競馬の勝ち方を徹底調査!ワイド馬券で的中率アップ!

1:ワイドで的中率が上がる?

新潟記念 馬券

競馬でなかなか勝てないと悩んでいる方がほとんどではないでしょうか。
競馬予想は簡単ではなく、専門家でも予想が外れることが多いという現状です。

ギャンブルには胴元の取り分となる控除率があるので、長期的に賭け続けてプラス収支にするのは難しいという仕組みになっています。

馬券の売り上げのうちの一部が差し引かれて残りの金額が払い戻しにあてられるので、マイナス収支となってもおかしくないのです。

競馬の勝ち方に悩んでいる人が勝てるようになるためには、まず的中率を上げることが基本となってきます。
競馬で勝てない人に多いのが、高配当を狙いすぎているケースです。

穴馬を絡めた三連単ばかりを購入し、馬券が当たっていないということが多く見られます。

ハイリスクハイリターンな三連単は一発逆転の魅力もありますが、当たれなければ意味がありません。
馬券が当たって初めて、払い戻しを手にすることができます。

そこで、的中率の高い馬券として注目なのがワイド馬券です。
ワイドは三連単ほどの高配当は期待できませんが、確実に馬券を当てたいという方におすすめです。

今回は、競馬の勝ち方に悩んでいる人のために、ワイド馬券で稼ぐ方法について紹介していきます。
ワイド馬券を上手に活用して、コンスタントに馬券を的中させてくださいね。

1-1:ワイドのメリット

馬券 ワイド 的中

ワイドは、1着から3着までに入る2頭の組み合わせを予想する馬券です。
馬連と違って、選んだ馬が1着・3着、2着・3着でも的中となります。

そのため、1レースにつき3通りの的中パターンがあるというのが特徴です。

同着がない限り馬連や三連単などの馬券は的中が1通りしかないので、確率上はワイドの方が遥かに当てやすい馬券となります。

また、高配当はあまり期待できませんが、的中パターンが3通りあるので3点とも馬券が的中するという可能性もあります。
3通りの馬券が当たれば、それなりの利益が出るかもしれません。

馬券が1つではなく、2つや3つ当たる可能性があるのも魅力です。

ワイドのオッズは複勝のように幅があるのが特徴で、上位に来た3頭の組み合わせによって変動します。

3頭の組み合わせによって配当が決まるので、払い戻しの金額が計算しにくいというデメリットはあります。
ただし、上位に穴馬が絡めば、思っていた以上の払い戻しになることも期待できるかもしれません。

競馬初心者の方にとっては特に馴染みのない馬券かもしれませんが、的中パターンが3通りあるワイドで的中率を意識した馬券の買い方を試してみてください。

2:ワイドを活用した競馬の勝ち方

競馬 直線

競馬はプラス収支にするのが簡単ではなく、勝ち方は日々研究されています。

競馬の勝ち方がわからないと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。
そこで、ワイドを活用し競馬で利益を出すコツについて紹介していきます。

競馬の勝ち方として重要な部分はしっかりと押さえて、年間トータルで利益を出せるよう頑張ってくださいね。

2-1:ワイド3頭ボックス

中京 ワイド ボックス

ワイドの買い方としておすすめなのが、3頭ボックスです。

ワイドは的中率が高い分、配当が低いというデメリットがあります。
そのため、点数を増やしすぎてしまうと、トリガミになってしまう危険性があります。

ワイド3頭ボックスの場合は、購入点数はわずか3点です。

配当が300円以上になればトリガミにならないので、購入点数としては問題ありません。

ワイド3頭ボックスは三連複1点買いのようなものですが、三連複を1点で的中させることは難しいことです。
ワイド3点にすることでリスクヘッジをすることができ、1点でも当たればプラス収支にすることが可能です。

予想がずばり的中すれば、3点のワイドが全て当たるかもしれません。

3点当たれば利益も大幅に出るので、プラス収支にしやすくなります。

ワイドでのボックス買いの場合には、馬券を4点以上買うと1つ以上は外れ馬券になるのが確定します。
同着がない限りワイドの的中パターンは、1レースに3通りまでだからです。

