競馬の殿堂は当たる競馬予想サイトか?口コミから検証!

競馬予想サイト
競馬の殿堂の検証結果


競馬の殿堂
無料情報
満足度
有料情報
満足度
サポート
評価
迷惑営業の
少なさ
回収率
サイト名:競馬の殿堂運営業者:オクリバント株式会社責任者:鈴木 健一
URL:https://miraito.collabo-n.com/メール:support@enjoy-kb.net料金体系:基本無料
的中率90%の注目馬を紹介する無料サイトでしたが、2018年6月21日に「うまコラボ」・「ヒットメイク」と統合し現在は「うまとみらいと」という競馬予想サイトの1コンテンツとなっています。

サイトのタイプ

的中重視
高配当重視
バランス型
悪徳業者

サイトの特徴

無料情報あり
匿名利用可
メルマガあり
コンテンツ量豊富
BBS設置あり
フリーダイヤル
クレカ対応
初回特典
電話番号不要
優良サポート
このサイトを確認する

競馬の殿堂利用者の声

殿堂馬の的中率ヤバいな!!今日から軸馬はここで決めるわ!!
名無し30代

前より殿堂馬見やすくなりましたね。ヒットメイクさんとうまコラボさんの注目馬も見れますので得した気分です
名無し40代
鈴木健一って昔、顔写真掲載していたけど中国法人の投資ファンドの代表を勝手に使っていたって噂がありますよ。
名無し30代

有料情報の詳細が不透明すぎて信頼できない。今まで通り殿堂馬だけ公開してくれてればよかったのに。
幻滅40代

口コミでよく触れられている内容

・殿堂馬の的中率が良い
・以前の殿堂馬にうまコラボとヒットメイクの注目馬も加わり使いやすくなった
・有料情報が不透明

競馬の殿堂利用者の獲得金額分布

的中金額の割合
的中無し0~10万円10~50万円50~100万円100~200万円200万以上
24.340.412.412.48.42.1
error[合計が100%ではありません(100%)]

0から10万円の獲得が40%越えと好成績をマークしました。上限が10万円ということから殿堂馬を参考に的中率の良い馬券を組んでいるようですね。

1分で分かる競馬の殿堂の特徴

競馬の殿堂は鈴木健一による無料競馬予想サイトだった

競馬の殿堂

競馬の殿堂を検証しました。

競馬の殿堂は株式会社オクリバントの鈴木健一が代表を務める無料競馬予想サイトの1つでしたが、2018年6月21日に同様に株式会社オクリバントが運営する競馬予想サイト「うまコラボ」・「ヒットメイク」と統合し現在は「うまとみらいと」との1コンテンツとなりました。

うまとみらいと」については↓で詳しく検証しています。

うまとみらいとが入会費30万円の有料プロジェクトを発足!?評判や口コミから徹底検証

競馬の殿堂の代表「鈴木健一」は元々競馬攻略に苦悩する競馬ファンの1人で、悪質な競馬予想サイトを利用して借金を重ねた経験もあったようですね。

競馬予想サイトに騙され、予想が外れ試行錯誤した上に作り上げたのが的中率90%を誇る「殿堂馬」という競馬攻略法ということです。(殿堂馬については次項で紹介します。)

競馬の殿堂には昔、鈴木健一の顔写真が掲載されていましたが、現在は似顔を掲載しています。

しかし、口コミでは写真が中国向けの投資ファンド代表の顔写真を使っていたと指摘されています。

現在は写真ではなく似顔絵が掲載されていますので検証を行うことはできませんが、鈴木健一が実在するかどうか不確かですね。

鈴木健一が実在するにせよしないせよ競馬の殿堂のコンテンツは基本無料で利用できますので、あまり気にするポイントではないでしょう。

競馬の殿堂のコンテンツ

競馬の殿堂

競馬の殿堂の主なコンテンツ以下の3つです。

・殿堂馬+
・暴れ馬
・隠れ馬

3コンテンツとも注目馬や危険馬の紹介ですが、全て無料で利用できますのでチェックしていきましょう。

殿堂馬+の回収率は85%

殿堂馬+は競馬の殿堂の最も人気のあるコンテンツで「的中率90%の反則技」と呼ばれています。

「的中率90%」と聞くと「かなりすごい」ようにも思えますが、実際は対象レースに出走する注目馬の6頭を馬番で掲載するコンテンツです。

競馬は最大18頭の出走なので出走馬の1/3を注目馬としてピックアップし、1頭でも入選すれば「的中」となりますので、「的中率90%の反則技」と言われると「う~ん。。。」って感じですね。

しかし「うまとみらいと」へ統合後、赤文字で掲載されている馬番は競馬の殿堂の「おすすめする軸馬」・背景色が黄色の馬はうまコラボの「イチオシ軸馬」、背景色が緑の馬はヒットメイクの「イチオシ相手馬」となります。

