競馬で勝てないのはなぜ?勝てるようになる3つの方法

1:競馬で勝つことは難しい

競馬新聞 予想 男性
競馬で勝てないと悩んでいる方は非常に多くいます。
競馬は公営ギャンブルであり、スポーツとしてだけでなく賭け事としても楽しめます。
一攫千金を狙って競馬を楽しんでいるという人もいて、色々な楽しみ方ができる点も魅力となっています。

競馬で勝つことは実は難しく、ほとんどの人が負けてしまっています。
しかし、競馬で儲けている人はごく一部ですが間違いなくいるので、競馬で勝つことは不可能ではありません。

競馬で勝つことは難しいことですが、勝てるようになるためにはそれなりのコツがあります。
今回は、競馬で勝てないと悩んでいる方のために、勝てるようになる3つの方法を紹介します。
当記事を参考にして、競馬で年間トータルプラス収支を目指して頑張ってくださいね。

2:競馬で勝てない3つの理由

馬 ディープスカイ
まずは、競馬で勝てない理由について考えていきます。
勝てない理由を考えて、競馬で生かしていくことが大切です。

そこで、競馬で勝てない3つの理由について紹介します。

2-1:周りと同じ賭け方をする

競馬で勝てない理由の一つとして挙げられるのは、周りと同じ賭け方をしていることが考えられます。
競馬では勝てている人もいれば、負けている人もいます。
皆の賭けた金額を取り合う形になるので、周りと同じ賭け方をしているとどうしても負けてしまうのです。

1番人気の馬は勝率こそ高いものの、賭けている人が多いので配当も低くなります。
当たり前のように人気馬に賭けていて儲けることができるほど、競馬は簡単ではありません。

特に、競馬で負けている人にありがちなのが、オッズを見て判断してしまうことです。
オッズを見て人気になっているからという理由で、何となく馬券を買ってしまう人も多いのではないでしょうか。
オッズは競馬ファンの考えが反映されていますが、必ずしもそれが正しいとは限りません。

むしろ周りと違う予想をしたほうが、当たったときの配当は大きくなるのです。
そのため、オッズを見て予想することは危険で、競馬で勝てない原因の一つと考えられます。

【関連記事】

競馬は初心者でも賭け方さえ覚えれば勝てる!勝つためのコツ5選

2-2:控除率

JRA WINS
競馬で勝てない人が多いのは、控除率というものがあるからです。
控除率とはギャンブルの胴元の取り分であり、競馬の場合は控除率が20~30%に設定されています。
つまり、馬券の売り上げの20~30%はJRAの取り分となるのです。

そのため、私たちは馬券売り上げの70~80%を取り合っていることになります。
長期的に競馬をしていると、理論上は資金が最終的に70~80%に落ち着くのです。
これが、競馬で勝てない主な原因となっています。

しかし、必ず負けるかというとそうではありません。
実際に競馬で儲けている人もいます。
競馬で儲けている人は、この控除率をしっかりと理解した賭け方をしています。

他と同じ賭け方をしていては控除率分のマイナスになってしまうことを理解して、別の切り口で独自の賭け方をしているのです。
また、JRAの場合は控除率は馬券の種類によって違います。
3連単の控除率は27.5%ですが、単勝の控除率は20.0%です。

つまり、理論上は単勝馬券の方が3連単よりも勝ちやすくという計算になります。
3連単は高配当が期待できる馬券で人気ですが、控除率のことを考えると不利です。
控除率のことを考えると単勝がおすすめなので、レースの状況次第で上手に使い分けてください。

【関連記事】

競馬の控除率は何%!?勝てないを勝てるに変える3つの必勝法を紹介

2-3:自信のないレースでも馬券を購入

新潟競馬 パドック
競馬で勝てない人は、どのレースでも関係なく賭ける傾向があります。
自信のないレースでも関係なく賭けるので、競馬で勝てなくなってしまうのです。

競馬で勝てる人は勝負レースを絞っていて、自信のあるレースのみに賭けています。
自信のないレースで賭けることは運任せの賭け方となってしまうので、たまたま当たったとしても長期的にみると損をしてしまうことになります。

自信のないレースだとわかっていても賭けてしまうのは、競馬で勝つことよりも楽しさを優先してしまうからです。
もちろん競馬が楽しいからレースを賭けるということは、悪いことではありません。
競馬を楽しむという意味で馬券を買っているのなら、全てのレースに賭けても問題はないのです。

ただし、競馬で勝てないから勝ちたいという理由なら、闇雲に全てのレースで賭けてはいけません。
控除率というJRAの取り分がある以上は、競馬で勝つのに運任せでは難しくなります。
プラス収支を目的とするのなら、勝負するレースはしっかりと絞ることが大切です。

