日本ダービーの予想と展望【2022年版】トライアル終了!ダービー馬はイクイノックス以外に考えられない

更新日:

2022年5月29日東京競馬場が燃え上がる日!そう日本ダービーがはじまります。
4000頭のデビュー馬の中でダービー馬になるのはただ1頭。それも一生に一度しかチャンスはありません!

ダービーは騎手、調教師、馬主、生産者そしてファン全ての人にとっての大きな夢なんです。

昨年の秋には既にダービーに一番近い馬と言われていたイクイノックス、デビュー2戦目で共同通信杯を圧勝したダノンベルーガ!

しかし、この2頭で決まらないのがダービーです!

2022年のダービーに輝く馬は?そしてダービージョッキーとなるのは誰か?

キサラギがズバリ予想します!

2022年のダービー(東京優駿)本命はイクイノックス!
ダービージョッキーはルメール!

トライアルが終了しましたが、皐月賞の上位を脅かす存在になりそうな馬は出て来ませんでした。
皐月賞の力関係がそのままダービーに移行しそうなので、後は距離をこなせるかどうかです。

ローテーション的にダービーを完全に目標としているイクイノックスは、皐月賞以上のパフォーマンスをすることは間違いなし。中山よりも東京向きなので、ダービー馬になる可能性は非常に高いです。

この記事を読むと

  • 日本ダービー(東京優駿)の出走想定馬がわかる
  • 過去10年のデータからレースの傾向がわかる
  • 有力馬3頭の状況がわかる
  • キサラギの特注穴馬情報がわかる

以上のポイントがわかるようになっています。
5分程度で読み終える記事になりますので、是非最後まで読んで予想の参考にしてください!


競馬が全然当たらなくて悩んではいませんか?

▼【毎日王冠】の予想買い目がなんと今なら無料で貰える優良競馬予想サイトTOP3!

上記ランキングの選定基準や詳細、4位以下のランキング結果はこちらからご覧ください。

目次

1:日本ダービーについて

東京優駿

2022年5月29日に東京競馬場で開催される第89回日本ダービー(東京優駿)!
全てのホースマン、そして競馬ファンの夢がダービー。間違いなく1年で1番競馬界が盛り上がる日になります。

東京競馬場2400mという、日本を代表するコースはジャパンカップやオークスと同じコース。このコースを走り切るには強靭なスタミナと卓越したスピードの両面を兼ね備えている必要があります。

またスタート地点が観客席のすぐ前なので、馬達のテンションも上がり気味になることが多く、思わぬ出遅れや折り合いを欠いての暴走などが起きることも少なくありません。

ダービーはフルゲート18頭で行われるので、他のレースに比べて外枠と内枠の有利不利はかなり大きいです。

2:日本ダービーの出走想定馬

2022年5月22日20時時点の出走予定馬を紹介します。

ダノンベルーガ 牡3 57.0 松山 3.6 2人気
イクイノックス 牡3 57.0 ルメール 2.3 1人気
キラーアビリティ 牡3 57.0 横山武 25.4 6人気
ドウデュース 牡3 57.0 武豊 4.8 3人気
アスクヴィクターモア 牡3 57.0 田辺 48.0 9人気
マテンロウレオ 牡3 57.0 横山和 163.6 18人気
ジャスティンパレス 牡3 57.0 坂井瑠 123.6 15人気
プラダリア 牡3 57.0 池添 44.2 7人気
ロードレゼル 牡3 57.0 レーン 58.6 11人気
アスクワイルドモア 牡3 57.0 岩田望 97.4 14人気
セイウンハーデス 牡3 57.0 212.9 20人気
ヴェローナシチー 牡3 57.0 酒井 136.3 17人気
オニャンコポン 牡3 57.0 菅原明 16.8 5人気
ジオグリフ 牡3 57.0 福永 6.8 4人気
マテンロウリオン 牡3 57.0 横山典 45.0 8人気
ピースオブエイト 牡3 57.0 藤岡佑 57.7 10人気
デシエルト 牡3 57.0 岩田康 72.7 12人気
コマンドライン 牡3 57.0 菅原明 87.0 13人気
ビーアスドニッシド 牡3 57.0 和田竜 151.9 17人気

