競馬はワイドボックスが最強?ワイドボックスの買い方を徹底解説!

1:ワイドとは?

園田競馬 ゴール
馬券がなかなか当たらないと悩んでいる方におすすめしたのが、ワイド馬券です。
今まで、ワイドをあまり使ったことがないという方も多いのではないでしょうか。

高配当ばかりを狙っていると、ワイドのような馬券は軽視されがちです。

ワイドは馬連を3着まで広げたような馬券で、3着までに入る2頭の組み合わせを当てる馬券となっています。

1着・2着・3着の着順は関係ないので、的中率の高い馬券として人気になっています。

馬連を買っていて、選んだ馬が1着と3着で悔しい思いをしたことがある人も多いのではないでしょうか。
そういった場合でも、ワイドなら的中になるのでおすすめです。

3着なら実力が足りない馬でも、飛び込んでくることがあります。
大穴の馬が絡めば、配当もそれなりに期待できます。

的中率も高く、展開次第では高配当も狙える馬券として注目です。

また、ワイド馬券はボックス買いとの相性も良く、ボックス買いと組み合わせることで的中率も上がってくるかもしれません。
今回は、ワイドを用いたボックス買いについて紹介していきます。

ワイドボックスを活用して、的中率アップを目指してくださいね。

【関連記事】

競馬で勝てずお悩みの初心者へ、ワイドなら的中率は格段に上がる!

競馬で勝つには馬連5頭ボックスがおすすめ!買い方や注意点を紹介!

1-1:ワイドのメリット

浦和競馬 払い戻し
ワイドは人によってはあまり使ったことがないという馬券で、好みが分かれるかもしれません。

ワイドのメリットとして一番に挙げられるのは、的中率が高い点です。
馬連を3着まで広げたような馬券で、馬連では的中しない組み合わせが的中となることもあります。

2着と3着でも的中となるので、勝ち馬の馬券を買っていなくても的中になる馬券としておすすめです。

さらに、ワイドの大きなメリットが、複数の当たり馬券が存在することです。
同着などがなければ、ワイドの的中は3通りあります。

そのため、ワイドを3点購入して、3つとも的中するという可能性もあります。
複数点買いしたときに、必ずしも外れ馬券になるというわけではありません。

競馬で長期的にプラス収支にするためには、極力外れ馬券を買わないことが大切です。

点数を絞って賭けていかなければ、控除率の関係でプラス収支にすることが難しくなってしまいます。

ワイド馬券なら2点買いや3点買いをしても、全てが的中する可能性もあるので無駄な馬券がありません。
複数点のワイド馬券が的中すれば、利益も大きくなります。

的中率も高い馬券なので、点数はできる限り絞ってワイドを活用してください。

1-2:ワイドのデメリット

東京競馬 払い戻し
万能に見えるワイド馬券ですが、もちろんデメリットもあります。

ワイドのデメリットは、3連単などの馬券に比べて配当が低いことです。
3連単なら100円で100万円以上の配当が飛び出すことがありますが、ワイドではほぼありえません。

ワイドの最高払い戻しは、2017年12月3日に中京7Rで飛び出した129,000円です。

そのため、ワイドで高額払い戻しを手にするためには、1点に100円以上賭ける必要があります。
3連単のように1レースで大きく儲けるということには向いていません。

ワイドで儲けるためには、的中率を高める必要があります。

ワイド馬券は、オッズが読みにくいというデメリットもあります。
複勝と同じようにオッズに変動があり、実際に結果が出なければ払い戻しはわかりません。

賭ける前からオッズに幅があるので、いくら賭けるか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。

オッズに幅があるときに困ってしまうのは、収支の計算が狂ってしまうからです。

前のレースでの負け分を考えながらプラス収支になるように賭けていたのに、蓋を開けてみたらマイナス収支のままだったということがあります。

オッズに幅があるので目標の金額があると、賭ける金額に迷ってしまいます。

的中したときの金額が細かくわからないと嫌だという人には向いていないかもしれません。

それでも、ワイドにはたくさんのメリットがあるので、デメリットと比較して活用するのかを考えてみてください。

2:ワイドならボックス買いがおすすめ!

