外のレースではあまり馬についても情報を持っていない人が
多く、オッズを見て馬券を購入する人が多いようで上位人気の馬はどんどん単勝が売れていく傾向があります。

そのため、単勝オッズが必ずしも馬の実力と比例していないことが多く、圧倒的人気馬が着外になることも珍しくありません。

1-2:オッズの変動が激しい

地方競馬 オッズ

締切が近づくにつれオッズの変動幅が激しくなり、締め切り直前に一気にオッズが下がることは中央競馬でも珍しいことではありません。

しかし、地方競馬は締切間際に変動する幅がさらに多いので、初めて地方競馬をやる方は戸惑うかもしれません。

締切1分前までは6人気だった馬が勝利して、確定オッズを見たら2人気まで人気が上がっていたなんてことがよくあります。

上の7月23日 名古屋1レースでは締め切り15分前まで9ジェスティミニヨンは3倍のオッズで2番人気でした。終わってみれば1.9倍の圧倒的人気ですから、人気も参考にして馬券を購入する本命党の方は注意が必要ですね。

1-3:中間層のオッズが少ない

中央競馬の少頭数の場合、どんなに人気が高い馬がいても他の馬は単勝10~30倍くらいの中間層に収まるケースが多いです。

地方競馬の場合、上の出馬表の例をみてもわかるように人気馬と人気薄の馬で2分されるケースが多く中間層の馬が少ないのが特徴です。

名古屋1レースでは、4番人気までは10倍くらいの単勝オッズですが、5人気以下は50倍近くのオッズに跳ね上がっています。

【関連記事】

1:中央競馬のオッズの特徴

地方競馬 オッズ

【2021年6月21日 福島9レース 開成山特別】

馬番 馬名 単勝オッズ
1 ウィンエアフォルク 10.2
2 ケイティミラクル 55.6
3 ラズベリーラヴァー 178.1
4 スカイテラス 113.9
5 ラヴィアンレーヴ 13.7
6 ドリームインパクト 2.0
7 ナリタモンターニュ 6.1
8 シャイニングライト 3.9
9 ルーパーテソーロ 12.3
6 トーセンクライマー 17.2

単勝1倍台になる頻度は低い

中央競馬でも圧倒的な人気馬が単勝1倍台に支持されることもありますが、地方競馬と比べるとかなり頻度は低いです。

今回例に挙げた福島の開成山特別ですが、1番人気のドリームインパクトの単勝オッズは2倍ちょうど、前走全て3着以内で1勝クラスの抜け出しは確実視されており鞍上も戸崎圭騎手に変更で大幅の強化でした。

これだけの条件が揃っていても最終的には単勝が2.0倍台で収まっています。

当然、単勝1倍台に支持される馬もいますが地方競馬と比べると、単勝オッズに関しては馬の力=実力となっているケースが多いですね。

半数以上は中穴の単勝オッズ

地方競馬のオッズは人気馬と人気薄で完全に2分されるケースが多いですが、中央競馬の場合は半数近くが単勝10倍台くらいの中間層で構成されることが多いです。

ウマくる

3:地方、中央競馬の過去最高オッズ

地方競馬と中央競馬の過去最高オッズを一覧にしてみました。

【中央競馬】

種別 配当金額 開催日 競馬場
単勝 56,940円 2014年4月16日 福島競馬場
馬連 502,590円 2006年9月9日 中京競馬場
ワイド 129,000円 2017年12月3日 中京競馬場
3連複 6,952,600円 2006年9月9日 中京競馬場
3連単 29,832,950円 2012年8月4日 新潟競馬場

【地方競馬】

単勝 205,760円 2001年7月18日 姫路競馬場
馬連 536,750円 2010年10月21日 園田競馬場
馬連 502,590円 2006年9月9日 中京競馬場
ワイド 286,620円 2001年11月5日 浦和競馬場
3連複 5,470,730円 2003年1月7日 川崎競馬場
3連単 26,693,120円 2017年6月27日 大井競馬場

地方競馬の単勝20万円って、どんなレースならお目にかかれるオッズなのかって感じですよね。当たる当たらないは別として単勝200倍以上って普通のレースではほぼ目にできないです。

4:地方、中央競馬のオッズに差がある理由

同じ競馬なのに地方競馬と中央競馬では何故オッズに差があるのでしょうか?

