競馬で全通り買ったらどうなる?儲かるのか実例を元に検証!

1:必ず的中する全通り買い

競馬予想 赤ペン

競馬ファンなら誰もが興味を持ったことがあるのが、馬券を全通り買うことです。
全通り買いなら必ず的中し、高配当が飛び出せば大金を手にする可能性もあります。

三連単の配当でも、過去に1000万円を超える配当が飛び出たこともありました。
1000万円を超える配当の場合、誰も予想していないような穴馬が上位に食い込んでいます。
そのため、予想を的中させることは簡単ではありません。

しかし、全通り買いなら、人気薄の穴馬が上位を占めても的中させることができます。
普段は買えないような馬券も買っているので、あっと驚くような結果も期待できるかもしれません。

今回は、ロマンがたっぷりと詰まった競馬の全通りについて紹介していきます。
儲かるのかどうかを実例を元に検証してみたので、興味のある方は是非読んでみてください。

【関連記事】


1-1:全通り買いのときの点数

3連単 馬券

全通り買いは必ず的中するといっても、問題はその点数です。
全通り買いたくても、点数が多すぎて買えないと思っている方も多いのではないでしょうか。

現在の中央競馬のフルゲートは18頭で、馬券の種類によって全通り買いの点数は異なってきます。
単勝・複勝の全通り買いはそれぞれ18点で、馬連・ワイドについては153点となります。
さらに、馬単の全通り買いは306点、3連複は816点、3連単は4896点です。

3連複、3連単になると一気に点数が増えることがわかります。
馬券は100円からの購入なので、3連複を全通り買いしたときの購入金額は81,600円で、3連単のときは489,600円になります。

そのため、3連単の全通り買いは簡単にすることはできません。
この金額にためらってしまう方がほとんどなのではないでしょうか。

全通り買いは必ず的中する買い方ですが、リスクがある点は覚えておきたいところです。

2:3連単の全通り買いについて検証してみた

フォーメーション 赤ペン

全通り買いは購入金額的にもなかなかできない買い方ですが、実際に儲けることができるのならやってみたいという方もいるでしょう。
特に、3連単の全通り買いは、高配当も期待できるので注目を集めることが多いです。

そこで、3連単の全通り買いについて、実際のレースをもとに検証してみました。

2-1:2020年日経新春杯

競馬場 様子

まずは、直近に開催された重賞の日経新春杯について検証してみます。
こちらは14頭立てとなっていたので、3連単を全通り買いすると点数は2184点となります。
そのため、1点100円で購入した場合に、購入金額は218,400円です。

レース結果は1着2番人気「モズベッロ」、2着5番人気「レッドレオン」、3着11番人気「エーティーラッセン」でした。
3連単の配当は110,680円となっていて、全通りした場合の購入金額は218,400円だったことから、収支はマイナス107,720円となります。

やはり、全通り買いでの大きなポイントとなるのは、配当がどれくらいの高配当になるかです。
今回のレースでは11番人気という低評価の馬も馬券に絡んでいますが、1着と2着は比較的堅い結果と言えます。
穴馬が1頭馬券に絡む程度では、プラス収支は不可能です。

2020年日経新春杯での結果以上に荒れたレースになるかがポイントになるので、全通り買いをする際にはその見極めが重要かもしれません。

2-2:2020年愛知杯

マークシート ペン

次に、2020年愛知杯について検証していきます。
愛知杯は牝馬限定のハンデキャップ重賞なので、非常に予想が難しいレースです。
荒れるイメージも強いレースなので、全通り買いをしてみたいという方も多いでしょう。

2020年愛知杯のレース結果は、1着9番人気「デンコウアンジュ」、2着5番人気「アルメリアブルーム」、3着11番人気「レイホーロマンス」でした。
4番人気以内の馬が全て馬券圏内から外れ、荒れた結果となっています。
3連単の配当は、なんと598,880円にもなりました。

16頭立てのレースだったため、全通り買いしたときの馬券購入金額は336,000円です。
払戻金が598,880円なので、262,880円のプラスという結果になります。
何も考えずに全通り買いしていれば、20万円以上の利益を得ることができたのです。

これだけ荒れるレースとなれば、全通り買いでもプラス収支にすることは可能です。
馬券の購入金額は増えてしまいますが、それ以上に払い戻しが大きくなるかたポイントになります。

3:全通り買いは儲かる?