3:日本ダービーの過去10年間の傾向をデータ分析

日本ダービーの過去レース分析

日本ダービーの勝馬ってかなりデータに忠実なので
過去10年の勝馬を分析したら、軸馬を見つけ出すのはそれほど難しくありません。
問題は相手ですね~。波乱の展開になった時に浮上する馬のタイプもデータから導きだしてみましょう。

  • ダービーで最もコスパがいい馬券は馬単!
  • 最も運のいい馬は3番人気馬か?人気薄へ流しても馬連は5番人気まで
  • ディープインパクトが4連勝含む7勝でトップ
  • 皐月賞からの出走は連対率100%!軸はここから選ぶ
  • 差し馬が絶対的に有利だがそろそろ逃げもあるか

傾向1:ダービーで最もコスパがいい馬券は馬単!

【過去10年の馬券配当傾向】

単勝平均配当 馬連平均配当 馬単平均配当 3連複平均配当 3連単平均配当 馬連最高配当 3連単最高配当
1,460円 3,220円 8,640円 61,070円 339,740円 11,200円 2,856,300円

馬連の平均は3,220円です。意外に高いって思いますよね、2018年の万馬券が平均配当を押し上げているだけで、実際は馬連11倍以下の年が5回、つまり50%は本命サイドの馬券で決まっているってことです。

ダービーは儲けるためのレースではなく、自分の夢を乗せて楽しむレースだと思っていますが、それでもさらにお金も稼げたら最高ですよね。

低予算で稼ぐならどの馬券種がいいのか分析してみました。

日本ダービー応援している人

【ダービーの単勝】
ダービー馬になれるのは1頭だけ!
自分の夢を乗せて応援するならやはり単勝!
単勝勝負するなら、ある程度ガッツリいかないと面白くない
でも、ダービーって単勝平均配当が14倍もあるから、意外と単勝で勝負できちゃうんですよね。

2019年のロジャーバローズがほぼ単勝万馬券ですが、それ以外でも3倍~5倍くらいの配当が多いので、単勝だけで勝負すればローリスクで稼ぐことは可能ですね。

ちなみに過去10年で単勝が2倍以下だったのは、コントレイルの2020年とドゥラメンテの2018年の2回だけです。

【ダービーの馬連】
馬連の平均配当を見ると、そこそこ勝負できそうな気もしますが、日本ダービーですよ!どの馬も勝てるチャンスがあるのに、フルゲート。とにかく相手が多くなってしまいます。
総流しまでいかなくても10点流しくらいはしちゃいますよね~
そう考えると11倍以下の馬連はトリガミではなくマイナス・・・・

馬連はダービー馬券の中でも一番コスパが低い馬券かなあって思っています。

【ダービーの馬単】
キサラギがおススメするのは馬単です!
単勝のように、自分の応援する馬を本気で応援できるのが馬単。
馬連だと2着でもいいっていうのがあるから、応援している馬がダービー馬にならなくてもいいですからね。

騎手も厩舎も馬も調教師もみんな必死でダービーを獲りにいっている。
それならこっちも一緒に必死に取りにいきましょー

馬単の平均配当は86倍!馬連と比べても2倍以上稼げます。
それに11倍以下が1回しかないので、10点流しでもトリガミにはなりません。

コスパや興奮度からいっても一番おすすめできるのが馬単馬券ですね。
ちなみに、コントレイルのダービーは馬単350円でしたので、こんな結果になったら事故として諦めましょうw

【ダービーの3連系】
3連単や3連複などの馬券もおすすめです。
ただし、相当点数を購入する必要があるので資金が十分な人だけにしかおすすめできません。
ダービーで3連単5点的中とかって無理です。運よく当たることもあるでしょうが狙って5点に抑えることはできません!