3:競馬で勝てるようになる3つの方法

ゲート 鳥
競馬で勝てないと悩んでいる人のために、競馬で勝てるようになる3つのコツを紹介します。
特に競馬初心者の方は、何を大事にして予想をしていいのかわからないかもしれません。
3つの方法を参考にして、万馬券的中を目指してくださいね。

3-1:各競馬場の特性を理解する

競馬場 コーナー
競馬で勝つためには、各競馬場の特性を理解することが重要です。
中央競馬は東京競馬場や中山競馬場、阪神競馬場、京都競馬場など、様々な競馬場で行われます。
それぞれの競馬場には特徴があり、レースで求められる能力も変わってきます。

例えば、東京競馬場は最後の直線が非常に長く、コースが広くてコーナーも緩やかです。
そのため、差しや追い込みなどの戦術も決まりやすく、後方にいる馬が上位に来ることも珍しくありません。
また、コーナーを上手く曲がれないような不器用な馬でも、最後の直線で挽回するチャンスが十分にあります。

千葉県の船橋市にある中山競馬場は、最後の直線が短く、コーナーも急です。
最後の直線には急坂が待ち構えていて、逃げや先行などの戦術が決まりやすい傾向があります。
コーナーが急なので、不器用な馬はコーナーで離されてしまって、上位に来るのが難しいコースです。

また、同じ競馬場での距離によってレースの傾向が変わるというのも覚えておきたいところです。
距離によってスタート位置も変わってきて、1コーナーまでの展開も変わります。
1コーナーまでの距離が長いと先行争いが激しくなり、ペースが速くなりがちです。
ペースが速くなることで逃げや先行の馬がバテてしまい、後ろのいた馬にチャンスが広がります。

各競馬場とその距離によって特性が異なるので、特性を理解して予想を展開するようにしてください。

3-2:レース展開を予想する

東京競馬 出馬表
競馬で勝てる人は、レース展開の予想が上手です。
競走馬の実力を見極めるだけでなく、レース展開の予想も組み込むことで高配当が的中するようになるかもしれません。

レース展開の予想が重要なのは、ハイペースかスローペースかによってどの位置にいる馬が有利かが変わってくるからです。
先行争いが激しくなりハイペースにいると前に付けていた馬が最後の直線でスタミナを使い切ってしまい、後方に位置していた馬が上位を独占してしまいます。
力のない穴馬が上位に飛び込んでくることもあり、高配当が飛び出すこともあるのです。

逆にスローペースのときには前に付けていた馬が余力を残しているため、後方にいる馬が最後の直線で前を抜けないということがあります。
特に人気薄の逃げ馬が楽に逃げ切ってしまうこともあるので、どの馬が逃げるのかは常にチェックしておきたいところです。

出馬表ではそれぞれの脚質も考えながら、レースの予想をしてみましょう。

【関連記事】

競馬予想に役立つ!おすすめの展開予想ソフト4選!

3-3:種牡馬の産駒傾向を掴む

アイスランド 馬
競馬はブラッドスポーツと言われ、血統面が非常に重要です。
種牡馬によって産駒の特徴は異なるので、種牡馬の産駒傾向を利用した予想が大切になってきます。

例えば、三冠馬ディープインパクトの産駒は、完成度が高くクラシック路線など早くから活躍する傾向が見られます。
差しや追い込みが得意で、直線の長い競馬場で特に力を発揮できます。
父譲りの運動神経の良さで、荒れた馬場でも上手に走るのが特徴です。

キングカメハメハ産駒は力のある馬場も得意で、ダートもこなします。
そのため、初のダート戦であっても、難なく走り切ってしまうことが多いです。
中山競馬場や阪神競馬場など、パワーが必要とされる競馬場で特に注目したい種牡馬となっています。

このように種牡馬の産駒傾向を掴んでおくと、他の人が買えない馬券でも変えてしまうのです。

【関連記事】

競馬において、血統を知れば初心者の競馬は変わる!

競馬の雨の日こそ勝負!影響に強い血統と騎手を紹介

まとめ

競馬で勝てないと悩んでいる方も多いでしょうが、それはギャンブルの胴元の取り分である控除率があるからです。
勝っている人はごく一部で、ほとんどの人が競馬で勝てていないのが現状です。
周りと同じ賭け方をしていると、自然と負けてしまうのが競馬の本質となっています。

競馬で勝とうと思ったら、他とは違う自分独自の予想方法を確立する必要があります。
競馬場の特性を理解したり、種牡馬の産駒傾向を掴んで、他の人が予想していない切り口で期待馬を抽出することが大切です。

また、控除率は3連単よりの単勝の方が低いので、単勝馬券も活用していきましょう。
競馬で勝つためのコツを掴んで、回収率アップを目指してくださいね。