日経新聞の競馬予想が当たる秘密と無料で見る方法

1:日経新聞と競馬の意外な関係性

日経新聞 一面
皆さんは、日経新聞を読んだことはあるでしょうか。
日経新聞とは日本経済新聞のことで、日本国内の経済を把握するために欠かせない新聞です。
株価欄や経済や産業関係記事が多く、ビジネスマンや経済学に関心のある大学生向けの新聞となっています。

株価や経済についての記事のイメージが強い新聞ですが、実は競馬欄が存在しています。
日経新聞に競馬欄があるということに、驚く方も多いでしょう。
競馬については、系列のラジオNIKKEI(旧ラジオたんぱ)が中央競馬レースの公式実況を請け負っている関係があります。
そのため、日経新聞と競馬の関係性は意外に深いのです。

今回は一日経新聞と競馬の意外な関係性や競馬予想がを見る方法などを紹介していきます。
日経新聞は日本国内の経済を把握するために欠かせない新聞ですが、競馬予想が当たると話題になっています。
日経新聞の競馬予想に注目して、馬券的中を目指してください。

1-1:nikkeiデジタルは初月無料

日経新聞 電子版
最近では新聞をインターネット上で見られるサービスが増えていますが、日経新聞にも同様のサービスがあります。
日経新聞の電子版であるnikkeiデジタルは、日経新聞の紙面をパソコンがら見ることができます。
スマートフォンやタブレットからの閲覧もでき、外出先でも日経新聞を確認することが可能です。

日経新聞電子版は、最初の1か月が無料となっています。
無料期間終了後は課金が発生し、料金は1か月4,277円です。
既に日経新聞を購読中の方は、日経Wプランを選ぶことで電子版を追加申し込むすることができます。

電子版ならいつでもどこでも日経新聞を読むことができるので、便利なサービスとして活用してみてください。

2:日経新聞の競馬予想印の見方

日経新聞 競馬欄
日経新聞には競馬欄もあり、競馬予想印を確認することができます。
競馬初心者の方は、競馬予想印の見方がわからない場合もあるでしょう。
そこで、日経新聞の予想印の見方について説明します。

日経新聞の競馬予想印には、「◎」「○」「▲」「△」「×」「注」6種類があります。
「◎」は本命という意味で、そのレースで最も勝つ可能性の高い馬に付けられる印です。
「○」は対抗のことで、本命に対抗できる力を持っていて2番目に高く評価された馬に付けられます。

「×」は単穴で、勝つ可能性があり3番手評価の馬に付けられます。
「△」は複穴と呼び、勝つまでには至らないが2着までなら可能性がある馬に付けられる印です。
「注」は、それ以外の注目馬に付けられる印となっています。

注意すべきは「×」という予想印です。
こちらについては、他の競馬新聞と少し意味合いが違うので気を付けてください。

3:日経新聞の競馬予想が当たる秘密は東西専門記者

競馬 記者
日経新聞は日本国内の経済状況を知るために重要な新聞ですが、競馬欄もあり専門記者も揃えています。
日経新聞には注目の専門記者もいて、競馬予想を参考にしたい記者陣です。

最近では競馬新聞ではなく、日経新聞を片手に持ち予想をしている人も珍しくありません。
競馬欄が占める割合は意外に広く、競馬予想の参考になる情報が詰まっています。
日経新聞の予想欄での注目記者を知っておくことで、より馬券の参考になるでしょう。

そこで、日経新聞で注目したい東西専門記者を紹介します。
これから紹介する東西専門記者の予想を参考にして、万馬券的中を狙ってみてください。

3-1:12R中11R的中「野元賢一」

日経新聞 野元賢一
まず最初に紹介したい日経新聞の注目記者が、野元賢一氏です。
野元賢一氏は、日本経済新聞運動部所属の競馬記者、競馬評論家として活躍しています。
本格的な予想を展開し、的中率が話題になっている記者でもあります。

特に注目を浴びたのが2016年5月1日の東京競馬において、12レース中11レースで野元賢一氏が本命・対抗にした馬が1着でターフを駆け抜けたということです。
予想の精度が高く、野元賢一氏の予想印は無視できません。

野元賢一氏は厩舎回りをせず、お付き合いで親しい厩舎の馬を大穴にしたりはしません。
客観的に競走馬の能力を判断し、本命を中心とした堅実な予想を披露しています。
日経新聞の予想欄では、真っ先に的中率の高い野元賢一氏の予想を確認するのがおすすめです。

3-2:競馬初心者のお手本「関根慶太郎」

競馬場 パドック
次に紹介するのが、競馬初心者のお手本となる予想をしている関根慶太郎氏です。
関根慶太郎は堅実な予想をウリとしている記者で、本命を中心とした予想を披露しています。

ラジオNIKKEI第2のレギュラー解説を務めて、わかりやすい解説で初心者にもおすすめできる記者です。
競馬に関する知識が豊富で、解説を聞いているだけで競馬に詳しくなることができます。
競馬を勉強中の初心者の方は、関根慶太郎氏の解説を聞いてみるのも良いかもしれません。

