競馬の軸馬の選び方は?信頼できる軸馬を選ぶ4つのコツ!

1:軸馬とは?軸馬選びは重要?

高知競馬 リプレイ

競馬予想の番組などを見ていて、軸馬という言葉を聞いたことも多いのではないでしょうか。
軸馬は、競馬予想において非常に大事な部分です。

軸馬とは馬券を組み立てるときに、中心にする馬のことです。

例えば、1番の馬を軸馬としたときに、1番の馬から馬連で複数頭に流すというイメージになります。
最も信頼度の高い本命馬が、軸馬となります。

軸馬選びは、馬券の的中率に大きく関わるため重要です。
軸馬を馬券の中心にして買っているので、軸馬のレース結果が馬券の的中に大きな影響を与えます。

競馬予想をするときには、まず信頼のできる軸馬を探す必要があります。
軸馬の選び方の意識を変えるだけで、的中率もアップしてくるかもしれません。

今回は、競馬予想の核となる部分である軸馬選びについて紹介していきます。
信頼できる軸馬を選ぶコツを覚えて、回収率向上に役立ててくださいね。

1-1:軸馬を選ぶメリット

軸馬 結果

そもそも軸馬を選ぶ必要はあるのか、疑問に思う人も多いのではないでしょうか。

厳密に言うと、必ずしも軸馬を選ぶ必要はありません。
軸馬を選ばなくても馬券は買えるので、軸馬を選ばずに馬券を組み立てるという方法もあります。

軸馬を選ばない場合の買い方として多いのがボックス買いです。
ボックス買いは選んだ馬の全ての組み合わせを購入する買い方で、軸馬かどうかに関わらず組み合わせを買うことになります。

軸馬を決めずに馬券が買えるので、気軽に予想できる馬券と言えるかもしれません。

ただし、ボックス買いは選ぶ馬が増えてしまうと、購入点数が多くなってしまうというデメリットがあります。
購入点数が多くなると投資金額も増えてくるので、高配当を的中させなければいけません。

長期的に見てプラス収支にするためにも、できるだけ買い目を絞ることが重要になってきます。

そこで、買い目を絞るために必要となるのが軸馬です。

軸馬を中心に馬券を組み立て、軸馬が絡まない馬券を買わないことで点数を絞ることができます。

自分の予想方法が間違っていなければ的中するという買い方であり、予想力も試されます。
軸馬を選ぶのが上手になれば、的中率が上がるというのもメリットの一つです。

三連単などは組み合わせも多くなり、軸馬を決めなければどう馬券を組み立てていいか見当もつきません。

競馬予想においては軸馬を選び、筋の通った馬券を買うのが大事になってきます。
レースの予想をするときには、常に軸馬をどの馬にするか選ぶことを意識するようにしてください。

2:競馬で勝つために軸馬を選ぶ4つのコツ

札幌競馬 オッズ

軸馬選びは、的中率に大きく関わってきます。

軸馬が馬券に絡んでいるかどうかで、競馬予想の力がわかると言っても過言ではありません。
競馬で儲けるためにも、確実に馬券に絡む馬を探し出せるようにしたいところです。

そこで、競馬で勝つために意識しておきたい軸馬選びのコツについて紹介していきます。
軸馬選びの際の参考にしてくださいね。

2-1:逃げ・先行馬から選ぶ

函館記念 配当

軸馬を選ぶときには、脚質について考慮しておく必要があります。
脚質はレース結果に大きく影響を与えるので、競馬予想には欠かせない予想ファクターの一つです。

軸馬はできるだけ逃げ・先行馬から選びたいところです。
競馬は本質として、逃げ・先行馬が有利となります。

内ラチ沿いを回れる逃げ馬は、距離のロスも少ないのでスタミナの消耗を抑えることができます。

後方にいる馬は進路のない内側を通るか、大外を回るかを選ばされるので成績が安定しません。

極端に直線の長い新潟競馬場などは別になってきますが、基本的にはどの競馬場でも逃げ・先行馬の成績が良いという傾向があります。

差し・追い込み馬は、前に行く馬次第で上位に来れるかも変わってきます。

前の馬がバテずに最後の直線でもしっかりと走ることができれば、後方にいる馬はいくら凄い末脚を使っても届きません。
ペースや前の馬の余力次第であるという点で、軸馬としては信頼できない部分があります。

軸馬は、少しでも馬券に絡む可能性の高い馬から選ぶのが大切です。

差し・追い込み馬よりも不利の受けにくい、逃げ・先行馬が軸馬には向いています。

特に人気馬は安定した成績を残しているので、上位人気の馬を軸馬にすることで的中率も上がってくるかもしれません。
出走馬の脚質も確認しながら、軸馬選びを効率的に行ってください。