大井競馬 払い戻し

全通り買いは必ず的中しますが、点数が大きくなって購入金額が増えてしまいます。
特に3連単はかなりの点数になってしまうので、高配当とならなければ的中してもトリガミとなってしまいます。

検証した内容からもわかりますが、全通り買いは必ず儲かるというわけではありません。

全通り買いには利点もありますが、それなりのデメリットもあるのです。
そこで、全通り買いをしたときのメリットとデメリットについて考えてみます。

全通り買いをするのなら、それぞれを理解した上で行うことが大切です。
メリット・デメリットをそれぞれ理解していないと、後で後悔してしまうことになるかもしれません。

全通り買いをするかどうか迷っている方もいると思いますので、是非参考にしてみてください。

3-1:全通り買いのメリット

馬単 的中

全通り買いの大きなメリットは、どんなレース結果でも的中させることができるという点です。
全ての通りを買っているので、馬券が外れるということはありません。

全通り買いの魅力は、誰もが予想していないような馬券も買っている点です。

過去に3連単の配当が1000万円を超えるようなレースもありましたが、この結果を見ると人気薄の馬だけで上位を占めていて普通に予想をしていては馬券を的中させるのが難しいと感じてしまいます。

ところが、全通り買いをしていれば、そういった場合でも的中させることができ、運が良ければ大金を手に入れることもできます。
競馬では高配当が飛び出しニュースになることも珍しくないので、非常に夢のある買い方です。

荒れるレースであるかを判断できれば、稼ぐことも可能かもしれません。
荒れるかどうかの判断に自信があるという方には、メリットがある買い方と言えます。

3-2:全通り買いのデメリット

単勝 全通り

全通り買いは、もちろんメリットだけではありません。
デメリットとして理解している方も多いと思いますが、馬券の購入金額が高額であるという点が挙げられます。

単勝なら全通り買いしても点数を抑えられますが、高配当はあまり期待できません。
ほとんどの競馬ファンが興味を持っているのが3連単の全通り買いだと思いますが、18頭のフルゲートだった場合に点数は4896点となってしまいます。
馬券は100円からの購入になるので、1点100円で計算した場合に馬券購入費は489,600円です。

これだけの大金を1レースに使うということは、簡単にはできません。
また、プラス収支にするためには、50万円以上の払い戻しとなる必要があります。
人気薄の馬で上位を占めることができれば3連単の配当が50万円を超えることもありますが、堅い決着になってしまうと大幅な損失を出してしまいます。

全通り買いは馬券の購入金額が大きくなってしまう分、非常にリスクがある買い方です。
それでも、レースによってはプラス収支となる可能性もあるので、リスクがあるということを承知の上で全通り買いを検討してみてください。

4:WIN5の全通り買いはどうなる?

馬連 全通り

全通り買いを行うなら、高配当を狙う必要があります。
高配当といえば何と言ってもWIN5で、WIN5での全通り買いが気になっている方もいるのではないでしょうか。

WIN5対象レースがすべて18頭立てだった場合に、必要な金額は1億8895万6800円です。
頻繁に高配当が飛び出すWIN5ですが、約1億9000万円の支出はさすがに無理があります。
とても現実的な数字とは言えません。
WN5の全通り買いは試したくても、試すことができないほどの点数になっているのです。

高配当が頻繁に飛び出すWIN5でも配当が1億を超えることは、それほど多くはありません。
約1億9000万円の馬券を購入してしまうと、とんでもない負債を抱えてしまう可能性もあります。
WIN5の全通り買いについて魅力的に感じている方もいるかもしれませんが、かなりのリスクを伴っています。

【関連記事】


5:低投資で高配当が見込める!オススメの競馬予想サイト5選

全通り買いは、必ず当たる代わりにかなり高額な軍資金が必要です。

紹介したように荒れるレースであれば利益をあげられますが、高確率でトリガミとなってしまします。

競馬で効率よく、効果的に稼げる方法があることをご存知でしょうか?

