爆笑問題 競馬

爆笑問題「田中裕二」競馬予想で797万円的中!大穴予想の秘訣

1:爆笑問題「田中裕二」とは

爆笑問題 予想

皆さんは、漫才コンビ「爆笑問題」の田中裕二をご存知でしょうか。

田中裕二の漫才コンビ「爆笑問題」のツッコミ役で、「そんなわけねぇだろ!」「やめろよ!」などのストレートなツッコミをする芸風で人気を博しています。アドリブによるボケに対しても瞬時にツッコミ、頭の切れが良い芸人として有名です。

お笑いのファンから高く評価されている田中裕二。彼は、競馬ファンからも評価の高い芸人として知られています。

田中裕二が初めて競馬場に行ったのは1987年の天皇賞(秋)で、ニッポーテイオーが圧倒的なスピードで他馬を置き去りにしたレースです。

1987年から競馬を見てきた田中裕二は、かなり競馬に詳しい芸人と言えるかもしれません。田中裕二が多くの競馬ファンから注目を集めているのは、過去に高配当を的中させたことがあるからです。

高配当を的中させるその予想方法などが注目を集め、田中裕二の予想が気になっている競馬ファンも多いでしょう。

そこで、今回は漫才コンビ「爆笑問題」のツッコミ役として知られている田中裕二の予想の秘訣とその予想が見られる番組などの情報を紹介します。

1-1:爆笑問題「田中裕二」の予想方法は人気薄を狙う大穴狙い

爆笑問題 オッズ

競馬好きの芸人として有名な田中裕二の予想方法は、人気薄を狙う大穴狙いです。

田中裕二が狙う人気薄は、ただの人気薄ではありません。いわゆる大穴と呼ばれる馬を狙い、100万円以上の高配当を狙っているのです。

例えば、馬連の配当が10倍から20倍代になってしまうレースでは、あまり的中をさせていません。

これは、田中裕二がもっと高配当を狙った予想をしているからです。

2019年6月2日に行われた安田記念はアーモンドアイとダノンプレミアムの2強対決で騒がれていましたが、田中裕二は本命をアエロリットに指名しました。そのことからも、普段から人気馬を避けた馬券の買い方をしていることがわかります。

11番人気のロジクライや12番人気のスマートオーディンにも印を打っていて、的中すれば高配当を手にすることができたでしょう。

ハマれば大金を手にすることができる予想方法なので、夢のある馬券の買い方をしていると言えます。

2:爆笑万馬券「田中裕二」・皐月賞で797万円の万馬券的中

爆笑問題 新聞

爆笑問題の田中裕二が注目されているのは、ただ人気薄を狙った予想をしているからだけではありません。

田中裕二はなんど、過去に797万円の万馬券を的中させたことがあるのです。

797万円の配当金を手にしたのは、2007年4月15日に開催された皐月賞です。このレースでは1着に7番人気のヴィクトリー、2着には15番人気のサンツェッペリンが入り、3連単の配当は160万円を超える結果となりました。

田中裕二はこのレースで、3連単200円と馬連5000円を的中させたのです。797万円もの配当金を手にすることは、簡単なことではありません。

この的中をきっかけに、多くの競馬ファンから注目を集めることとなりました。その後のインタビューでも「万馬券はけっこう当てています」とコメントするなど、田中裕二は競馬予想に自信を持っている芸人です。

皐月賞で797万円を的中させたその手腕は、競馬ファンの憧れとなっています。

2-1:2019年皐月賞では不的中

爆笑問題 画像

2007年の皐月賞で797万円もの大金を手にした田中裕二ですが2019年の皐月賞では残念ながら不的中という結果に終わりました。

田中裕二が2019年の皐月賞で本命にしていたのは、13番人気のブレイキングドーンです。13番人気という人気から考えても、的中していれば高配当だったことがわかります。

対抗にしていたのは4番人気のヴェロックスで、ヴェロックスは惜しくも2着に敗れました。

しかし、対抗にしていた4番人気の馬がしっかりと2着に入っているので、予想が大きく外れていたわけではありません。ブレイキングドーンは13番人気という大穴だったことから、外れても仕方がないと言えます。

田中裕二のように13番人気の人気薄を本命にすることは、簡単なことではありません。過去に797万円の配当金を手にできたのは、今回の皐月賞のように13番人気の大穴でも本命にできる意志の強さを持っているからです。

穴党にとっては、田中裕二の馬券の買い方が非常に参考になります。

田中裕二の馬券を参考にして、高配当的中の秘訣を手にしてください。

3:爆笑問題「田中裕二」の競馬予想を見られる新聞と番組

爆笑問題 競馬予想

田中裕二は過去に797万円の高配当を的中させた芸人なので、その競馬予想が気になっている方も多いかもしれません。競馬予想をどこで見ることができるのか知りたいという競馬ファンもいるでしょう。