ワイド ボックス
ワイドの買い方に迷ってしまう人には、ボックス買いをおすすめします。

ボックス買いは、選んだ馬の組み合わせをすべて買う買い方です。

組み合わせに漏れがないので、予想が的中すれば馬券も当たります。

ボックス買いは気軽にできる買い方の一つで、初心者にも人気です。
ワイド馬券との相性が良いので、ボックス買いを活用することで馬券が当たるようになるかもしれません。

仮に3頭のボックス買いをしたときに3つのワイドを購入したことになりますが、3つ全てが的中となる可能性もあります。

全て的中となれば、ワイドでも大幅に利益を出すことが可能です。

1点的中しただけでもプラス収支にすることはでき、的中率を高める買い方と言えます。

本命馬や対抗馬など予想の順序を決めなくて良いというのもメリットの一つで、予想をより効率良くすることができます。

3頭選んでワイドのボックス買いをすると最初から決めておけば、馬券を買う際に迷わなくて済むでしょう。
ワイド馬券を買うときには、是非ボックス買いを活用してみてください。

3:ワイドボックスで押さえるべき3つのポイント

無料予想
ワイドボックスは的中率を高めるために活用したい賭け方ですが、何も考えずに闇雲に賭けていては馬券も当たりません。
しっかりとポイントを押さえて、的中率を高める意識が大切になります。

そこで、ワイドボックスで押さえるべき3つのポイントについて紹介していきます。
ポイントを押さえながら、ワイドボックス買いでプラス収支を目指してくださいね。

3-1:ワイドボックス買いは4頭以下

フェブラリーS 競馬新聞
ワイドボックスで注意しておきたいのが、購入する点数です。
ワイドは3連単などの馬券に比べ配当が低いので、購入する点数が多いとトリガミになってしまう可能性が高くなります。

ワイドボックス買いをする際には、4頭以下のボックス買いを意識するようにしてください。
4頭のボックス買いの場合、組み合わせは6点になります。

配当が6倍以上になれば、トリガミを避けることができます。

仮に5頭でワイドボックス買いをしたときには、購入点数は10点です。
トリガミを避けるためには、10倍以上の配当を的中させなければいけません。

ワイドの平均配当はおよそ500円~1,000円なので、10倍以上の配当を的中させるのは簡単なことではありません。

そのため、ワイドのボックス買いをするなら、最大でも4点に抑えておきたいところです。

点数をできるだけ絞って、馬券を的中させることを意識してください。

3-2:人気馬に穴馬を絡める

競馬 リプレイ
ワイドのボックス買いえは、人気馬を穴馬の両方を絡めることが大事です。

人気馬ばかりのワイド馬券は的中率こそ高くなるかもしれませんが、配当が低くなりがちです。
連続させて的中させることは難しいので、配当が低い馬券ばかり買っていると回収率が下がってしまいます。

穴馬をしっかりと絡めて、それなりの配当を狙うことも重要です。

実力が足りないような馬でも、3着に食い込むケースもあります。
競馬は展開次第で有利不利も変わり、予想もしていないような穴馬が上位に来ることもあるのです。

穴馬が上位に来るケースとして多いのが、人気薄の穴馬が逃げ粘ることです。
人気薄の穴馬は逃げていても軽視されがちで、誰も競りかけないということがあります。

楽に逃げてスローペースとなれば、最後の直線で余力を残していて逃げ粘る可能性も高くなります。
ワイドボックス買いでは、人気薄の逃げ馬を馬券に絡めても面白いかもしれません。

【関連記事】

競馬で大穴を当てる5つのコツ!穴馬の見つけ方は?

3-3:確実に3着以内に入る本命馬を決める

競馬 赤ペン
ワイドボックス買いの的中率を高めたいのなら、確実に3着以内に入るであろう馬を抽出することが重要になります。

3着以内に入る可能性が高い本命馬を決めて、ボックスを組わせるようにしてください。

競馬では実力がある馬でも、成績が安定しない場合があります。
逆に実力は少し足りなくても、3着までにはいつも入ってくるという馬もいます。

的中率を高めるためには、安定感のある馬を選ぶことが大切です。

気性が悪い馬や出遅れ癖のある馬は、実力があっても成績が安定しません。
パドックでイレ込みなどもチェックし、実力が発揮できるかも判断してください。

【関連記事】

競馬のボックスは当たる?的中への近道!?

まとめ

競馬で的中率が高い馬券として注目されているのが、ワイド馬券です。
ワイド馬券はボックス買いとの相性が良く、ボックス買いをしても複数が的中馬券となることがあります。

3連単などの馬券に比べて配当は低いのですが、当たり馬券が複数存在するというのが大きなメリットとなっています。

ワイドは配当が低いので、トリガミに注意する必要があります。
トリガミを避けるために、ボックス買いは4頭までに絞りたいところです。

年単位でプラス収支を目指すのなら、できるだけ頭数を絞って購入していくことが大事です。
ワイドボックス買いを活用して、回収率100%超えを狙ってみてくださいね。