当たる競馬予想サイト

シンエンペラー次走は弥生賞に決定、前走ホープフルSでは2着と初黒星

更新日:

前走ホープフルSでは惜しくも2着となってしまったシンエンペラーですが次走は弥生賞です。

シンエンペラーの血統や次走に期待することみついて詳しく解説。

シンエンペラーの今後の活躍も追っていきます。

人気重賞レースに向けて軍資金集め最強の競馬予想サイトはこの3つ!

競馬予想サイトでお困りなら当サイトがおすすめする予想サイトで毎日稼ごう!


競馬予想サイト「有料予想」トライアル実施中!!TOP3

シンエンペラーの次走はG2弥生賞

シンエンペラーの次走弥生賞です。

11月の東京デビューから3戦2勝重賞タイトルを奪取したシンエンペラー。馬主はサイバーエージェントの藤田晋氏。管理するのは矢作芳人調教師と、話題性の大きな馬です。

前走ホープフルSは1番人気でしたが、レガレイラに着差3/4で惜しくも2着に敗れてしまいました。

無敗の三冠馬コントレイルも通過したホープフルSを突破し、無敗のままクラシックへ駒を進めたかったですがなかなか難しいですね。

そんな前走では2着で敗れてしまったシンエンペラーは次走に弥生賞に出走。経験を多く積みクラシックを目指すようです。

まだまだ若さが目立つので弥生賞ではどの程度成長できているのか注目!

前走ホープフルSの特徴

このレースの成り立ちは少々複雑です。

かつてホープフルSは有馬記念当日に2歳限定のオープン特別として行われてきました。のちの皐月賞馬エアシャカール、ダービー馬ウイニングチケットを輩出したものの、そこまでクラシックに直結するようなレースではありませんでした。

その理由の一つが、その前日、阪神でラジオNIKKEI杯2歳Sが行われていたためです。アグネスタキオン、ザッツザプレンティ、ロジユニヴァース、ヴィクトワールピサなど翌春の主役たちを多く出した西の登竜門的なレースでした。

素質の高い馬たちがラジオNIKKEI杯に向かい、ホープフルSはメンバーがそろわない年も多くありました。

2017年からJRAは有馬記念後の12月28日に競馬開催を決定。そのメインにホープフルSをすえ、GⅠへ昇格させました。このとき、即GⅠとして施行できるようレーティングやレース回数などは、ラジオNIKKEI杯2歳Sから移し、レース名をホープフルSとしたのです。ラジオNIKKEI杯から歴史を、名称をホープフルSから受け継いだ、それが現在のホープフルSです。

GⅠ昇格後もサートゥルナーリア、コントレイルとクラシックホースを送り、負けた馬のなかにも、パンサラッサ、タイトルホルダー、ジャスティンパレスとGⅠ馬が多くいます。

ホープフルSで騎乗するのはB.ムルザバエフ騎手

前走ホープフルSでシンエンペラーに騎乗したのはB.ムルザバエフ騎手です。

デビュー戦は横山武史騎手、京都2歳SはJ.モレイラ騎手が騎乗しました。モレイラ騎手は期間終了のため帰国。武史騎手も先約があり(結局、回避)、今回はムルザバエフ騎手が手綱をとります。

ムルザバエフ騎手はカザフスタン生まれでドイツを拠点に騎乗する若手トップジョッキーです。ドイツリーディングは2020~22年1位。ドイツを代表する騎手でもあります。

昨年、JRAの短期免許をはじめて取得し、このホープフルSを14番人気ドゥラエレーデで勝利し、GⅠ初制覇。前評判通りの腕達者ぶりを披露しました。

ホープフルSでのB.ムルザバエフ騎手からのコメント

シンエンペラーという馬の個性をつかむために、ホープフルSで騎乗したB.ムルザバエフ騎手のコメントを紹介します。

「一頭になるのが少し早かった。最後に外から来られたときもファイトしてくれましたが、もうそこがゴールでした」

勝ち馬の展開の馬さが目立ったレースでしたね。
最後の追い上げにも反応はできていたので、まだまだ伸びしろはある馬でしょう。

シンエンペラーの過去レース成績

これまでの成績イメージ競馬

ここではシンエンペラーのレースのうち、重賞の京都2歳SとホープフルSを紹介します。

これぞマジックマン!巧みなコース選択で差し切りV

序盤は後方待機。1コーナーでダノンデサイルに進路を消されると、迷わず、ラチ沿いに切りかえ、レースを進めます。残り1200m地点からモレイラ騎手は手綱を静かに動かし、シンエンペラーに前へ行くように促します。

