競馬のネット購入でゆうちょを使う前に必ずチェック!3つの注意点をご紹介

競馬のネット購入でゆうちょ銀行の口座を使えるかどうか気になる方はいらっしゃいませんか?

もっともポピュラーなネット投票サービス「即PAT」はゆうちょ銀行に対応しています。

ただ、ゆうちょ銀行を使う前にチェックしておきたい3つのポイントがありますので、事前にチェックしておきましょう。

当記事ではゆうちょを使って即PATでネット購入する方法をご紹介します。

競馬のネット購入でゆうちょ銀行を使う時の3つの注意点

ゆうちょ

競馬のネット購入(即PAT)でちゅうちょ銀行を使う時、3つの注意点がありますので、事前にチェックしておきましょう!

・総合口座かどうかチェック
・加入手続きには8つの情報が必要
・1・4・7・10月の最終金曜日は加入できない

総合口座かどうかチェック

総合口座

まずネット購入する前にゆうちょの口座が「総合口座」かどうかご確認ください。

送金機能のない通常貯金口座では利用できません。

キャッシュカードが届いていれば対応口座です。

わからない場合は通帳の2ページ目(開いて下段のページ)の「振替口座開設(送金機能)」に〇印がついているかどうかご確認ください。

も印がついていれば利用できます。

加入手続きには8つの情報が必要!

ゆうちょ銀行で加入手続きするには以下の8つの情報が必要です。

・お名前
・生年月日
・性別
・郵便番号
・住所
・電話番号
・総合口座の「記号」・「番号」
・キャッシュカードの暗証番号

キャッシュカードの暗証番号とは即PATに登録する時、ゆうちょ銀行のサイトで本人確認のため必要です。

1・4・7・10月の最終金曜日は加入できない

ゆうちょ銀行は以下の月の最終火曜日の1時から6時までは定期システムメンテナンスのため即PATに登録できないので注意しましょう。

2021年で登録できない日にちをご紹介します。

・1月26日
・4月27日
・7月27日
・10月26日

JRAのほうは毎晩23:40~24:10までシステムメンテナンスのため「申し込み」・「入金指示」・「出金指示」ができません。

またJRA開催日の発売時間帯外・地方競馬競馬ネット投票の発売時間帯外では登録できません。

ゆうちょを使って即PATでネット購入してみた

実際にゆうちょを使って即PATでネット購入できるか試してみましたので、手順をご紹介します。

まず手元にゆうちょの総合口座通帳あるいはキャッシュカードを準備します。

即PATの加入申し込みページから「ゆうちょ銀行でお申込み」をクリックしします。

ゆうちょ銀行でお申込み

即PATの登録のため「約定」に同意しゆうちょの口座情報を入力します。

ゆうちょの口座情報を入力

入力項目は以下の3項目です。

・姓名(全角カナ)
・生年月日(半角数字8桁)
・性別

入力が終わったら確認をクックし内容に誤りがなければ「送信」ボタンをクリックします。

次にします。

金融機関を選択

金融機関の種類は「ゆうちょ銀行」、金融機関は「ゆうちょ銀行(即時振替受付)」を選択します。

次に口座情報の確認で「口座名義人」が表示されるので、内容に誤りがなければ「金融機関へ」をクリックします。

金融機関へ

クリックしたらで口座振替契約のお手続きのため口座振替利用規定をクリックします。

※クリックしないと「同意」ボタンのクリックが有効になりません。※

規定をクリックしたら「同意」ボタンをクリックします。

次に口座自動振替契約の手続きを行います。

口座自動振替契約

記号入力は5桁のうち先頭の「1」と末尾の「0」を除いた3桁の数字を入力します。

入力が終わったら「進む」ボタンんをクリックして口座情報の入力に移ります。

口座情報の入力

口座番号は8桁のうち末尾「1」を除いた7桁の数字を入力し「進む」ボタンをクリックすると以下の申し込み内容が表示されるので、誤りがなければ「進む」をクリックします。

・収納期間(日本中央競馬界)
・記号
・番号
・口座名義
・口座名義人生年月日

キャッシュカードの暗証番号「数字4桁」を入力し「進む」をクリックします。

数字4桁

次に即時振替サービスの申し込みのため、登録内容を確認し「口座振替申込」を押してください。

口座振替申込

口座振替申込をしたら、加入者番号を入力します。

※加入者番号の入力ではログインに必要な暗唱番号を使うので、丁寧に入力していきましょう※

加入者番号の入力

入力内容は以下の5項目です。

・姓名(漢字)
・郵便番号(半角数字7桁)
・住所(漢字)・(全角カナ)
・電話(半角英数字)
・暗証番号(半角数字4桁)

入力が終わったら「確認」をクリックして加入者情報の確認を行い、誤りがなければ「お申込み」をクリックしてください。

申込が完了したら以下の利用に必要な情報が発行されるのでメモっておきましょう。

・「加入者番号」
・「P-ARS番号」
・「INET-ID」

最後に画面を閉じて「即PAT」で馬券のネット購入ができます。

即PATの使い方は以下の記事で詳しく紹介していますので、合わせてお読みください。

【関連記事】

競馬のネット購入でゆうちょを使うと手数料は2回まで無料

競馬のネット購入でゆうちょを使うと手数料ってかかるの?

ゆうちょから即PATに入金すると手数料がかかるかどうか気になりますよね。

即PATの入金指示からの入金だと開催日1日あたり2回までは手数料無料で、3回目以降は1回につき15円の手数料がかかります。

※土曜日20時に入金した場合は日曜日分の回数としてカウントされます。※

ペイジー入金サービスを使った場合、1回につき64円(税込)円かかります。

即PATから入金する場合2回まで手数料は無料と覚えておきましょう!

競馬のネット購入でゆうちょはおすすめできない

以上、競馬のネット購入でゆうちょ銀行を使う3つの注意点をご紹介しました。

・総合口座かどうかチェック
・加入手続きには8つの情報が必要
・1・4・7・10月の最終金曜日は加入できない

ゆうちょ銀行は出金時、ゆうちょATMの利用時間内であれば入出金の手数料はかからないものの、他銀行に比べるとあまりお得感はありません。

私としては以下の理由から楽天銀行をおすすめします。

・入金しただけでポイントが貯まる
・対応コンビニATM数が多く出金に困らない
・開設してから6カ月間は最大月7回手数料無料

【関連記事】