点数は多くなるけれども、当たればでかいのでハイリスクハイリターン型ですね。

【ダービーの馬券を買うならおすすめは馬単】
点数を抑えられて配当も期待できる馬券は、やはり馬単ってことになりますね。
おすすめのフォーメーションは、自分の応援する馬の単勝と馬単を8点~10点、その中で気になる馬のみ馬単の裏を購入するって感じです。

このフォーメーションなら、単勝1点、馬単8点、馬単抑え3点で合計12点。
1点100円買いでも1200円で抑えることができますよ~

傾向2:最も運のいい馬は3番人気馬か?人気薄へ流しても馬連は5番人気まで

【人気別勝利数】

人気 勝率 連対率
1番人気 40.0% 50.0%
2番人気 10.0% 30.0%
3番人気 30% 60.0%
4番人気 0.0% 10.0%
5番人気 10.0% 30.0%
6番人気 0.0% 0.0%
7番人気 0.0% 0.0%
8番人気 0.0% 0.0%
9番人気 0.0% 0.0%
10番人気 0.0% 0.0%
11番人気 0.0% 0.0%
12番人気 10.0% 10.0%

※13番人気以下の連対馬なし
1番人気の勝率は5割、ダービーですからよほど力が抜けた馬じゃない限り力は混戦ですからこんなもんですね。注目したいのは3番人気の勝率や連対率が非常に高いことです。

騎手にとってダービーのプレッシャーは想像を絶するものだと思います。その中で1番人気を背負って勝つのは並大抵のことではありません。2番人気も同様ですね。でも3番人気になるともう少し気楽な感じ、チャレンジャーとして乗れるのでその差が出ているのかもしれません。

この10年で二桁人気の馬が勝ったのは1回!2019年のロジャーバローズの12番人気だけです。その傾向から荒れても本線は5番人気以内って感じですね。

傾向3:ディープインパクトが4連勝含む7勝でトップ

【産駒別勝利数】

種牡馬 勝数
ディープインパクト 7勝
キングカメハメハ 2勝
ハーツクライ 1勝

ディープインパクトの産駒が強いのはわかりますが、全てのG1の中でもダービーの勝数は圧倒的です。過去10年で7勝・・・・・そしてキンカメが2勝ですから、リーディングサイアー上位の2頭でダービーの勝利占有率を9割占めているということです。

ディープインパクトのダービー

今年のディープ産駒は
キラーアビリティ、アスクビクターモア、ジャスティンパレス
どちらかというと伏兵メンバーですが、過去の実績から抑えておく必要がありますね。

人気になりそうなイクイノックスの父は新種牡馬キタサンブラック、そしてダノンベルーガの父はハーツクライ。どちらも父の果たせなかった夢を叶えることができるのか注目したいところです。

傾向4:皐月賞からの出走は連対率100%!軸はここから選ぶ

【ローテーション別勝利数】

ランク 前走レース 勝利数
S 皐月賞 8勝
A 京都新聞杯 2勝

過去の実績を見ると一目瞭然、軸は皐月賞からの出走馬ですね。
ちなみに京都新聞杯からのキズナや、ロジャーバローズが勝った年でも2着は
皐月賞馬なので、連対率は100%
です。

大半の馬が皐月賞からの出走になるのでそのなかから軸を選びだすのは大変ですが、一応の目安にはなると思います。

傾向5:差し馬が絶対的に有利だがそろそろ逃げもあるか

【脚質別勝利数】

脚質 勝利数
逃げ 0勝
先行 4勝
差し 5勝
追込み 1勝

圧倒的に差し馬有利ですね~
逃げ馬は本当に苦戦!この10年間でダービーを逃げ切った馬はいません。
ロジャーバローズが逃げ切ったイメージはありますが、実際あのレースで逃げたのはリオンリオン。

ダービー初出走の横山騎手が暴走とも言えるハイペースで4コーナーまで逃げていました。その2番手がロジャーバローズです。

アイネスフウジンのダービー

ダービー逃げ切り勝ちは、アイネスフウジン、ミホノブルボン、サニーブライアン・・・その前には狂気の逃げと言われたカブラヤオーがいますね。

サニーブライアンの逃げ切りから25年。そろそろ逃げ切る馬が登場するかな?
昨年以来、パンサラッサ、ジャックドール、レイパパレ、タイトルホルダーと強い逃げ馬が登場しているので、今年のクラシック戦線もあっと驚く逃げ馬が登場するかもしれませんね。

逃げるならスプリングステークスの覇者ビーアスドニッシドになりますね。

4:2022年ロードトゥダービー

皐月賞から2冠を目指す馬、青葉賞やプリンシパルステークスからダービー獲りを狙う馬、マイルのスピードを活かしてダービーにチャレンジする馬。ダービーへの道は何通りもありますよね。2022年どのレースからダービー馬が誕生するのか皐月賞やトライアルレースを分析して、本当にレベルの高いレースを探ります。

