競馬新聞 予想する人

競馬で生活している人ってどんな人?3つの鉄則とデメリットを紹介

1:競馬で生活している人は2種類いる

競馬新聞 手に持つ人
皆さんは、競馬で生活している人がいるのをご存知でしょうか。
世の中には色々な人がいますが、競馬予想家として馬券で生計を立てている人もいるのです。
競馬で生活している人がどんな人なのか、気になっている方も多いはずです。

そこで、競馬で生活している人の種類や3つの鉄則とデメリットについて紹介していきます。
競馬で生活をすることは簡単ではないので、デメリットなども事前に把握しておくことが大切です。
まずは、競馬で生活している人たちの情報を知って、将来のプランを組み立ててください。

1-1:自力で予想する人

競馬 悩む人
競馬で生活している人には2種類の人がいて、その一つが自力で予想する人です。
これはプロ予想家として競馬に真剣に向き合っているケースが多く、豊富な経験や膨大なデータを活かして競馬で生活をしています。

プロの予想家だけでなくアマチュアの方でも自力で予想する人はいると思いますが、プロの予想家は分析力や天性の勘などセンスが抜群です。
ご飯を食べていけるだけの馬券を的中させていて、そのような人はほんの一握りです。
最近ではコンピュータで膨大なデータを管理できるので、コンピュータを活用したプロ予想家も増えています。

1-2:競馬予想サイトを利用する人

ノートPC
競馬で生活している人は、全てが自力で予想しているわけではありません。
中には、競馬予想サイトを利用して生計を立てている人もいるのです。

競馬情報会社は無数にあり、有益な情報を提供してくれる会社もあります。
そういった会社の競馬予想サイトを活用すれば、回収率も上がってくるかもしれません。

ただし、競馬情報会社を利用するには有料だという場合が多く、逆に損失を生み出すリスクもあります
中には当たらない情報を提供している競馬情報会社もあり、予想が当たっていないのに当たったと捏造していることもあります。
そのため、理想は自分で予想する力を付けるのがベストだということを頭に入れておいてください。

2:競馬で生活している3人の馬券生活者

お金 握る人
競馬で生活することは本当に可能なのか、気になっている方も多いのではないでしょうか。
そこで、実際に競馬で生活している3人の馬券生活者を紹介します。

馬券生活者の情報を知ることで、競馬で生計を立てることのメリットとデメリット両方が見えてきます。
今から紹介する競馬で生活をしている3人を参考にして、競馬予想にも役立ててください。

2-1:競馬で生計を立てる天才東大生

競馬で生活している一人として最初に紹介するのが、「競馬で生計を立てる天才東大生」です。
「競馬で生計を立てる天才東大生」はテレビで紹介されたこともあり、馬券生活者として注目を集めています。

元東大生ならではの鋭い視点で競馬を予想し、競馬で生活を立てている凄い人物です。
投資とも言えるほど確率の高い馬券を選んでいて、ご飯を食べていけるほど競馬で稼いでいるという点で話題になっています。

2-2:馬券生活者ゆうぞう

馬券生活者 ゆうぞう
次に紹介する競馬で生活をしている一人が、「馬券生活者ゆうぞう」です。
「馬券生活者ゆうぞう」はツイッターで競馬の話しかしないほど、競馬への情熱に溢れた人物です。

ブログも運営していてレースの予想や回顧も行っています。
実際に馬券生活をしている人物の予想なので、競馬予想に役立つ情報が満載となっています。
ブログには「馬券生活日記」というカテゴリもあり。馬券で生活をしている状況が書かれている点に注目です。

過去の経験や知識を活かした予想を駆使していて、馬券生活者として今後も目が離せません。

2-3:競馬7年生

3人目として紹介する馬券生活者が、「競馬7年生」です。
「競馬7年生」はアメブロの競馬ジャンルでアクセスランキング上位になるほど、注目されている存在です。

過去の的中実績を掲載していて、的中率の高さに驚く方も多いのではないでしょうか。
回収率を重視した予想を展開していて、堅そうなレースでも堅実に稼いでいます。
調教タイムを含めた形でレース予想も公開しているので、気になる方は「競馬7年生」のブログをチェックしてみてください。

3:競馬で生活するための3つの鉄則

JRA マーク
競馬で生活することは簡単ではありませんが、実際に生計を立てている人がいるのも事実です。
できることなら会社を辞めて、競馬で生活をしたいと考えている方もいるでしょう。

そこで、競馬で生活をしたいのなら、守るべき3つの鉄則について紹介します。
馬券で生活をしたいと考えている方は、この鉄則を頭に入れて馬券を購入するようにしてみてください。

3-1:1カ月あたりの目標金額を決める

貯金箱
1つ目の鉄則として意識したいのが、「1カ月あたりの目標金額を決める」ことです。
これは競馬で勝つために最も基本的なことですが、これを守れていないという方も多く見られます。

目標金額を決めずに闇雲に賭けることは危険で、その分投資額も増えてしまう傾向にあります。
目標金額を決めて、目標をクリアしたらもう賭けないという心掛けが大切なのです。

競馬にはJRAの取り分である控除率があるので、長いスパンで考えると負けやすい仕組みになっています。
1カ月あたりの目標金額を決めて、引き際の良い馬券の買い方が重要です。

3-2:単勝馬券を選ぶ

単勝馬券 画像
馬券で生活をしている人には、単勝馬券を好んで買っている人も多くいます。
これは、意外だと思う方も多いのではないでしょうか。
三連単などの高配当が期待できる馬券じゃないと、馬券で生活することは困難だと考えている人もいるかもしれません。