関根慶太郎氏は競走馬の能力だけでなく、当日の馬場傾向やコース相性、血統などを総合的に判断して予想しています。
様々なファクターを駆使して総合的に判断しているので、的中率の高さが期待できる記者です。
日経新聞の競馬欄をチェックするときには、関根慶太郎氏の予想にも注目してください。

4:日経新聞の競馬予想はツイッターで無料でチェック


日経新聞の競馬予想を確認したいのなら、ツイッターをチェックしてみるのも良いかもしれません。
ツイッターは無料で利用できるので、競馬予想を見たいという方におすすめです。

ツイッターをチェックしていると、日経新聞の競馬予想についてツイートしている人もいます。
そういった人のツイートを確認すれば、日経新聞の競馬予想を知ることができます。
日経新聞の予想が気になる方は、ツイッターもチェックしてみてください。

5:競馬予想で絶対チェックすべき日経新聞の無料コラム3選

日経新聞  夕刊
日経新聞には、絶対にチェックしたい無料コラムがあります。
競馬に関するコンテンツは意外にも充実していて、日経新聞のサイトを確認するのもおすすめです。
紙面の競馬欄にも注目ですが、オフィシャルサイトにある競馬コラムも話題になっています。

そこで、競馬予想の参考になる絶対チェックしたい日経新聞の無料コラムについて紹介します。
コラムを閲覧することで、様々な競馬に関する情報が手に入ります。
競馬予想においては、小さな情報が的中に繋がることもあるので無料でチェックできる情報は確認して損はありません。

今から紹介する日経新聞の3つのコラムを参考にして、的中率アップを目標にしてください。

5-1:レーシングワールド

競馬 レース
日経新聞のオフィシャルサイトから見られる注目のコラムが、「レーシングワールド」です。
「レーシングワールド」は、野元賢一氏や関根慶太郎氏が様々な視点でレースを振り返っているコラムです。
レース結果が詳しく分析されていて、次回の馬券に繋がる情報も満載となっています。

また、世界の競馬に関する内容も多く、世界競馬にも詳しくなれるコラムです。
凱旋門賞に関する記事も多く、凱旋門賞などの世界競馬での予想にも役立ちます。
無料で見られるコラムなので、チェックしておいて損はありません。

「レーシングワールド」でレースを振り返っておけば、注目の馬が次回出走したときに予想の参考になります。
野元賢一氏や関根慶太郎氏の鋭い視点でのレース振り返りを確認して、競馬予想に役立ててください。

5-2:スペシャル

競馬場 コース
日経新聞の無料で見られるコラムとして、「スペシャル」も注目です。
「スペシャル」は、G1レースの見どころや有力馬を紹介するコラムです。
関根慶太郎氏が記事編集を担当して、有力馬の気になる情報を入手することができます。

2017年3月5日には、クラシック路線で活躍が期待されていた有力馬ファンディーナについて鋭い視点で紹介していました。
新馬戦での調教師のコメントや上がり3ハロンのタイムに注目し、ファンディーナを客観的に評価した記事です。

非常に内容の濃いコラムで、有力馬について知らない情報を得られます。
G1シーズンには日経新聞のオフィシャルサイトで、「スペシャル」というコラムにも確認してみてください。

5-3:競馬実況アナ日記

日経 アナウンサー
最後に紹介する日経新聞で絶対にチェックしたいコラムが、「競馬実況アナ日記」です。
「競馬実況アナ日記」はラジオNIKKEIアナウンサーが、レースや競馬場にまつわる知識、セレクトセールなどのイベント情報を掲載するコラムとなっています。

2019年11月4日には浦和競馬場では初開催となるJBC競走に触れ、浦和競馬場の気になる情報について掲載されていました。
中央競馬だけでなく、地方競馬に関する情報も確認できるコラムです。

2019年9月28日にはハンデキャップ重賞である七夕賞について、レースの歴史や傾向を紹介しています。
競馬実況アナならではの豊富な知識が紹介されていて、競馬予想の参考になるコラムの一つです。

まとめ

日経新聞は、日本国内の経済について知ることができる新聞です。
競馬と関係が無いと思う方もいるかもしれませんが、日経新聞には競馬欄もあります。
系列のラジオNIKKEI(旧ラジオたんぱ)が中央競馬レースの公式実況を請け負っている関係もあり、日経新聞と競馬は意外にも関わりが深いのです。

日経新聞には、野元賢一氏や関根慶太郎氏といった注目の専門記者がいます。
他の競馬新聞のように大穴狙いをすることが少ないのですが、堅実で的中率の高い予想が人気となっています。
日経新聞の競馬欄をチェックするときには、野元賢一氏や関根慶太郎氏の予想印を真っ先に確認したいところです。

また、日経新聞のオフィシャルサイトでは、競馬に関するコラムも多く掲載されています。
競馬コラムには予想に役立つ情報が満載です。
日経新聞のオフィシャルサイトも一緒にチェックして、競馬予想に活用してみてください。