参考レース1:毎日杯

毎日杯

2022年3月26日 阪神競馬場

着順 馬番 馬名 騎手 人気
1 4 ピースオブエイト 藤岡佑 4人気
2 7 ベジャール 藤岡康 9人気
3 1 ドゥラドーレス 戸崎圭 1人気

前走セントポーリア賞を圧勝したドゥラドーレスが断然の1番人気!
内枠というのが災いして4コーナーでも抜け出すことができず、直線半ばでようやく外へ持ち出し先行馬を追ったものの、届かず3着に終わったドゥラドーレス。

最後の脚はまさに別格でしたが、このレース後春は休養を発表しダービーを断念。

毎日杯からのダービー馬は、昨年のシャフリヤール、キズナ、キングカメハメハ、ディープスカイ。この後に皐月賞やNHKマイルを挟んでの挑戦になりますが、前哨戦の中ではかなり有力なローテーションです。

しかし、今年の勝馬ピースオブエイトは展開がハマって逃げ切れた感が強いので、皐月賞そしてダービーで上位に来るのは難しいと思っています。

参考レース2:皐月賞

皐月賞

4月17日 中山競馬場

過去のダービー馬
ドゥラメンテ・コントレイル・オルフェーヴル・ナリタブライアン・ディープインパクト….

着順 馬番 馬名 騎手 人気
1 14 ジオグリフ 福永 5人気
2 18 イクイノックス ルメール 3人気
3 12 ドウデュース 武豊 1人気

1ヵ月前まではイクイノックスとダノンベルーガの一騎打ちと言われていた皐月賞ですが、当日1番人気馬は2歳王者のドウデュース。そして2022年クラシックの一冠目を制したのはジオグリフでした。2歳の夏札幌でデビューしたときは怪物と呼ばれていたジオグリフ。その後勝てないレースが続きましたが、今回の皐月賞は2歳のような粗削りの競馬ではなく大人になった印象を受けました。福永騎手の上手さも光りましたが、この勝ち方ができるなら二冠目もと思わせる競馬でした。

大外枠で2着のイクイノックス、最内で走り難い中1頭だけ意地を見せたダノンベルーガも次のレースではさらに上を狙えると思います。着外からで次に狙いたいのは6着のオニャンコポン、7着のジャスティンロックです。

参考レース3:NHKマイルカップ

NHKマイルカップ 2022年5月8日 東京競馬場

過去のダービー馬
キングカメハメハ・ディープスカイ

着順 馬番 馬名 騎手 人気
1 18 ダノンスコーピオン 川田 4人気
2 1 マテンロウリオン 横山典 3人気
3 10 カワキタブレリー 菅原 18人気

1番人気は朝日杯2着馬のセリフォス!2番人気はレーン騎乗のインダストリアでした。
レースはジャングロが大きく出遅れ、トウシンマカオが引っ張る展開。4コーナーまでは平均ペースで進みましたが
やはり東京マイルは直線の争いが激しい!

中段から差し脚を伸ばしたダノンスコーピオンがゴール100m手前で抜け出して快勝!上がり最速のマテンロウリオンが2着。3着には最低人気のカワキタブレリーが入りました。

この中で面白そうなのは2着のマテンロウリオンですね。ダービーだと800m長くなりますがこの差し脚が使えるならば他の馬の脅威になります。

参考レース4:青葉賞

青葉賞

青葉賞 2022年4月30日 東京競馬場

過去のダービー馬なし

着順 馬番 馬名 騎手 人気
1 3 プラダリア 池添 4人気
2 7 ロードルゼル 川田 2人気
3 12 エターナルヴィクトリ 武豊 6人気

1番人気はダミアンレーン鞍上のレヴァンジル!確かに前々走のゆりかもめ賞は強かったですが、続くすみれSでは2着に負けている馬、これは過剰人気でしたね~

レースは戸崎騎手のディライトバローズが先行し、1000m58秒台のハイペースで引っ張る流れ、明らかに東京2400では早すぎです。これで逃げ切れるのはキセキクラス。やはり4コーナーで失速したディライトを交して先頭にたったのはロードルゼル。ハイペースの2番手でよく直線伸びてきたなーって思いました。