地方競馬 オッズ

レースの売り上げ金額の規模が違う

中央競馬は農林水産省が主導してJRAが運営している国営規模のギャンブルです。
そして、地方競馬は各地方自治体が運営している公営ギャンブルです。

最近ではネット投票ができるようになり、全国どこでも地方競馬を楽しめるようにはなりましたが、やはり全体的な売り上げ規模は全く比較になりません。

地方競馬で売り上げが最も多いのは大井競馬場、浦和競馬場、川崎競馬場、船橋競馬場が所属する南関東競馬ですが、2019年の売り上げは4競馬場の合計で3,442億円でした。

2020年はさらに売り上げは上がりましたが、それでも4,000万円には届いていません。
JRAの売り上げは2020年で2兆9,000万円以上・・・

地方競馬 オッズ

全体の馬券の売り上げが少なければ、大口の購入が入れば一気にオッズが下がります。さらに規模の小さい高知や園田、佐賀ならばもっとオッズの変動は激しくなりますね。

人気上位の馬がさらに買われる傾向

地方競馬の場合、中央競馬よりも人気=馬の力と考える人が多いと思われます。
中央とは違った血統、タイムがそのままレース結果に繋がらないことも多いなどの理由で、人気というのが予想の重要なファクターとして成り立っています。

そのため1人気の馬はさらに単勝を買われてしまい、過剰人気となることも多いですね。

【関連記事】

5:地方競馬で稼げるのか

地方競馬も中央競馬どちらも競馬には違いありません。システムもほぼ同じですよね。
しかし、中央と地方で同じ馬券の購入の仕方をしていたら、なかなか稼ぐのは難しいです。
中央には中央の、地方には地方の馬券の買い方があるので、それをしっかり区別して実践することで思いきり稼ぐことができます!

6:地方競馬で稼ぐ方法

地方競馬で稼ぐときに気を付けたいポイントを紹介します

地方競馬 オッズ

6-1:人気に惑わされない

中央でも同じことは言えますが、1人気馬が過剰人気になることが多い地方競馬では単勝1倍台だからこの馬から流せば当たるなんていう考えは禁物です。

何故、その馬がそれほどまでに人気が集まっているのか?をよく考えて冷静に馬の力を分析することで危険な1番人気馬を消すことができます。

6-2:できるだけ締切間際に馬券を買う

締切10分前と確定オッズが全く違うこともある地方競馬。とにかく締め切り5分前からは目まぐるしくオッズが変動することがあります。

ここで人気が一気に上がるような馬は勝率も連対率も高いですっzね。これは関係者からの情報によって大口の買いが直前に入るのが理由でしょう。

当然、外れることもありますが少しでも正確なオッズを確認して馬券を購入することにより、勝つ可能性は高くなります。

7:まとめ

今回は地方競馬と中央競馬のオッズの違いについて解説しました。
いかがでしたでしょうか?

ギリギリまで待って馬券を購入するならば、IPATで馬券を購入するのは不利になります。IPATで地方競馬の馬券を購入するとき、購入締切は5分前です。

地方競馬専用のオッズパークやSPT4ならば締め切りの2分前まで馬券を買う事ができます。この3分の差はかなり大きいですよ!

地方競馬で稼ぎたいなら、馬券の購入は地方競馬専用のアプリを使うことをおすすめします!

【関連記事】

この記事を書いた人

Copyright © 当たる競馬予想サイトで儲けたい All Rights Reserved.