長期的にプラス収支とするためには、外れ馬券などの無駄な馬券を削っていくことが大切です。

そういう意味では、ワイド3頭ボックスは理にかなっていると言えます。

上位に来る可能性が高い3頭を選んで、ワイド3頭ボックスを試してみてください。

【関連記事】

2-2:1番人気以外を本命にする

新潟2歳S 払い戻し

ワイドで稼ぐためには1番人気以外を本命にする意識が大切です。

1番人気の馬は競馬ファンからも最も信頼されている馬で、馬券も多く購入されています。
オッズは下がってしまって、当たったとしても配当はあまり期待できません。

競馬にはJRAの取り分である控除率があり、控除率分を差し引かれた金額を奪い合うというイメージになります。

そのため、他の人と同じような予想方法をしていては、競馬で勝つことはできません。
特にワイドは、他の馬券に比べて配当が低くなりがちです。

低配当の馬券を的中させても、長期的にみるとマイナス収支になる可能性が高くなります。

できるだけ1番人気以外の馬を本命にし、配当に旨みのある穴馬を狙いたいところです。

ただし、どうしても1番人気の馬が勝つ可能性が高いと予想するときには、1番人気の馬を本命にしても構いません。
同じ1番人気でも単勝オッズ1倍台の馬と、4倍台の馬とではワイドのオッズも変わってきます。

1番人気の割にはオッズも期待できるというときには、積極的に狙ってみてもいいかもしれません。

競馬の勝ち方として大事なのは、期待値を考えて馬券を購入することです。

人気と配当のバランスを考えながら、オッズに旨みのある馬を本命にするよう意識してください。

2-3:人気馬と穴馬の組み合わせを狙う

リオンディーズ パドック

ワイドを買うなら、人気馬と穴馬の組み合わせを狙いたところです。

例えば、穴馬を本命にしたときに、相手も穴馬にすると的中率は低くなってしまいます。
的中したときの高配当は期待できるかもしれませんが、当たらなければ意味がありません。

わざわざ穴馬同士で高配当を狙うのは、ワイドの良さを消してしまっています。

逆に人気馬同士では配当が低くなりすぎてしまうので、トリガミになってしまう危険が高まります。
ワイドでバランスの良い馬券は、穴馬と人気馬の組み合わせです。

チャンスのある穴馬を見つけたら、相手は上位人気の馬でも構いません。
3着以内に入る可能性が高い馬をしっかりと見極めてください。

人気馬と穴馬の組み合わせで、回収率アップを目指しましょう。

3:ワイドを活用する芸能人・競馬評論家

競馬予想TV 番組

ワイドは競馬初心者の方にはあまり馴染みのない馬券かもしれませんが、ワイドを愛用している芸能人や競馬評論家たちは多くいます。

ワイドでの予想を披露することで有名な芸能人がDAIGOです。

DAIGOは競馬好きな芸能人として有名で、「みんなのKEIBA」など様々な競馬番組に出演しています。
馬券はワイドを愛用していて、競馬番組でもワイドの予想で注目を集めています。

2020年8月23日に開催された札幌記念でワイドを的中させました。

的中した配当は430円で、8000円分購入していたので払い戻しは34,400円です。
ワイド2点でずはり的中させたので、DAIGOのワイド馬券から目が離せません。

また、ワイドを勝負馬券としている競馬評論家が水上学氏です。
競馬評論家は「競馬予想TV!」に出演していて、血統を中心とした予想を展開しています。

水上学氏は一つの券種にこだわらずにケースバイケースで馬券を使い分けていますが、自信のあるレースでは勝負馬券としてワイドを活用するようです。
そのため、水上学氏がワイド馬券を購入しているときは要注意です。

DAIGOや水上学氏のワイド予想をチェックして、競馬予想に役立ててくださいね。

【関連記事】


まとめ

ワイドは、的中率の高い馬券として人気です。
選んだ2頭が1着から3着までに入れば的中となるので、馬連よりも当たりやすい馬券と言えます。

オッズは複勝のように幅があり、上位に来た3頭の組み合わせにより配当金が決定します。

ワイドの最大の特徴は、同着がない限り1レースに当たりとなる組み合わせが3通りある点です。
3通りのうち1点を的中させると考えれば、競馬初心者の方でも当たるかもしれないと思うのではないでしょうか。

3着以内に入る可能性が高い信頼できる馬を見つけられれば、的中率は跳ね上がります。

ワイドを購入するときは人気馬と穴馬の組み合わせがおすすめです。
ある程度配当の旨みも考えながら、穴馬を混ぜた馬券で利益を出すことを意識したいところです。

ワイドは競馬初心者にとって馴染みのない馬券かもしれませんが、的中率が高いので活用してみるのも良い方法です。

競馬の勝ち方に悩んでいる人は、ワイドを駆使して回収率アップを狙ってみてくださいね。