それよりも強さをみせたのが池添騎手のプラダリア。前走は未勝利戦ながら7馬身差の圧勝をしたのもフロックではありませんでした。

タイムは2分24秒2

青葉賞のタイムとしては特に早い方ですが、ダービーに挑戦するには物足りない感があります。前走あれだけ飛ばしていたのだから23秒台前半になるのかと思っていました。

実際、ダービー候補だったアドミラブルの青葉賞が2分23秒6、ジャパンカップ2着に入ったオーソリティの青葉賞が2分23秒0なので、タイム的にはダービー馬となるのは厳しいかなといった感じ。

今年も青葉賞からのダービー馬はおあずけと予想します。

参考レース5:京都新聞杯

2022年5月7日 中京競馬場

過去のダービー馬
キズナ・アグネスフライト

着順 馬番 馬名 騎手 人気
1 3 アスクワイルドモア 岩田望 8人気
2 11 ヴェローナシチー 酒井 7人気
3 12 ボルドグフーシュ 松田 5人気

1番人気はデビュー後2連勝のブラックブロッサムでした。単勝2.1倍の絶対の支持率。メイショウラナキラが逃げる展開でペースはかなりのハイペース。3番手につけたブラックブロッサムは直線で馬群に飲み込まれて失速。2番人気のポッドボレッドは最下位という大波乱の結果でした。

京都新聞杯を制したのは岩田望騎手のアスクワイルドモア。レコード勝ちというおまけもついてダービーでは伏兵候補の1番手に名乗りをあげそうです。

参考レース6:プリンシパルステークス

2021年5月8日 東京競馬場

過去のダービー馬なし

着順 馬番 馬名 騎手 人気
1 8 セイウンハーデス 6人気
2 4 キングズパレス 松岡 9人気
3 9 マイネルクリソーラ 柴田大 14人気

朝日杯に出走していたドーブネが1人気。前走はスプリングステークスで惨敗していたのに、この馬が1番人気というのはかなり波乱の予感がしていました。

ショウナンマグマが逃げるペースは平均ペース。ドーブネも前につけてはいましたが、東京の直線をうまくいかした6番人気のセイウンハーデスが余裕の1着でダービーへの出走権を手にしています。

それほど力差はないですが、この競馬ができればある程度ダービーでも勝負ができるのではないかと感じさせますね。
かなりの人気薄になりそうですが、一応セイウンハーデスは抑えたいです。

5:2022年日本ダービーの注目馬3頭

  • イクイノックス
  • ダノンベルーガ
  • ジャスティンロック

注目馬1頭目:イクイノックス

イクイノックス

前走 皐月賞(中山)2着
人気 1人気
騎手 ルメール
脚質 差し
東京経験 1戦1勝

新潟でのデビュー戦は2着に6馬身差の圧勝!そのレースの3着が2歳女王サークルオブライフ、4着がサトノヘリオスですから、新馬戦のレベルは相当高いですよね~

2戦目の東京スポーツ杯ではアサヒ、テンダンスといった強豪を軽く退けて一躍クラシック戦線のトップに踊り出たイクイノックス!

年明け1戦もせずにぶっつけで挑んだ皐月賞、大外枠で半年以上ぶりの実戦が嫌われてなんと3番人気。この馬が1番人気にならないと昨年の時点で誰が予想したでしょうか。

結果は直線で早めに先頭に立ったものの、外からジオグリフに差されての2着。久々ということで早めに動いたのが裏目に出た感じになりました。

しかし、東京競馬場に舞台が変わったら皐月賞以上のパフォーマンスを見せてくれると思います。この馬以上の怪物が出てこない限りダービーは固いかもしれませんね。

注目馬2頭目:ダノンベルーガ

ダノンベルーガ

前走 皐月賞(中山)4着
人気 2人気
騎手 松山
脚質 差し
東京経験 初出走

デビュー2戦目で挑んだ共同通信杯!3番人気でしたが中団で折り合い、Goサインが出ると直線で抜け出しての圧勝!2着はジオグリフでしたが、何度やってもベルーガに勝つことはできないでしょう。