それは競馬予想サイトを利用すること!

競馬予想サイトでは、競馬に精通したプロの馬券師の馬券予想を受け取ることができます。
つまり、自分で予想することなくプロの予想で勝負できるのです。

実際に競馬初心者がプロの予想通りに購入し、3連単で50万円を超える配当を獲得しているケースも珍しくありません。
競馬で効率よく稼ぎたい人にオススメの競馬予想サイトを紹介します。

投稿!!うまライブ

うまライブ

的中率、回収率ともに高く、10万円以上の配当が頻繁に当たっている競馬予想サイトです。

オススメしたいポイントは、「的中ボイス」という掲示板があること。

実際に予想を購入した人の声を確認できるので、ねつ造などの心配もなく、予想購入の参考にできます。

また、不的中時には「全額保証サポート」という安心の保証制度もあります。

あしたの万馬券

あしたの万馬券

「あしたの万馬券」は、比較的新しい競馬予想サイトながら、「的中者が続出している」と話題のサイトです。

他のサイトに比べて「1レース辺りの軍資金が5000円」と、馬券購入代金が安いところが最大の魅力でしょう。

低リスクで数万~数十万円の配当を狙うなら、このサイトがオススメです。

令和ケイバ

令和ケイバ

令和ケイバは当たりやすい南関東競馬で軍資金を貯め中央競馬で大きく勝つ独自のゴールデンルートを競馬予想サイトで初めて確立したサイトです。

口コミでは「平日公開の地方競馬の無料予想がめちゃくちゃ当たって軍資金が貯まった!」と評判です。

計画的に競馬予想サイトを使って稼ぎたい方におすすめしたい競馬予想サイトです。

LAP競馬

LAP競馬

「無料情報がめちゃくちゃ当たる!」との口コミが多数見られるのが「LAP競馬」です。

無料情報の評価が高いだけでなく、有料情報もコンスタントに当たるとの口コミも。

毎日もらえる無料情報で利益獲得している人や、サイト内の掲示板を活用して有料情報で大きな配当を手にする人も。

LAP競馬を使えば毎日利益獲得のチャンス!競馬で安定して勝ちたい人にオススメです。

すごい競馬

すごい競馬

すごい競馬は”たった3,000円の馬券代”でこれまで2,000本以上の万馬券を当てているリピーターの多い安定した競馬予想サイトです。

少ない資金で万馬券と有料予想の精度は折り紙つき。

しかし、どちらかというと無料予想の精度のほうが評判が高く、口コミでは「90%以上の確率で無料予想が当たる」と話題です。

「とにかく当たりまくる無料予想が見たい!」という方はすごい競馬をおすすめします。

まとめ

全通り買いをすることは、多くの競馬ファンの夢でもあります。
必ず的中するので大穴が上位に来るような馬券でも的中させられるのがメリットで、思わぬ高配当も期待できるかもしれません。

全通り買いは馬券の種類によって点数が変わってきますが、3連単の場合は18頭フルゲートで4896点になります。
馬券購入金額は489,600円となるので、約50万円の支出となってきます。
そのため、プラス収支にするためには、50万円以上の配当でなければいけないのです。

3連単の配当が50万円を超えることも珍しくはありませんが、場合によっては数千円程度の堅い決着になることもあります。
そのようなレースで全通り買いをしてしまうと、大きく負けてしまうことになるのです。

全通り買いは荒れそうなレースでは特に魅力的に感じてしまいますが、大きなリスクを伴うのも事実です。
全通り買いするときには、リスクがあるという点も頭に入れておいてください。