ヴィクトリアマイル 2021
「一撃で稼ぎたい!」

競馬の醍醐味は、少ない投資金で大きな払戻をゲットすることですよね。
パチンコで大勝しても10万前後ですが、競馬の一撃は一桁違います!

高配当を狙うなら、やはり過去のレースを見て「荒れる可能性があるG1」を狙うべきです。今回紹介するヴィクトリアマイル、10年間で万馬券の本数は2本なので、それほど荒れるレースという印象は薄いかもしれませんが、2本の万馬券はどちらも300倍以上の配当という荒れっぷりです

荒れる時は、とことん荒れるヴィクトリアマイルで、ここから有馬記念までの競馬資金を一気に稼いじゃいましょう!!

過去のデータを検証しながら、2021年のヴィクトリアマイルの予想と展望を解説しています。6分程度で読み終える記事になりますので、是非、予想の参考にしてみてください。

1:ヴィクトリアマイルについて

ヴィクトリアマイルは東京1600mで行われるG1レースです。G1に昇格したのが2009年なので、まだ新しいG1レースになります。

ヴィクトリアマイル1
引用元:JRA

最初は、同じ東京1600で行われる「安田記念」との使い分けが心配されましたが、クラシックの「ダービー」と「オークス」のような感じで使い分けができており、ヴィクトリアマイルの過去の優勝馬の顔ぶれを見ると、錚々たるメンバーが揃っています。

単勝平均が1200円なので、それほど荒れるG1というイメージはないと思います。

現に昨年のアーモンドアイをはじめとして、ブエナビスタやウォッカ、ストレイトガールが人気に応えているシーンを覚えている人も多いと思うので、固いレースと思い込んでいる人も多いかもしれません。

しかし、過去10年で3万馬券、4万馬券が飛び出しており、2015年には3連単で200万円を超える配当を出しているレースですから、穴狙いに徹するのも面白いでしょう。

2:ヴィクトリアマイル【2021年】の出走馬とオッズ

5月11日 20時時点現在のオッズ

グランアレグリア 牝4 55.0 C・ルメール 1.8 1人気
レシステンシア 牝4 55.0 武豊 4.7 2人気
デゼル 牝4 55.0 川田将 16.4 3人気
マジックキャッスル 牝4 55.0 戸崎圭 17.0 4人気
サウンドキアラ 牝6 55.0 松山 24.0 5人気
テルツェット 牝4 55.0 M・デムーロ 24.1 6人気
リアアメリア 牝4 55.0 福永 26.8 7人気
シゲルピンクダイヤ 牝5 55.0 和田竜 41.7 8人気
ダノンファンタジー 牝5 55.0 藤岡佑 55.5 9人気
スマイルカナ 牝4 55.0 柴田大 62.1 10人気
ディアンドル 牝5 55.0 団野 71.6 12人気
マルターズディオサ 牝4 55.0 田辺 87.3 13人気
クリスティ 牝4 55.0 斎藤信 122.2 14人気
ランブリングアレー 牝5 55.0 吉田隼 131.0 15人気
シャドウディーバ 牝5 55.0 未定 146.7 16人気

3:過去10年の傾向から見る2021年ヴィクトリアマイルの5つの傾向

・1番人気の連対率は5割
・阪神牝馬ステークス組の実績が一番
・前走からの距離短縮には要注意!
・逃げ馬は人気でも厳しいかも・・・
・4歳馬が絶対的な中心

3-1:1番人気の連対率は5割

1番人気の連対率5割は、ほぼ平均値ですが、その中にブエナビスタやアーモンドアイがいるので、1番人気が勝つレースというイメージが強くなってるのでしょう。

1番人気の馬は、3勝・2着2回・3着0回なので、飛ぶ時は掲示板にも残らないことが多いです。思い切って切り捨てるか、それでも1番人気を軸にするか、確率5割の勝負にかけるしかありません。

3-2:阪神牝馬ステークス組の実績が一番

2016年に距離が1400mから1600mに延びた阪神牝馬ステークスをステップにしている馬が中心です。2016年からの5年間で4回連対しており、2019年は阪神牝馬ステークス組の2頭がワンツーを決めているので、今年も阪神牝馬ステークス組には注意しなければならないでしょう。

3-3:前走からの距離短縮には要注意!

2000mや2500mからの距離短縮馬の連対率は非常に高いです。まあ、その中に有馬記念後にヴィクトリアマイルに直行したアーモンドアイも含まれているので当然なのですが・・・

大阪杯から参戦したメイショウマンボや、ヴィルシーナなど距離短縮で挑戦する馬はそれほど多くないですが、今年の出走メンバーでも前走から距離短縮している馬がいるならば、注目しておきましょう。

3-4:逃げ馬は人気でも厳しいかも・・・

直線の長い東京コース、距離によっては逃げ馬が有利なものもありますが、東京マイルはやはり、最後の直線で差されてしまうケースが多いです。

10年間で連対できたのはヴィルシーナ1頭だけ、ただしヴィルシーナは、前年に2番手からの追走でヴィクトリアマイルを制覇しているので、展開面が大きく影響する可能性が高いですが、人気上位馬が逃げ馬ならば、思い切って切ってしまい、その分、差し馬をチョイスするのがおススメです。