しかし結果は皐月賞馬がジオグリフ、ダノンは4着・・・

まあ、皐月賞前に順調さを欠いていたので4着でもよくやったなって感じです。
共同通信杯馬が強いダービーでは間違いなく巻き返してくるでしょう。とにかくセンスの良さは世代ナンバー1。今回の皐月賞では負けはしましたがインをついても怯まない根性も見せてくれました。

ダービーでも内枠を引いたら、イクイノックスを逆転する可能性もありますね。

注目馬3頭目:ジャスティンロック

ジャスティンロック

前走 弥生賞(中山)4着
人気 5人気
騎手 戸崎圭
脚質 差し
東京経験 初出走

共同通信杯は、完全にデムーロ騎手の騎乗ミスですね。
あのちぐはぐな競馬で4着に入ったところがこの馬の強さです。

スムーズに競馬ができれば、アスクビクターモアを交して勝てたと思っています。
まあ、弥生賞で負けたおかげで人気が落ちて馬券が美味しくなるのは嬉しいですけどね。
ダービー2着が2回の戸崎騎手。今年こそは悲願のダービー制覇!それを叶えてくれるのがジャスティンロックですね。

6:2022年のダービージョッキーを予想する

ダービー馬と同様に気になるのが2022年のダービージョッキー!
今年の注目は福永騎手の史上初ダービー3連覇へリーチ、悲願のダービーを果たすジョッキーは誰か?史上最年少ダービージョッキーの記録更新はあるか?この3つですね。

ポイント1:福永騎手のダービー3連覇

ワグネリアンと福永騎手

福永騎手が悲願のダービー制覇を果たしたのが2018年のワグネリアンのダービーです。それまで何度挑戦しても勝てなかったダービーが、2019年からの3年間で2勝を挙げています。
武豊騎手も同じでしたね。

天才ジョッキーと誰もが認めていたのに取れなかったダービーのタイトル。スペシャルウィークで初のダービージョッキーとなった翌年、アドマイヤベガで2連覇。さらにタニノギムレット、ディープインパクト、キズナで5勝!日本最多のダービー制覇となっています。

福永騎手の騎乗予定はまだ決まっていませんね。
昨年のシャフリヤールのように、いきなり騎乗依頼が来てダービーに勝つこともありますが、やはり乗り慣れた馬でダービーを挑戦しないとなかなか勝てません。

ちょっと福永騎手の3連覇は厳しいかなって思っています。

ポイント2:史上最年少のダービージョッキー

エフフォーリアと横山武志騎手

昨年、エフフォーリアであと一歩のところでダービーに手が届かなかった横山武志騎手。しかし、史上最年少ダービージョッキーの記録更新はまだイケる!

現在の記録は1947年ヒカルイマイでダービーを制した田島元騎手の23歳7か月です。

ヒカルイマイのダービー
今年のダービーを勝てば23歳5か月での制覇!実に75年ぶりに記録が更新されます。

今のところキラーアビリティで出走予定!2歳G1ホープフルステークスの勝馬ですから期待度は高いですね。

ちなみにこの10年でホープフルステークスの勝ち馬からは、コントレイル、レイデオロ、ワンアンドオンリーの3頭のダービー馬が誕生しています。

ポイント3:戸崎騎手悲願のダービー制覇へ

ダノンキングリーと戸崎圭太騎手

現在42歳のベテランジョッキー戸崎騎手の悲願のダービー制覇も今年は可能性が高いと見ています。2013年南関東競馬から中央へ移籍して約9年、当初はダービージョッキーにはそれほど拘りがなかったと語っていた戸崎騎手がダービーを意識するようになったのは、皐月賞馬エポカドーロのダービー2着からです。

エポカドーロのダービー

皐月賞馬でありながら4番人気の評価、それでもダービーを獲れると自信を持って騎乗しましたがこの年は戸崎騎手ではなく、悲願のダービー制覇をめざしていた福永騎手のワグネリアンでした。

ダービーは運が強い馬が勝つ!