しかし、単勝馬券は1着を当てるというシンプルな馬券で、的中率もそれなりに維持できます。
三連単などの馬券は高配当が期待できますが、当たらなければ意味がありません。
単勝馬券がおすすめとなっている最も大きな理由は、控除率です。

控除率はJRAの取り分となるところで、単勝馬券の場合は80%に設定されています。
それに比べ、三連単の控除率は72.5%となっているので、長いスパンで考えると三連単の方が儲かりにくいということになります。
そのため、長期でプラス収支にしたいのなら、単勝馬券の方が確率が高くなるということになるのです。

3-3:競馬で生活するための馬券購入ルールを決める

ノートPC 使う人
最後に、競馬で生活するために重要な鉄則が馬券購入ルールを決めることです。
ルールを決めないと自分の賭け方がぶれてしまって、安定した収入を得ることはできません。

しかし、具体的にどのような馬券購入ルールを決めるべきかわからないという方もいるでしょう。
そこで、競馬で生活するための鉄則となる馬券購入ルールの具体例について紹介します。

3-3-1:理論や手法に頼らない

携帯電話 指さす人
競馬で生活するために注意したいのが、理論や手法に頼らないということです。
競馬本などでは様々な理論が紹介されていますが、理論で儲かることができるのなら苦労はありません。

競馬には複雑な要素が多く絡み合っているので一つの理論や手法にも限界があるのです。
そのため、理論や手法に頼らないというルールを守ることが大切です。
理論や手法に頼らず、自分の予想を信じて馬券を購入するようにしてください。

3-3-2:柔軟に馬券の買い方を変えていく

新聞 考える人
競馬で生活するためには、柔軟に馬券の買い方を変えていくことも重要です。
一つのことに固執して勝てるほど、競馬は甘くありません。

当日の馬場状態や馬の調子などで予想も変わってくる可能性があるので、柔軟に予想を組み替えることも重要になってきます。
控除率の関係から単勝馬券がおすすめとなっていますが、ときには三連単などの馬券を駆使することも必要です。
柔軟に馬券の買い方を変えることも意識して、競馬予想を組み立ててください。

3-3-2:競馬法など社会情勢をチェックする

WINS ゲート
馬券で生活するためには、競馬法など社会情勢をチェックすることも大切です。
競馬法は競馬の開催や勝馬投票券、払戻金等など競馬に関する事項を定めている法律です。
競馬法が変わると馬券にも大きな影響が出るので、常にチェックすること必要になってきます。

競馬法が一部が改正されることもあるので、競馬法や社会情勢をチェックし、馬券に必要な情報を探すクセをつけてください。

4:競馬で生活している人のデメリット

競馬 WINS
競馬で生活することは、メリットだけではありません。
競馬で生活している人のことを羨ましいと感じるかもしれませんが、デメリットもあるのです。

デメリットを理解せずに競馬で生活しようとしてしまうと、いざというときに後悔してしまうかもしれません。
そのため、事前にデメリットについても把握しておくのが良いでしょう。

そこで、競馬で生活している人のデメリットについて紹介していきます。

4-1:固定収入はない

競馬 応援
競馬で生活することのデメリットとして最初に挙げられるのが、固定収入がないことです。
サラリーマンの場合は基本給により、毎月の最低限の収入が確保されます。
しかし、競馬で生活すると固定収入がないので、赤字になってしまうケースも考えられるのです。

この固定収入がないということは、予想以上にメンタルへ影響を及ぼします。
毎日が不安になってしまい、競馬で勝っていても馬券生活を辞めてしまうという方も多くいるようです。

4-2:月30万円の生活に必要な馬券代は150万円

競馬 お金
競馬で生活をするということは、それなりの投資額も必要になってきます。
そのため、毎月かなりのリスクを背負っているという点もデメリットとして挙げられます。

例えば、回収率120%の人が月30万円を手にするためには150万円の馬券を購入する必要があるのです。
もしも、回収率が50%と不調に陥ってしまうと、75万円の損失を生み出す計算になります。
月30万円の生活をするだけでもかなりの馬券代が必要になるので、大きなリスクがあるという点を覚えておきたいところです。
     

4-3:高い年収は期待できない

JRA 旗
最後にデメリットとして紹介したいのが、高い年収は期待できないという点です。
競馬は高配当が飛び出すギャンブルでもあるため、的中したときには大きな収入も期待できると思っている方も多いかもしれません。

しかし、高配当を的中させることは簡単ではなく、年間トータルで賭け続けると控除率の分負ける可能性が高くなります。
プラス収支にするだけでも難しいことなので、高い年収は期待できないと思っておいた方が賢明です。
自分が生活できる分だけを稼ぐことになるので、裕福な暮らしができるわけではないことを頭に入れておいてください。
     

まとめ

競馬で生活している人には、自分で予想する人と競馬予想サイトを利用する人の2種類の人がいます。
競馬予想サイトを活用するのは自分で予想するよりも簡単ですが、的中情報を偽っているような競馬情報会社もあります。
そのため、最終的には自分で予想する力を身に付けるのが理想です。

競馬で生活するのは楽しそうだと思う方もいるかもしれませんが、メリットだけではありません。
固定収入がないというデメリットは予想以上に辛く、競馬で生活することを辞める人も多くいます。
競馬で生活を始めようと思う方は、こういったデメリットも頭に入れてから挑戦するようにしてください。