3-5:4歳馬が絶対的な中心

昔よりも競走寿命は延びましたが、牝馬はいい状態で繁殖に上げたいと言う思いがあるので、ピークが4歳~5歳世代になることが多いです。

ヴィクトリアカップの世代別成績を見ると、勝率&連対率ともに4歳がトップです。次点の5歳世代を入れると、ほぼこの2世代で連対を独占しているので、この世代を馬券から外すのは危険ですね。

4:過去10年からわかる2021年ヴィクトリアマイルの注目馬3頭

グランアレグリアについてはデータ度外視で注目します。その他の2頭は阪神牝馬ステークス組からです。

・グランアレグリア
・マジックキャッスル
・デゼル

4-1:2021年ヴィクトリアマイルの注目馬1頭目:グランアレグリア

ヴィクトリアマイル2
引用:Wikiペディア

圧倒的1番人気になると思われるのがグランアレグリアです。過去10年のデータで距離短縮で挑んでくる馬に該当しています。現在の競馬界では確実にトップクラスの馬なので、過去のデータを度外視しても、抑え馬券にはしておく必要はあるでしょう。

大阪杯と比べたら確実にメンバーが落ちる今回のG1レースは圧勝する可能性が高いです。

前走 大阪杯(阪神)4着
人気 1番人気
騎手 C・ルメール
脚質 先行
東京経験 4戦3勝

4-2:2021年ヴィクトリアマイルの注目馬2頭目:マジックキャッスル

ヴィクトリアマイル3
引用:スポニチ競馬

桜花賞以来のマイル挑戦となった前走では2着。マイル戦の流れでも戦えることが証明されて今回も上位人気に推されています。

阪神牝馬ステークス組の4歳馬!脚質が「差し」ということで、前走で負けたデゼルとともに、ヴィクトリアマイルでも中心になるでしょう。

鞍上が戸崎圭騎手に戻るというのもプラスになる可能性があります。

前走 阪神牝馬ステークス(阪神)2着
人気 3番人気
騎手 戸崎圭
脚質 差し
東京経験 2戦0勝

4-3:2021年ヴィクトリアマイルの注目馬3頭目:デゼル

ヴィクトリアマイル14
引用元:スポニチ競馬

阪神牝馬ステークスを1番人気で快勝!過剰人気か?と思っていましたがそんなことはありませんでした。もともと昨年のオークスではデアリングタクトに次ぐ2番人気だった馬ですから、ようやく復活してきたって感じですね。

オークスでは二桁着順と大敗しましたが、明らかに距離の壁を乗り越えられなかったのが原因です。東京コースの相性もいいので、グランアレグリアを負かすなら、この馬でしょう!

前走 阪神牝馬ステークス(阪神)1着
人気 4番人気
騎手 川田将
脚質 差し
東京経験 3戦2勝

5:データではわからないキサラギによる2021年ヴィクトリアマイルの展望

・最近は1分30秒台の破格のタイムでの決着
・リピーター馬
・人気薄の6歳7歳が穴

5-1:最近は1分30秒台の破格のタイムでの決着

10年前のアパパネ対ブエナビスタの対決が1分31秒9でした。そこから1分31秒~32秒台のタイムでの決着を繰り返していましたが、2019年、2020年の近2走は、1分30秒台の破格のタイムでの決着になっています。

ヴィクトリアマイル5
引用元:Yahooニュース

アーモンドアイ級の馬ならば、早めに前につけても、このタイムで走りぬくことは可能ですが、普通の馬なら先行勢は総崩れになるでしょう。

アーモンドに勝ったグランアレグリアが本物の怪物ならば、先行しても勝てるでしょうが、その他の馬は後方で力を貯めて、一気に爆発するタイプでなければ苦しいです。

5-2:リピーター馬

ストレイトガールやヴィルシーナの連覇。昨年3着だったノームコアもその前の年の1着馬だったように、リピーター馬の成績がいいのもこのレースの特徴です。

近走の成績が悪くても、条件が変わってここならという馬が出てくる可能性は十分あります。全走、高松宮記念で惨敗したダノンファンタジーはリピーター組として怖い存在になるでしょう。あとは、中山牝馬から間隔が開きましたが、シャドウディーバの存在も不気味ですね。

5-3:人気薄の6歳7歳が穴

4歳5歳の連対率は圧倒的ですが、3着に入ってくる人気薄のタイプは、二桁人気の高齢馬が穴馬になります。ワイド馬券や3連単の3着には6歳、7歳の人気薄の馬を入れて高配当を狙うのも面白いです。

6:2021年ヴィクトリアマイルの予想

◎デゼル
◎デゼル
〇グランアレグリア
▲マジックキャッスル
△ダノンファンタジー
△サウンドキアラ

買い目
馬連⑤ー⑥ ①ー⑤ ⑤ー⑪ ⑤ー⑫ ①ー⑥

7:キサラギによる2021年ヴィクトリアマイルの展望

どう考えてもグランアレグリアが断トツの人気馬になるのは仕方ありません。

大阪杯では負けたけど、マイルならアーモンドに勝った馬ですからね。

しかし、ここはデゼルからいきたい!

オークスではレーン鞍上の2番人気で大敗!同じ東京で復活の夢を見させてほしいです。

対抗はグランやマジックキャッスルを外せないので、今年は比較的固い決着になるでしょう。

荒れる可能性があるならば、リピーター組のダノンファンタジーとシャドウディーバの2頭。前に行く可能性が高い2番人気のレシステンシアは思い切って切ります!