このレース、後半800mから12.0-11.9-11.9-12.1と流れ、ロングスパートを要求される形になりました。シンエンペラーもこれに呼応すべく、モレイラ騎手が促しますが、コーナーでの加速が得意ではないのか、手応えはよくみえませんでした。

それでも直線は馬群を縫うように伸びてきました。反応が悪くても、最後までしっかり末脚を使える走りにスタミナを感じました。勝負所の反応と直線の走り、このギャップはいかにも未完成といった印象がありましたね。

1番人気となったホープフルS

前走ホープフルSではゴンバデカーブースが出走取り消しになり、人気が割れていましたが、レガレイラとその人気分を取り合う形に。

1番人気となったシンエンペラー観衆の期待を乗せ出走。
リズムよく先行していき、早いタイミングで先頭に立ちます。
しかし、ゴール前でルメール騎手のレガレイラを前に敗北

このことに対して騎手を務めたB.ムルザバエフ騎手も、先行して一頭になったのが早すぎたとコメントしていることもあり立ち回りが早すぎたのが原因のようです。

まだまだ若いので今後に期待ができる走りだったでしょう。

シンエンペラー能力分析済み!予想おすすめサイトえーあい

これまでシンエンペラーの過去レースについて分析しました。

この結果を踏まえてシンエンペラーが次走でどのような結果になるのか楽しみですね。

しかし馬券購入をするとなったらシンエンペラーを応援しつつ的中させたいところです。

こちらの章で紹介するサイトを参考にしてみてください!

AIを駆使した最強の馬分析サイト

私がオススメする予想サイトは「えーあい」です。

こちらのサイトはAIに馬のこれまでの成績を学習させ、人間が予想するよりも遥かに高い分析力で予想することで的中させることを可能にした、これまでに類を見ないサイトです。

AIにシンエンペラーの過去のレースを分析をさせることで的中に導いてくれるでしょう。

えーあい

えーあい!
「えーあい」は、完全自動学習システム「AI」を利用した競馬予想サイトです!
そのため、人間では実現できないほどの高い的中率を実現しています。
ここまで最先端のAI技術を詰め込んだ競馬予想サイトは他にはありません。

口コミ
Chat GPTのニュースを見て競馬の予想ができるAIもあるのでは?と探していたのえーあいを使ってみました。
AIに学習させてしまえば、競馬予想くらい造作もないみたいですね。
簡単に稼げますし、AI予想競馬投資は流行りそうな気がします。
口コミ
競馬のAI予想人気ランキングで1位でしたので利用してみました。2レース分の予想をして頂いて2レースとも大当たりで合わせて42万円です。
綺麗な馬を見るのが好きな”見る専”の競馬ファンでしたが、予想を頼んで馬券を買うのも楽しいですね。ますます競馬が好きになりました。

名前の由来

競走馬基本データ

シンエンペラーの馬名由来について解説します。

馬名由来は「真の皇帝」「新しい皇帝」です。

シンエンペラーの血統

日本では珍しいフランス産馬ですが、血統は日本のファンにもなじみがあります。

母Starlet’s Sisterといえば、凱旋門賞を勝ったソットサス、ブリーダーズCフィリー&メアターフなどGⅠ7勝の名牝シスターチャーリーと同じです。

シンエンペラーはこれら良血の弟にあたります。全兄に凱旋門賞馬がにいるということは、将来へ期待したくなりますね。

また、父シユーニは現役時代、7ハロンのGⅠを勝つなど、短距離で活躍しました。産駒からはマイルGⅠ馬も輩出する一方、アイリッシュチャンピオンSなどを勝ったセントマークバシリカやソットサスのように中距離で大成する馬も目立ちます。

ヌレイエフやデインヒルなどノーザンダンサーのなかでもスピード色の濃い血統ですが、母系によっては中距離馬も出すようです。

母Starlet’s Sisterはガリレオ、サドラーズウェルズと欧州クラシックに強い血を持っています。ソットサスの活躍はこの血の影響でしょう。

当然、シンエンペラーも中距離以上で期待できます。藤田晋氏がフランスでこの血を手に入れたのは凱旋門賞を目標に定めているからでしょう。

ただ、京都2歳Sで反応の悪さを見せたように、日本だとスピード不足の心配もあります。いかにスピードに順応できるか。血統面からの課題です。

ネット民の反応は

こちらの章では、インターネット上のシンエンペラーについての反応をまとめました。

ネット民の反応はこちら

まだまだ気性的に子どもな面や危うさを指摘する書き込みもありましたが、やはり凱旋門賞馬の弟という血統に注目するコメントもみられました。期待感を抱かせる馬ですね。

まとめ

今回はシンエンペラーについて解説しました。
クラシックへの期待はレースごとに高まっていきます。

そのため次走では弥生賞を挟むことで成長を試みているようですね。

しかし、クラシックはここからわずか半年間の勝ち抜き戦でもあります。
勝てば駒を進められますが、負ければ、仕切り直しとなってしまいます。
もちろん、課題が浮き彫りになるなど負け方にもよりますね。