2-2:有利な枠順から選ぶ

UHB賞 結果

競馬予想では、枠順も考えた予想をするのが大事になってきます。

枠順は出馬投票締め切り後に、抽選で決められます。
抽選で決められるので、人気馬であっても好きな枠を選ぶことはできません。

インコースから番号の若い順に並べられ、最も内側の枠番が1番で、最も外側の枠番が8番です。

競馬においては、原則として内枠が有利だという傾向があります。
陸上のトラックをイメージするとわかりやすいのですが、内側を走るのは距離のロスを防ぐことができ、同じ速度で走っていても内側の方が速く走れます。

枠順が内枠の馬は、内ラチ沿いという絶好のポジションをすんなり確保できるので有利です。

外枠から内側の良いポジションを取ろうとすると、斜めに走らなければいけません。
内側を取れずにコーナーを迎えることで、距離のロスがさらに発生してしまいます。

特に18頭立てのフルゲートでは、大外の馬はスタートで不利な状態と言えます。
実力のある人気馬だとしても、馬券圏外へ沈んでおかしくありません。

内枠は逃げ・先行馬にとって、特に条件の良い枠です。
外枠からのスタートのように斜めに走る必要がないので、すぐにスピードに乗ってハナを切ることも可能です。

軸馬を選ぶときには、内枠で前に行ける馬が狙い目となります。

ただし、新潟競馬場のように最後の直線が長いコースでは、枠順によるアドバンテージが無くなるケースもあります。

各競馬場の枠順別成績を前もって調べておくことも大切です。

枠順を加味した予想で、信頼度の高い軸馬を探し出してください。

2-3:展開を予想する

競馬 放馬

競馬予想の精度を高めるために重要なのが、レース展開を予想することです。
競馬は展開一つで結果も大きく変わってきます。

レース展開に泣かされて、1番人気の馬が負けてしまうということも珍しくありません。

展開を予想することが的中率アップにも繋がるので、レース展開を予想する意識は常に持っておきたいところです。

レース展開を予想するのに大事になってくるのが、逃げ馬の頭数です。
逃げ馬が多いと先行争いも激しくなり、ハイペースとなります。

逆に逃げ馬がいないと先頭に譲り合って、スローペースとなる傾向にあります。

出馬表を見て、まずは逃げ馬の頭数をチェックするようにしてください。

軸馬を選ぶときには、レース展開に合った脚質であるかを判断する必要があります。

ハイペースの場合は前にいる馬がスタミナを消耗してしまい、後方にいた馬が上位に来やすくなります。

逆に、スローペースとなれば、前にいる馬が余力を残しているので後方からの追い込みも届きません。
スローペースになることが有力なときには、逃げ・先行馬を狙うのが基本です。

展開を予想し、有利となる脚質の馬を軸馬にするようにしてください。

【関連記事】

2-4:リーディング上位の騎手を狙う

勝利騎手 インタビュー

競馬予想では、騎手も重要な要素の一つです。
リーディング上位の騎手は、勝率や連対率も高いので積極的に狙いたいところです。

良い騎手は実力があるのはもちろんですが、馬主や調教師からの信頼度も高く勝ちやすい馬に乗せてもらえます。

リーディング上位の騎手が乗っているというだけでも、警戒が必要になってきます。

特に若手騎手から、リーディング上位騎手の乗り替わったときに注目です。
前走で負けていても、素質の高さが評価されて良い騎手が乗っている可能性があります。

上手い騎手はレース展開の予想にも優れていて、有利なポジションを取れるのも魅力です。

軸馬はリーディング上位の騎手の中から選んだ方が、馬券の信頼度も増します。

リーディングジョッキーのランキングは常にチェックし、成績の良い騎手を狙うようにしましょう。

【関連記事】


まとめ

競馬予想をするときには、まず軸馬を決めることが基本です。
軸馬を決めなくても馬券は買えますが、軸馬を決めた方が効率よく馬券が買えます。

軸馬が馬券に絡めば的中というわかりやすい図式になるので、予想も楽になるというメリットがあります。

軸馬選びは的中率に大きく関わってくるので、軸馬選びのコツを理解しておくことも大切です。

軸馬を選ぶときには、安定した成績を残している逃げ・先行馬から選ぶのがおすすめです。
競馬場によっては枠順による有利不利もあるので、有利な枠に入った人気馬を軸馬にするのも良い方法と言えるかもしれません。

レース展開の予想も欠かさずに行って、精度の高い軸馬選びで的中率を高めて利益を出してくださいね。