田中裕二は2007年の皐月賞で797万円の配当金を手にして、これは様々なメディアでも大きく報じられました。それからは競馬関係の仕事も増え、メディアで予想を公開することも多くなっています。

田中裕二の予想は、誰もが本命にできないような人気薄の馬を本命にするので無視できません。そこで、爆笑問題「田中裕二」の競馬予想を見られる新聞と番組などを紹介します。

3-1:東スポで競馬予想コラムを連載

過去に高配当を的中させた田中裕二の注目の競馬予想は、東スポで見ることができます。田中裕二は東スポで競馬予想コラムを連載していて、自信の予想を公開しているのです。

東スポでの田中裕二の競馬予想コラム「爆笑問題田中裕二の爆勝予想」は多くの競馬ファンから注目されていて、予想の参考にすることができます。「爆笑問題田中裕二の爆勝予想」のコラムで注目されている馬を馬券に絡めれば、高配当が期待できるかもしれません。

「爆笑問題田中裕二の爆勝予想」は2011年5月から連載されていて、連載初回に予想を当てたことでも話題になりました。そのときの配当金は162万円と高額だったことから、田中裕二の競馬予想がどれだけ凄いのかがわかります。

馬券が当たらないと悩んでいる方は、東スポを買って「爆笑問題田中裕二の爆勝予想」をチェックしてみるのも良いかもしれません。高配当的中のヒントとなる予想が掲載されているので、田中裕二の競馬予想コラムは要チェックです。

3-2:日曜サンデーで競馬予想を毎週日曜に放送

田中裕二の予想は東スポの競馬予想コラムだけではなく、ラジオでも聞くことができます。

田中裕二はTBSラジオ爆笑問題の日曜サンデーで、競馬予想を毎週日曜日に放送しています。爆笑問題の日曜サンデーには「田中裕二のサンデー競馬小僧」というコーナーがあり、当日の中央競馬のメインレースを予想しているのです。

注目なのは田中裕二だけでなく、相方の太田光も競馬予想を行っている点でしょう。太田光は単勝、田中裕二馬連などそれぞれの視点から予想を公開しているので、競馬予想の参考にすることができます。

ラジオなら無料で聴くことができるので、気軽に田中裕二の競馬予想を参考にしたいという方におすすめです。当日の予想ということもあり、田中裕二のギリギリまで考えた予想を聴くことができるかもしれません。

気になる方は、TBSラジオ爆笑問題の日曜サンデーもチェックしてみましょう。

4:爆笑問題「田中裕二」の2018年競馬予想結果は78戦15勝

爆笑問題 インタビュー

爆笑問題の田中裕二が797万円の高配当を的中させたのは2007年のことです。10年以上も前のことなので、最近の田中裕二の競馬予想結果が気になっている方も多いでしょう。

そこで、田中裕二の2018年の競馬予想結果を紹介します。

田中裕二の2018年競馬予想結果は78戦15勝で、そのうちガミが5回という結果になっていました。年間のトータル収支については公開されていないのでわかりませんが、2018年7月1日のCBC賞では166,090円を的中させたという点は見逃せません。

高配当を的中させているので、年間のトータル収支がプラスになっている可能性もあるかもしれません。田中裕二は常に人気薄の大穴狙いであることから、78戦15勝という数字は立派だと言えます。

2018年の競馬予想結果も好調だった田中裕二は、2019年も目が離せない存在です。

まとめ

漫才コンビ「爆笑問題」の田中裕二は、鋭いツッコミで人気を博しているお笑い芸人です。お笑い芸人として人気のある田中裕二は、競馬の予想が凄いことでも話題になっています。

2007年の皐月賞では3連単と馬単を的中させ、配当金は797万円にもなりました。これだけの金額を的中させることは、並大抵のことではありません。

ただ人気薄の馬を狙っているだけでは、的中させることができない配当金です。

このレースをきっかけに田中裕二は競馬予想を様々なメディアで公開することになり、多くの競馬ファンから注目されています。田中裕二の注目の予想は、東スポの競馬予想コラム「爆笑問題田中裕二の爆勝予想」で見ることができます。

連載初回に予想を当てたことでも話題になった点は無視できません。また、田中裕二はTBSラジオ爆笑問題の日曜サンデーでも、当日のメインレースの予想を公開しています。

田中裕二は過去に高配当を的中させたことがある芸人なので、気になる方は東スポの競馬予想コラムやTBSラジオ爆笑問題の日曜サンデーをチェックしてみてください。