競馬でクレジットカードが使える!購入方法やお得な情報を紹介!

1:競馬でクレジットカードは使えるの?

クレジットカード ポケット

競馬の馬券を買うのは現金だ、というイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

最近は競馬場で馬券を買わずに、インターネット上で馬券を買って競馬を楽しんでいる人も増えています。
クレジットカードを使えればさらに便利で、気軽に馬券を購入することができます。

実は馬券を買うのは現金である必要はなく、クレジットカードは利用可能です。
ただし、使えるクレジットカードと使えないクレジットカードがあったり、JRAの公式サービスを利用する必要があります。

そこで、今回は競馬でクレジットカードを使う方法やそのほかのお得な情報について紹介していきます。

クレジットカードを使うことで、馬券購入を効率化し予想に割く時間を増やせるかもしれません。
正しい使い方を理解して、競馬をより楽しんでください。

1-1:クレジットカードの使い方

クレジットカード 男性

クレジットカードを使いたい場合は、まずJRAの公式サービスであるJRAダイレクトを利用している必要があります。

競馬場現地でクレジットカードを使って購入するわけではないので、その点は注意してください。

クレジットカードをメインに馬券を購入したいという方は、JRAダイレクトへの登録をするようにしましょう。
ただし、サービスを利用できるのはパソコンのみなので、パソコンを持っている必要があります。

JRAと提携しているクレジットカードを使用することができ、JCBカード、三井住友VISAカード、楽天カードなどが使えます。

JRAダイレクトを活用すれば、簡単にクレジットカードで馬券が購入できるのです。

また、インターネット環境があれば、スマートフォンでもいいのではないかと考える方もいるかもしれません。

スマートフォンでも投票は可能ですが、操作性が悪くJRAも推奨していません。
JRAのサポート対象外となるので、スマートフォンから投票する際には自己責任だということを覚えておいてください。

1-2:クレジットカードを利用する場合の注意点

クレジットカード ショッピング

JRAダイレクトでクレジットカードを使用し馬券を買う場合には、クレジットカードの名義に注意してください。

「クレジットカードの名義」と「クレジットカードの利用代金支払い口座名義」が一致していなければ登録することができません。
つまり、本人名義でないといけないので、本人名義のクレジットカードを用意してください。

また、「家族カード」や「法人カード」も使うことができません。
もちろん未成年もJRAダイレクトへ登録不可です。

そして、クレジットカードは現金を使うよりも簡単に馬券を買うことができます。

ついつい使いすぎてしまう傾向があるので、収支管理が大切です。
アプリなどを使って収支管理をしておくと、無駄な出費も減らすことができるかもしれません。

クレジットカードを利用する際には、しっかりと出費を管理して使い過ぎに気を付けてください。

1-3:JRAダイレクトには利用上限あり

豚 貯金箱

JRAダイレクトは、クレジットカードを利用して馬券を購入できる便利なサービスです。

しかし、JRAダイレクトには利用上限があります。
クレジットカードを使って便利に購入できてしまうため、利用限度額を設けているといます。

1か月の利用限度額は5万円で、普段かなりの金額を賭けている方には物足りないと感じるかもしれません。
これは、馬券に熱くなりすぎて、返済できないような金額を損失しないための仕組みです。

また、JRAダイレクトでは1回あたりの最低購入金額や購入可能件数もあります。

これらを把握しておかないと、いざ馬券が買いたいというときに買えないかもしれません。
JRAダイレクトを利用する際には、利用制限、手数料等について調べておきましょう。

2:地方競馬でクレジットカードは使える?

競馬 ダート

JRAダイレクトはJRAの公式サービスですが、地方競馬でクレジットカードを使いたいという方も多いのではないでしょうか。

残念ながら、地方競馬ではクレジットカードを使うことはできません。

インターネット投票自体はできますが、クレジットカードは使用不可となっています。

楽天競馬やSPAT4を使えば、インターネット上で馬券は購入可能です。
ただし、クレジットカードには対応していないようです。

そのため、地方競馬をしたい場合には、競馬場にいくか銀行口座を用意してインターネット投票をしなければいけません。

地方競馬の大きなメリットは、平日にもレースがあることです。
毎日競馬を楽しむことができるのが魅力で、クレジットカードは使えませんが地方競馬にも注目してみてください。

3:JRAカードでさらにお得!

