競馬 初心者 予算

これから競馬を始める初心者が知りたい、馬券購入の予算についてのアレコレ

1:競馬を始めるのに必要な金額って?

これから競馬を始めようと思っている人なら誰もが気になること、それが馬券を買うためにはどのくらいお金が必要なの?というところだと思います。
ここでは競馬を始めるための予算、馬券を買うために必要な金額などについてお話していきます。

1-1:馬券って最低いくらから買える?

競馬の予算って?
競馬の馬券は最低100円から購入することが可能です。
そのため小資金でも気軽に始められる点が競馬の良いところです。
ただし、ひとつの買い目につき100円から、なので、買い目の数を増やせばその分お金も必要になってきます。

1-2:1レースに使っている平均額は?

先ほど最低100円からと書きましたが、実際に1点のみ100円で購入している人はほぼおらず、ほとんどの人が複数の買い目を購入しています。
競馬には様々な券種の馬券があり、この中から自分が好きな券種を購入します。
券種については下記記事をご覧ください。

競馬は初心者でも賭け方さえ覚えれば勝てる!勝つためのコツ5選

例えばA、B、C、Dの4頭を馬連ボックスで購入した場合は
A-B、A-C、A-D、B-C、B-D、C-D
の6通りになるので、1点100円で購入したとしても600円かかります。

ネット上で調べてみても1,000円しか使わないという人もいれば、20,000円使うという人もいるので、平均額を出すのは難しいですね(汗)
複数の買い目を購入すると考えて、1レースあたり最低1,000円必要、くらいに考えておけばいいでしょう。

2:予算が少ない時のメリット・デメリットは?

1レースに必要な最低金額は先ほど説明しましたが、ここでは予算が少ない時に起こるメリット・デメリットについて説明します。
メリット、デメリット

2-1:予算が少ない時のメリットは?

予算が少ない時のメリットとしては、大きな負けを減らすことができるということがあります。
買い目1点あたりの金額も小さいうえ、多くの買い目を購入できないため、しっかり予想に基づいた買い目だけを冷静に購入できる、という点もメリットですね。
競馬初心者にとって最初の命題はいかに大きな負けを減らすかなので、冷静に馬券を購入するということは結構大切なことなのです。

2-2:予算が少ない時のデメリットは?

予算が少ないとデメリットもあります。
それは購入できる点数に限りがあるため、買い目の分散ができず、本命以外の買い目を取りこぼす可能性があることです。

前述したのと同じ、A、B、C、Dの4頭を馬連ボックスで購入したい場合
A-B、A-C、A-D、B-C、B-D、C-D
の6通りがありますが、資金が1,000円しか無ければ、1点200円で購入する場合5点しか購入できません。
A-B、A-C、A-D、B-C、B-D
を購入し、C-Dは諦めることになります。

もしも、購入しなかったC-Dが的中し、しかもその配当が高配当だった時はかなりショックを受けることになります…
あまりに小額ばかりで馬券を購入しても配当が少ないですが、期待値を取りこぼさないように分散して馬券を購入する必要もあります。

1点当たりの金額を上げて小点数で勝負するのか、1点当たり金額を下げても手堅く的中を狙いに行くのか、バランスを考えながら購入する必要がありますね。

3:負けないためにルールを決めよう

競馬は人・状況によって賭ける金額が全く異なることが分かってもらえたのではないでしょうか?
そのうえで必要になってくるのが、大きく負けないためには自分の状況に応じたルールを決めるということです。
ルール決めは自分の状況に合ったものであれば何でも構いません。

3-1:負けないためのルール

3-1-1:レースを絞り、1レースに使う金額を決める

競馬は基本的には1日に12レースあります。そのレース全てで馬券を複数点購入すると、1点は小額でも、チリも積もれば…
終わってみたらかなりの額負けてしまった、ということもあります。
馬券を購入したいレースを絞り、1レースに使う金額を決めておくと大負けを防げます。

3-1-2:的中した場合に、その配当をどう使うか考えておく

しっかり予想を立てて複数点馬券を購入し続けた場合、全てハズれるということは起きにくいと言われています。
仮に1,000円使って10,000円の配当があった場合、9,000円のプラス収支です。
この9,000円を上乗せして予定していたレースの馬券を買うのか、最初の予定通り馬券を購入してプラス収支で終わるのを目標にするのか、長期的にみるとかなり収支額が変わってきます。
もちろん上乗せして購入した場合、的中すれば配当も大きくなるのでどっちの方がいい、ということはありません。
一番良くないのは行き当たりばったりで適当に馬券を購入してハズれる、という事態ですね…

経験豊富なベテランだったり、よほど馬を見る目が肥えていない限り、頻繁に予想を的中させることは難しいはずです。
損する時は小さく、利益を得る時は大きく、という意識も持ち、的中した時に回収しやすい馬券購入をすると、勝ち越せる可能性が上がります。

4:少ない予算で始めても夢はある!

高配当 万馬券
前項でも書いたように、少ない予算で手堅くやろうと思うとなかなか勝ち越すのは難しいですよね…
ただ、競馬には「万馬券」があります!
むやみやたらにオッズの高い予想に賭けると惨敗、ということもありますが、それでも狙う価値がありすぎるほどの高額配当が的中する場合も!

これまでの払い戻し最高額はJRAによると

3連単
29,832,950円 (2千983万2950円)

WIN5
420,127,890円 (4憶2012万7890円)

です。
これは100円で購入した時の金額になるので、大穴狙いで100円だけ購入、というパターンでも十分すぎる金額ですよね!
このようなウルトラ高配当のオッズは稀ですが、それでも年に数回ほどのペースでは出ています。

普段は手堅く馬券を購入しつつ、オッズが高く、自分の勘が働いたりした時には大穴に賭けてみるのも良いのではないでしょうか。

5:予算が多い時に有効な馬券の買い方は?

逆に、予算が多い時にやっておくといい馬券の買い方は、「自分の予想に入っている馬番の単勝を購入しておく」です。
1着は予想できたのに、2着に大穴が来て3連複をハズした…
などの時に、抑えとして単勝を購入しておけばプラス収支には持っていけないかもしれませんが、マイナスを減らすことができます。
長期的に考えると、この負け額を減らすということがかなり収支に反映されてきます。
勝つための方法、というよりは「負けないための方法」というところでしょう。

6:まとめ

予算
競馬を始めるにあたり、必要な予算について色々とご紹介しましたが、結論から言うと必要な予算は
その人のスタイルに合わせて決める
というところに落ち着くのではないでしょうか。
手堅く複数の買い目を毎回購入していくスタイルなら1レース1,000円程度は必要でしょうし、小点数の買い目だけで毎回大穴を狙うのであれば数百円だけでも良いでしょう。

何より、初心者の方は競馬を楽しみながら馬券を買うということを大切にした方が長く競馬と付き合っていけます。
馬の調子やデータを加味せず確率だけで言うと、競馬は的中させるのがなかなかに難しいギャンブルです。
万馬券が当たることはかなり低い確率ですし、おそらく最初は何レースか負けてたまに的中させてプラス収支になり、ということを繰り返すことになります。
その中で経験を積みながら予想の的中率を上げ、たまに高配当を的中させる、というように競馬を楽しめれば、ウルトラ高配当の万馬券と巡り合えることもあるのではないでしょうか。