スピードへの対応、小回りでのペースアップなど器用さが必要となる中山芝2000mでどのようなレースを披露するでしょうか。
少なくとも皐月賞を見据えるならば、内容も問われますね。
ただし、シンエンペラーにはクラシックのその先まで期待されています。

それは凱旋門賞です。

日本のスピード競馬と欧州のタフな競馬
そのどちらにも対応する難しさは、日本の競馬ファンもよく知っていることでしょう。

シンエンペラーは二刀流となるのか。たとえ、日本のスピード競馬で力を発揮できなくても、凱旋門賞で実力を示すかもしれません。
もちろん、凱旋門賞を目指すのであれば、日本のクラシックでの走りも大切になってきます。

つまり、まず基本的な性能を示すことが先決です。陣営もそう考え、クラシックに挑戦していくのではないでしょうか。
日本のスピード競馬に慣れすぎると、欧州で通用しない可能性もあり、そこは難しいところです。

そういった意味では、極端に時計が速くならず、直線に急坂がある中山は適性を示す最高の舞台です。

前走でのパフォーマンスはシンエンペラーの将来に影響するものでした。
若さが目立つレースでしたが最終ゴール目前レガレイラが追い抜こうとした瞬間に走り方が変わったことも今後が期待できる脚の持ち主だと感じます。

競馬で勝つなら競馬予想サイト!的中率最強ランキングTOP3

おすすめの競馬予想サイトランキング画像 500以上の競馬予想サイトを検証し、よく当たる最強ランキングTOP3を割り出しました!

無料と有料では的中金額や的中率に大きく差が出ます。

当記事のご覧になった予想と併せてご利用してみるのも競馬での収入アップにつながるかもしれません!
気になった方は下記の内容をご覧になってから、公式サイトをご覧になって下さい。

オススメ①:トッカ

競馬予想サイトトッカアイキャッチ 競馬予想サイトトッカとは、会場特化型の競馬予想サイトです。

予想する会場を厳選し、情報の調査を集中させることで、情報の精度を底上げしています。

中央競馬だけでなく、地方競馬にも特化しており、どこよりも高精度な予想を提供しています。
今週の的中情報
情報名スパイダーウェブ
日程2024/04/292024/04/23
レース名船橋4R 金沢4R
点数3連単16点3連単48点
払戻金額 1,243,260円 1,824,000円
合計払戻金額3,067,260円

オススメ②:万馬券RUSH

万馬券RUSHサイトトップの画像 万馬券RUSHは、中央競馬予想をメインとした最新の競馬予想サイトです。

競馬はパチンコ等の機械相手ではなく、馬という生き物を予想するため生き物が走る競技だからこそ、明確な攻略法が存在すると断言する予想に自信を持った最新鋭サイトです。

さらに、業界最多予想提供×馬券代業界最安値で最強クラスのコスパサイトとなっています。
今週の的中情報
情報名アルティメット
日程2024/04/282024/04/29
レース名新潟8R新潟9R
点数3連単4点3連単4点
払戻金額 1,067,220円 1,680,480円
合計払戻金額2,747,700円

オススメ③:えーあい

競馬予想サイトaiサムネイル画像 えーあいは、最新AI技術を競馬予想に活用した競馬予想サイトです。

リリースから大人気で2023年登録者数No.1!毎日100人単位で会員が増え続けています。

情報量が少ない地方競馬こそ、AIの超データ分析が活躍しています。
今週の的中情報
情報名トワイライト・マジック
日程2024/04/262024/04/28
レース名佐賀9R佐賀5R
点数3連単4点3連単24点
払戻金額 879,600円 278,800円
合計払戻金額1,158,400円

LINE公式アカウント開始!友達追加でお得な情報を先取り!

当たる競馬予想サイトでは皆様にご愛読いただき、遂に公式LINEを開始致しました!

公式LINEではこれまでより簡単に予想記事が見れるほか、最新記事をいち早く公開中です!

LINEID:@328zfspx
line登録画面友達登録はこちら
Copyright © 当たる競馬予想サイトで儲けたい All Rights Reserved.