JRA マーク

中央競馬の馬券はクレジットカードを使って購入することができますが、お得な情報があります。

それは、JRAが三菱UFJニコスが提携して発行しているクレジットカード「JRAカード」です。

「JRAカード」には「NICOSカード」と「DCカード」の2種類があり、自分の好きな方を選ぶことができます。

DCカードにはカードデザインが複数あり、希望のデザインを選択できるのも魅力です。

有名な名馬がデザインになっているカードもあるので、競馬が好きな人にはたまらないクレジットカードとなっています。

さらに、「JRAカード」の大きな魅力は、ポイントを貯めることができる点です。
来場ポイントとショッピングポイントの2種類があり、競馬場の指定席をカード予約により購入したり、競馬場でショッピングをしたりすることでポイントが貯まっていきます。

貯めたポイントは、様々なグッズに交換することができます。

ターフィーのぬいぐるみや名馬のデジタルフォトプリント、おがわじゅりのイラストなど、豊富なグッズが揃っている点も魅力です。
競馬場をよく利用するという方には、「JRAカード」がおすすめです。

もちろん「JRAカード」を使って、馬券を購入することもできます。
競馬ファンには非常にお得なカードとなっているので、気になる方はJRAの公式ホームページをチェックしてみてください。

4:キャッシング枠を使う方法もある

財布 お金

JRAダイレクトに登録していればクレジットカードでの購入が可能ですが、クレジットカードのキャッシング枠を使うという方法もあります。

特に地方競馬ではクレジットカードを利用して馬券を買うことができないので、どうしても馬券が購入したい場合はキャッシング枠を活用するというのも一つの方法です。

ただし、キャッシング枠にはカード上限があったり、お金を借りることになるので返済が必要だという欠点もあります。

どうしても現金が欲しいときには有効ですが、馬券が外れてしまって後悔をする方もいるかもしれません。

キャッシング枠を使う方法があるのは確かですが、後悔のないように自分の財布と相談しながら決めるようにしましょう。

5:便利になったペイジー入金にも注目!

財布 カード

クレジットカードを利用したいのならJRAダイレクトがおすすめですが、即PATやA-PATといったJRA公式サービスにも便利な機能があります。
それは、ペイジー入金です。

ペイジー入金とは即PATやA-PATの入金が不可能な銀行から、入金が可能となる仕組みのことです。

即PATなどで入金が可能な銀行はジャパンネット銀行・楽天銀行・三井住友銀行・三菱UFJ銀行など限られていたため、普段は使っていない口座に入金するといった不便さがありました。

しかし、ペイジー入金なら普段使っている地方銀行から、馬券を購入するための費用を入金することができるのです。

ただし、ペイジー入金には、110円の手数料が発生します。

この手数料をもったいないと感じる方もいるかもしれません。
即PAT利用銀行なら、開催日1日あたり2回までは手数料は無料です。

手数料のことも考えながら、必要なときにはペイジー入金を活用して競馬を楽しんでください。

まとめ

競馬の馬券は、必ず現金で購入しないといけないわけではありません。

銀行口座を利用したインターネット投票やクレジットカードを使っての投票も可能です。

クレジットカードを利用して馬券を購入する際には、JRAダイレクトへの登録が必要です。

JRAダイレクトはJRAの公式サービスで、クレジットカードで馬券を購入できるサービスです。
JRAダイレクトに登録すれば、クレジットカードを活用して簡単に馬券を買うことができるのです。

ただし、JRAダイレクトには利用限度額があり、1か月に5万円までしか利用することができません。

大きな金額を賭けたいという方には、少し物足りない仕組みとなっています。
しかし、これはクレジットカードを使うことの危険さを表しているとも言えます。

ついつい熱くなってしまって、後から返済できないほどの金額を購入してしまう人もいるかもしれません。

そういったケースを防ぐための仕組みなので、むしろ良い方向で捉えるべき仕組みです。
クレジットカードは便利ですが、便利だからこそ危険が部分があるのです。

自分の懐事情をしっかりと考えながら、無理のない範囲で馬券を買うようにしてください。