競馬予想が凄い芸能人!DAIGOのレース予想結果を徹底分析!

1:競馬好きタレントとして有名なDAIGO

DAIGO 競馬

シンガーソングライターやタレントとして有名なDAIGO、皆さんも様々な番組で見かけることが多いのではないでしょうか。

DAIGOは音楽番組やバラエティ番組に多く出演していますが、実は競馬好きなことでも有名です。

競馬好きタレントとして活躍していて、競馬番組にも出演しています。

DAIGOは2017年からフジテレビ系列の「馬好王国〜UmazuKingdom〜」で、メインMCを務めています。

「馬好王国〜UmazuKingdom〜」は競馬情報バラエティ番組で、カンニング竹山やナイツ土屋など様々なタレントが出演している番組です。

過去に、小嶋陽菜や白石麻衣が出演していたこともあり、競馬初心者をターゲットとした内容となっていました。

DAIGOは「馬好王国〜UmazuKingdom〜」のメインMCになったときに、「本当に競馬が大好きで、競馬に携わるお仕事は、僕の中では正直、仕事という感覚があまりないくらいですので、純粋にすごくうれしいです。」と語っていました。

このことから、DAIGOがいかに競馬をこよなく愛するタレントであるかがわかります。

さらに、2019年からは「みんなのKEIBA」のメインMCにも抜擢されました。

「みんなのKEIBA」は、日曜日に施行される重賞競走を中心に中継放送をしている競馬中継番組です。

DAIGOの競馬に関する情熱と、独自の視点から繰り広げられる競馬予想には多くの競馬ファンが注目しています。

今回は、競馬をこよなく愛するタレントとして活躍しているDAIGOについて、競馬予想を徹底分析してみます。

DAIGOの予想が気になるという方は、是非最後まで読んでいってくださいね。

1-1:DAIGOの予想傾向

宝塚記念 ファン投票

競馬好きタレントとして有名なDAIGOについて、その予想傾向も気になるところでしょう。

調べてみたところ、DAIGOは本命党である傾向が強いようです。

過去の本命馬について見てみると、人気どころが多くなっていました。

1番人気の馬を本命にすることも珍しくありません。

強い馬が強い勝ち方をするというのが、競馬の醍醐味であると考えているようです。

また、予想傾向として、過去の実績や前走でのレース内容を重視しています。

前走で良い勝ち方をした馬を、本命馬として選ぶ傾向が強くなっていました。

本命馬の相手には、中穴の馬を選ぶのも特徴です。

ワイドを駆使して、人気馬と中穴の馬を絡めた予想を披露しています。

驚くような高配当は期待できないかもしれませんが、堅実な予想をしているタレントとして注目です。

【関連記事】


2:DAIGOのレース予想結果を調査!

