更新日:
ストライクゾーン 競馬

ストライクゾーンという競馬の馬券術が気になっている方はいませんか?

ストライクゾーンとは前走データ9つのスポットに当てはめるだけで一目でわかるように可視化し次走の穴馬を導き出す可視化式馬券術です。

当記事では競馬を「見える化」するストライクゾーンの予想は当たるのか?120レースの検証と3つのおすすめ分析機能をご紹介します。

ぜひご参考ください。

ストライクゾーンとは競馬の次走の穴馬を導き出す可視化式馬券術

ストライクゾーンとは競馬月間紙「競馬の天才!」(メディアボーイ刊)で連載され、現在は書籍化もされています。

ストライクゾーンの特徴はなんといっても「可視化」です。

なにごともそうですが的中・不的中問わず「なぜ勝ったのか・負けたのか」原因・要因がわからない成功・失敗が危険です。

ストライクゾーンは以下の前走のデータを可視化するので、次走でどの穴馬が来るのかだけではなく、可視化することで「なぜ外れたのか」に対してもアプローチできるメリットがあります。

  • 着順
  • 3、4コーナーの通過順

上記2つの前走データを9つのスポットに入れると「買うべきどころじゃない」・「消し馬」・「2、3着付けで買う馬」までわかるのです。

【検証結果】ストライクゾーン(ZONE)の馬券術は儲かるのか

ストライクゾーンの競馬予想の的中率は85.8%全120レースで検証

ストライクゾーン 競馬予想 的中率

実際にストライクゾーンの可視化した予想は当たるのか?2021年1月31日に開催された以下の競馬場で開催された120レースで検証しました!

  • 東京競馬場
  • 中京競馬場
  • 小倉競馬場

結果:120レース中103レース的中!的中率に換算すると85.8%でした!

各競馬場別で該当馬(◎・△)馬の的中率をまとめました!

競馬場 該当馬 的中率
東京 26頭中17頭 65.38%
中京 64頭中59頭 92.1%
小倉 30頭中27頭 90%

競馬場別で見ていと東京競馬場を除く「中京競馬場」と「小倉競馬場」で該当馬(◎・△)の的中率が90%を超えるという驚異的な数値が出ました。

ストライクゾーンでの競馬分析で出た予想印は信用できそうですね!

ストライクゾーンで分析できる競馬の〇つ

ストライクゾーン馬券術は競馬新聞とTARGETを使えば、穴馬の可視化をできます。

つまり、TARGETを使い抽出したデータを独自のテンプレートに当てはめることで、分析結果を簡単にまとめることができるのです。

実際に使ってみてストライクゾーンで分析できるおすすめ機能を〇つご紹介します。

  • 該当馬の自動算出
  • フィルタリングによる回収率のアップ
  • 各競馬場・コースの分析

該当馬の自動算出

ストライクゾーンの一番の魅力は該当馬の自動算出です。

各競馬データをTARGETでExcelに起こした後、ストライクゾーン馬券術書籍に乗っている通りパターンに当てはめ計算すると自動で該当馬を算出できます。

  • 前走3角
  • 前走4角
  • 前走着順

フィルタリングによる回収率のアップ

次にご紹介するのが「フィルタリング」機能です。

例えば、これまでの「◎」馬の単複の回収率を出したとします。

結果、単勝回収率・複勝回収率ともに100%切った場合、除外条件を加えてフィルタリングすることによって統計上回収率をアップさせられます。

例えば「単勝オッズ20倍未満」や「前走で2.0秒以上の差をつけられていない」などの条件を追加してフィルタリングすると除外馬を見つけられます。

各競馬場・コースの分析

ストライクジーンでは各競馬場・コースの分析を行えます。

例えば、枠順を固定して「逃げ・先行」・「前走が逃げ・先行」・「前走が差し」と条件を設定していくと該当馬の単複の的中率と回収率を算出できます。

ストライクゾーンは条件設定によって次走の穴馬だけでなく、設定条件によっては各競馬場・コースの分析をおこなえます。

まとめ

以上、ストライクゾーンという競馬の馬券術をご紹介しました。

ストライクゾーンとは前走データ9つのスポットに当てはめるだけで一目でわかるように可視化し次走の穴馬を導き出す可視化式馬券術です。

実際に3つの競馬場でストライクゾーンの該当馬(◎・△)予想印を検証した結果120レース中103レース的中!的中率に換算すると85.8%だったことから、馬券術の中でもおすすめと評価します。

その他にストライクゾーンが競馬予想においておすすめな理由も3つご紹介しました。

  • 該当馬の自動算出
  • フィルタリングによる回収率のアップ
  • 各競馬場・コースの分析

TARGETが使いづらい!という方にぜひおすすめしたい馬券術です。