ここでは、ダービーに対しての執念が負けていたのも大きな原因だったかもしれません。
2年後、ダノンキングリーでは1瞬ダービージョッキーの道筋が見えてきたものの、最後にロジャーバローズに届かず2着。この10年間でダービー2着2回はツイてないとしか言いようがありません。

ドゥラドーレスというダービー候補馬に巡り合いながら毎日杯で断念・・・・
ダービー制覇は来年以降かと思われましたが、アクシデントから思わぬジャスティンロックへの騎乗依頼が舞い込み、運が廻ってきているのも感じています。

ダービーは運がいい馬が勝つ!

過去2回のダービーよりも、一番制覇に近いのは今年かもしれません。

【地方競馬から移籍騎手のダービー制覇】

年度 騎手名 ダービー馬 中央移籍経過年
2004年 安藤勝己 キングカメハメハ 1年
2010年 内田博幸 エイシンフラッシュ 2年
2012年 岩田康誠 ディープブリランテ 6年

岩田騎手の6年は長かった~って印象がありますね。

ディープブリランテのダービー
ヴィクトワールピサでダービー獲れると期待していましたが、その時にダービージョッキーとなったのはエイシンフラッシュの内田騎手ですから、本当に因縁というかめぐり合わせを感じます。

ちなみにディープブリランテはダービーで皐月賞馬ゴールドシップを負かしていますが、このときの鞍上は内田騎手です。

今年中央から移籍9年目、過去の全国リーディング4回は間違いなく一流ジョッキーの証。ドゥラドーレスよりも気楽に乗れるジャスティンロックの方が、運の強さを引き寄せることができるかもしれません。

しかし残念ながら、ジャスティンロックは皐月賞で権利が取れず、最後の望みをかけて抽選に挑んだコマンドラインも抽選漏れでダービー断念。2022年の戸崎のダービー制覇の可能性はなくなってしまいました。

7:過去データではわからないキサラギの分析

キサラギ

東京2400は日本競馬界の代表コース。
本当に強い馬が勝つコースです。ダービーに向けて日本ダービーを制する馬はどれか?
キサラギが分析します。

  • 危険な人気馬
  • キサラギの推奨穴馬
  • 日本ダービーの展開予想

予想家キサラギのモットー

大学時代は競馬予想サークルで活躍。
マイルCSの10万馬券を5000円買った500万円が過去最高収入!

3年前からは競馬予想家としてデビューし、大穴馬券を年間に数本当てるよりも
30~50倍の配当を毎週当てることが一番儲かることに気づく

競馬で儲かる黄金比率の的中率25%、回収率170%をノルマとしている

分析1:危険な人気馬 ドウデュース

皐月賞での3着は見事でしたが、2400mもあの乗り方じゃないと距離がもたなそう。しかし、前走のように前総崩れにはならなそうなので、後ろからでは届かず4着か5着といったところではと思っています。今回は3番人気とかなりの人気になっているので、ここは消しで勝負にいきます!

分析2:キサラギの推奨穴馬

オニャンコポンを穴馬に挙げている競馬評論家は多いです。確かに皐月賞よりも距離が延びたダービーの方が力を出せそう。しかし、もっと穴となるのがデシエルトですね~。皐月賞ではまさかの出遅れで逃げれず。この馬は逃げたら本当にしぶといです。

人気薄の馬がダービーを制したロジャーバローズの再現があるかもしれません!

分析3:日本ダービーの展開予想

デシエルトが逃げるのは予想通り、問題はビーアスドニッシドが競るか?どうか?
和田騎手鞍上なので、無理に仕掛けることはせず2番手キープになることで、かなりのスローペースになりそう。
直線ではデシエルトが思ったよりも粘り、外からジオ、イクイノックス、ダノンが来る展開。

上がり勝負になったら、やはりイクイノックスが1枚上なので、先頭でゴールするのはルメール騎手のイクイノックスになるでしょう!

8:日本ダービーの予想

◎イクイノックス
〇ダノンベルーガ
▲キラーアビリティ
△オニャンコポン
△ピースオブエイト
△ジャスティンパレス
△デシエルト
△ジオグリフ

馬連18ー5.7.9.12.13・14.15

最終予想は枠順確定後に公開いたします!