札幌競馬 ダートコース

DAIGOは2017年から競馬情報バラエティ番組「馬好王国〜UmazuKingdom〜」で、メインMCを務めています。

2019年からは「みんなのKEIBA」のメインMCも務めていて、予想を公開することも増えてきました。

そこで、DAIGOのレース予想が実際にどうなっているのか、競馬予想結果を調査してみます。

DAIGOの競馬予想を参考にできるかの参考にしてください。

2-1:2020年エプソムカップ

阪神競馬場 外観

まずは、最も直近の重賞レースであるエプソムカップのレース予想結果を見ていきます。

2020年6月14日に東京競馬場で開催されたエプソムカップにおいて、DAIGOは本命としてサトノアーサーを指名しました。

サトノアーサーは1番人気だったため、やはりDAIGOは本命党である傾向が強いようです。

レース結果は、1着9番人気ダイワキャグニー、2着5番人気ソーグリッタリング、3着18番人気トーラスジェミニという結果でした。

人気馬が上位に来ていないことから、波乱の結果と言えるかもしれません。

残念ながら、エプソムカップではDAIGOの予想は外れとなっていました。

DAIGOは人気馬を本命とする傾向があるため、荒れたレースでは的中が難しかったかもしれません。

エプソムカップの配当は、3連単が400万円を超えました。

400万円を超える馬券の予想を的中させるのは簡単なことではありません。

予想が外れても、仕方がないと言えるような結果でした。

このレースだけで、DAIGOの競馬予想が外れていると判断するのは早計です。

2-2:2020年安田記念

函館競馬 新聞

続いて、直近で行われたG1レースとして、安田記念のレース予想結果を見ていきます。

2020年6月7日に東京競馬場で開催された安田記念で、DAIGOは本命にアーモンドアイを選びました。

アーモンドアイは断トツの1番人気で、アーモンドアイを本命にした競馬ファンも多かったのではないでしょうか。

レース結果は、1着3番人気グランアレグリア、2着1番人気アーモンドアイ、3着2番人気インディチャンプでした。

アーモンドアイが負けてしまうという驚きの結果となりましたが、本命アーモンドアイが2着に敗れたものの、DAIGOは馬券を的中させました。

DAIGOが馬券を的中させたのは、グランアレグリアとインディチャンプのワイド馬券です。

アーモンドアイが断トツの1番人気で配当の旨みを考えて、2番人気と3番人気のワイドを買っていたのはさすがです。

ワイドの配当は590円と、人気どころの馬券にしてはそれなりの配当となりました。

本命馬に囚われずに、本命馬以外でワイド馬券を的中させている点が凄いところです。

予想だけでなく、馬券の買い方が非常に上手いという結果でした。

2-3:2020年日本ダービー

競馬 雨

続いて、競馬の祭典である日本ダービーの予想結果を検証します。

今年の日本ダービーは、2020年5月31日に開催されました。

DAIGOが本命として指名したのは、1番人気コントレイルです。

皐月賞での走りを高く評価して、日本ダービーでも本命としたようです。

レース結果は、1着1番人気コントレイル、2着1番人気サリオス、3着2番人気ヴェルトライゼンデでした。

DAIGOは、コントレイルとサリオスのワイド7,000円を的中させました。

オッズは1.7倍だったため、払い戻しは11,900円となりました。

人気どころの馬券でオッズは低かったものの、しっかりと馬券を的中させたのは評価できる点です。

コントレイルとサリオスは前評判通りの走りを見せ、それをDAIGOは見極めていました。

二頭のワイドを厚くした賭け方をしていたので、自信があったことがわかります。

DAIGOは、競馬の祭典日本ダービーでも見事に的中させました。

今後も、DAIGOの競馬予想から目が離せません。

2-4:2020年オークス

競馬 注意点

最後に、3歳牝馬の頂上決戦であるオークスの予想結果を見ていきます。

3歳牝馬の戦いはデータも少なく難しいので、予想に困っているという方もいるのではないでしょうか。

2020年5月24日に開催されたオークスにおいて、DAIGOは1番人気デアリングタクトを本命にしました。

G1戦線において連続で1番人気を本命にしているので、DAIGOが本命党であることがわかります。

レース結果は、1着1番人気デアリングタクト、2着7番人気ウインマリリン、3着13番人気ウインマイティーという結果でした。

1着は順当な結果でしたが、2着と3着には人気薄の馬が入り馬券的には難しい内容だったと言えるかもしれません。

DAIGOはこのレースで、デアリングタクトとウインマリンのワイドを的中させました。

ウインマリンは7番人気と決して評価が高い馬ではなかったので、DAIGOの予想の凄さがわかります。

1番人気と中穴の馬を上手に絡め、見事に馬券を的中させたのはさすがです。

オッズは7.7倍とワイドの割には良い配当だったので、会心の予想と言えるかもしれません。

競馬をこよなく愛しるタレントDAIGOは、競馬予想の内容にも注目したい存在です。

まとめ

シンガーソングライターやタレントとして活躍しているDAIGOは、競馬好きなことで知られています。

競馬をこよなく愛するタレントとして、数々の競馬番組に出演しています。

現在は、「みんなのKEIBA」のメインMCとして活躍中です。

DAIGOは人気馬を中心にした予想をする傾向があり、今年の日本ダービーやオークスでも馬券を的中させました。

高配当を狙った予想ではないものの、堅い馬券を確実に的中させています。

DAIGOのワイド馬券を駆使した予想には、今後も目が離せません。

DAIGOの気になる予想については、「みんなのKEIBA」から確認できます。

本命党で高い的中率が期待できるDAIGOの予想は、少しずつ資金を増やしていきたいという人におすすめです。

予想を参考にすることで、的中率も上がってくるかもしれません。

DAIGOの競馬予想を確認して、着実に資金を増やすよう頑張ってくださいね。