競馬の殿堂を含める3サイトの注目馬を「殿堂馬」に加えることにより、より信頼性のある注目馬表「殿堂馬+」となりました。

殿堂馬の赤字の馬番と他2サイトの背景色が被っている馬を軸馬にすると良いでしょう。

そこで「赤字」のみの馬と「赤字」+「背景色」がついている馬を対象に単勝的中率と回収率を100円賭けで2018年11月24日(土)の計8レースを検証しました。

11月24日(土)
東京09R:03・04 10・14→結果:140円
東京10R:02・03・10・11→結果:730円
東京11R:08・09・11・14→結果:不的中
東京12R:01・06・10・14→結果:270円
京都09R:06・07・08・09→結果:不的中
京都10R:07・09・10・16→結果:360円
京都11R:01・02・04・08→結果:280円
京都12R:04・12・13・14→結果:950円

■単勝的中率:75%

■単勝回収率:85%

結果、単勝的中率は75%と好成績をマークしましたが、回収率に関しては100%を切りました。

回収率に関して今回は単勝だけを対象にしましたが、ヒットメイクの「イチオシ馬」をヒモに工夫すると回収率は伸びるでしょう。

殿堂馬の土曜日分は金曜日19時~土曜日13時までの間に公開、日曜日分は土曜日19時~日曜日13時までの間に公開に公開されます。

暴れ馬

暴れ馬とは殿堂会員「遠野一成」が人気馬の中で実力を過大評価されている馬(人気過剰馬)をピックアップするコンテンツです。

要は実力以上に人気が集まる危険な馬を紹介してくれるコンテンツです。

過剰人気馬はハルウララなど特殊な馬を除いてあまり出現しませんが、もし公開されていたら予想に組み込むと面白いかもしれませんね。

暴れ馬はリアルタイムで更新されますので、競馬の殿堂を小まめにチェックすることをおすすめします。

隠れ馬

隠れ馬は逆に「過小人気馬」をピックアップするコンテンツで、暴れ馬の逆バージョンです。

暴れ馬と同様に「遠野一成」がピックアップしているようですが…殿堂会員の「遠野一成」が一体誰なのかは不明です。

競馬の殿堂のログイン前ページで2018年11月25日(日)京都11RオータムリーフSでは「5番モズワッショイ」、2018年11月24日(土)東京10R 銀嶺Sでは「5番エイシンビジョン」が隠れ馬として紹介されていましたので実際に検証したところ、モズワッショイは10着、エイシンビジョンは15着に敗れていました。

殿堂会員と言えどもあまり期待できなさそうです。

隠れ馬もリアルタイムでログイン前ページから確認できますので、もし気になるようでしたらチェックすると良いでしょう。

有料情報「最大利益配置」は回収率100%?

競馬の殿堂

競馬の殿堂は「うまとみらいと」に統合後、有料コンテンツ「最大利益配置」の提供を開始しました。

最大利益配置とは競馬の殿堂が独自に開発したシステムの名称で「予想を必要としない新しい競馬攻略法」です。

このシステムではオッズの取得も複雑な計算も自動で行い、馬番をリアルタイムで表示し常に競馬の控除率を考慮し、回収率は最低でも100%のようです。

最大利益配置システムは26か月間の検証期間を経て2016年7月30日からリリースされました。

当初、回収率100%と聞き、全通りの買い目を提供する低質な予想かとも思いましたが、対象レースは1日8から12レース。

券種は単勝1点または馬単4点から17点、1レースにつき賭け金は1,700円と最大でも馬券代は30,000円以下で済みます。

参加するためには「参加募集ページ」から参加手続きを行わなければいけません。

どうも私が検証した際には参加募集ページは見当たりませんでした。

競馬の殿堂の料金設定

競馬の殿堂の料金設定







【オーダーメイド】- 提供/単勝・複勝・枠連・ワイド・馬連・馬単・3連複・3連単・WIN5金額円
【上位殿堂馬】- 提供/記載なし金額円
【最上位殿堂馬】- 提供/記載なし金額円
【最大利益配置】- 8から12提供/単勝金額円
【殿堂三傑】- 提供/馬単・3連単金額円
【殿堂百傑】- 提供/記載なし金額円

有料情報に関しては不透明な点が多く、いきなり利用するのはおすすめできません。殿堂馬で手ごたえを感じてからご利用をお考えください。

2019年03月13日時点の情報

「競馬の殿堂」管理人の総評

競馬の殿堂は株式会社オクリバントによる無料競馬予想サイトでしたが、「うまコラボ」・「ヒットメイク」と統合し、現在は「うまとみらいと」の1コンテンツとなっています。

殿堂馬の単勝的中率と回収率を検証したところ的中率は75%と好成績を残していたものの、回収率は100%を切りました。

当検証では単勝だけに的を絞りましたが、ヒットメイクの「イチオシ相手馬」をヒモに加えた予想を行うことでもっと高い回収率を期待できるでしょう。

要は殿堂馬は6頭の注目馬紹介なので、ユーザーの使い方次第で的中率も回収率も変わっていきます。

有料情報に関しては不透明な点が多かったので、まずは殿堂馬から試してみてください。

このサイトを確認する

このサイトへの口コミを投稿する

 

認証