9:過去の日本ダービープレイバック

2000年アグネスフライトの日本ダービー


引退が目前の河内騎手に舞い込んだアグネスフライトの騎乗依頼。名牝系のアグネスでは数々のG1を獲得しているものの、牡馬でダービーを獲れる器の馬がいませんでした。

しかし、京都新聞杯1位でダービーに駒を進めたアグネスフライトには期待が集まります。皐月賞馬エアシャカールが1番人気、そしてアグネスは3番人気。

レースは直線での追い比べで最後の最後までどちらが勝つかわからないマッチレースへ。ダービーへの執念が武豊騎手に勝った河内騎手が悲願のダービージョッキーに輝きました。

10:2022年日本ダービーのまとめ

トライアルを見た限り、皐月賞組を上回る力を持つ馬はいないと見ています。皐月賞でも一番強いのはイクイノックスだったと思うので、今回も当然イクイノックスからです。スローペースの前残りになればデシエルト、実力通りで決まるなら相手はダノンかジオの人気サイドになると思います。

競馬で勝てない?儲けたい人必見!おすすめの競馬予想サイト3選!

当サイトはAIやブログ、芸能人や有名馬券師の予想など多くの「競馬予想」を日々検証しております。

その中でも特におすすめな競馬予想サイトをランキング形式でご紹介しており地方競馬対応のものや、AIによって予想買い目を提供されるものもあります。

一部有料プランはありますがどれも登録費用なしで無料で予想をもらうことが可能なため当記事をご覧になって気になったサイトと併せてご利用してみるのも競馬での収入アップにつながるかもしれません!

気になった方は併せてご覧ください!

オススメ①:ウマくる

ウマくる

ウマくるは競馬予想サイト界"初"のAIからご自身にあった予想買い目がもらえる優良競馬予想サイトです。

ウマくるを利用するメリットは「競馬の知識が0」でもAIが予想の提案から買い目の精査までサポートしてくれ、無料で毎週重賞レースの買い目がもらえます! 競馬を始めたばかりでまずはプロの買い目が欲しいなと思う方は多いと思います。
口コミ
競馬に関して何もわからないレベルでしたがサポートの方に質問などしたら丁寧に対応していだけました。
口コミ
まぁまず当たるってのがでかいねw去年から使ってるけど質が落ちない
今週の的中情報
情報名ミラクルレポート
日程2022/09/242022/09/25
レース名中山9R中京7R
点数3連単16点3連単10点
払戻金額 229,170円 345,850円
合計払戻金額575,020円
無料登録してみる

オススメ②:うまマル!

うまマル!

「うまマル!」は、2022年に誕生した今とっても話題の365日無料で予想買い目がもらえる競馬予想サイトです!

厳選された27人馬券師が無料で毎日、平日は地方競馬予想を、土日には中央競馬の予想を提供してくれるので今すぐにでも競馬に参加したい方はおすすめです!

口コミ
有料プランもあるけど実際無料でも毎日使えるし最高!
口コミ
的中率も高くて友達におすすめするしてしまうくらいハマっています!こんな楽にお金稼ぐ方法があったんですね!
今週の的中情報
情報名コミットメント
日程2022/09/242022/09/24
レース名中京2R中山9R
点数3連単24点3連単12点
払戻金額 729,360円 305,560円
合計払戻金額1,034,920円
無料登録してみる

オススメ③:穴党ピカイチ

穴党ピカイチ

地方競馬も対応しており、毎週土日に中央競馬、毎週水曜日で地方競馬の無料予想がもらえる競馬予想サイトです!

このサイトの予想のコンセプトは名前の通り穴狙いで大きく稼ぐことで、名前の通り穴党の穴党による穴党のためのサイトです! それなのに的中率も高く口コミでは的中報告が後を立ちません!
口コミ
穴狙いの予想屋って結構いるけど実際夢だけ見て当たらないこと多いけど穴党ピカイチはレベルが違うわ
口コミ
100万円的中した時は本当に驚きすぎて足が震えました笑
今週の的中情報
情報名穴党ホットライン
日程2022/09/242022/09/25
レース名中京2R中山7R
点数3連単16点3連単16点
払戻金額 1,094,040円 260,520円
合計払戻金額1,354,560円
無料登録してみる

この記事を書いた人

Copyright © 当たる競馬予想サイトで儲けたい All Rights Reserved.