競馬 初心者 地方競馬

競馬で初心者が勝つには地方競馬が有効かも?

1:競馬初心者はぜひ、「地方競馬」に注目すべし

現在競馬をやっている人で、地方競馬に注力して競馬をしている人は何人くらいいるのでしょうか?
競馬初心者でそんな人はなかなかいないのではないでしょうか?
今回は、そんなマイナーイメージの強い地方競馬について、特に初心者向けにフォーカスを絞ってご紹介していきます。

2:地方競馬って何?

競馬 地方競馬

先ほども少し書きましたが、競馬ファンの中でも地方競馬に力を入れている人は少ないです。
特に初心者ともなれば、地方競馬メインという人はほとんどいないハズ。

まず基本的な知識として、地方競馬とは、県や市町村などの自治体が行う競馬です。
主催者は道県、市、各地域の競馬組合など計15団体で、地方競馬場は全国に18カ所存在しています。

2-1:地方競馬と中央競馬の違い

地方競馬 中央競馬 違い

地方競馬と中央競馬、どちらも公営ギャンブルの競馬ですが、かなり内容は違います。
簡単に違いをまとめてみたので、初心者は以下を参考にしていただければと。

地方競馬 中央競馬
主催 県や市町村 JRA(国)
開催日 毎日どこかで開催 土日がメイン
コース コンパクトで主にダートコース 芝とダートコースの両方
馬券
購入場所
競馬場のほか、即PATやオッズパークなどネット 競馬場のほか、即PATなどネット、WINS
特徴 勝利時の賞金が低い、中央競馬に比べて強い馬が少ない 勝利時の賞金が高い、強い馬が多い、G1など有名なレースが多い

いかがでしょうか?
ざっくばらんに言うと、中央競馬はお金持ち、地方競馬は泥臭い、という印象では?(笑)
ここで紹介したこと以外でも、中央競馬では出走する騎手や馬が毎回入れ替わることがほとんどなのに対し、地方競馬ではあまり騎手や馬の入れ替わりがありません。
地方競馬では基本的に、同じ競馬場には同じ馬や騎手が出走することが多いです。
少し余談ですが、交流競走というレースが地方競馬にはあります。
これは全国各地から色んな馬が集まり出走するレースです。
このレースでは有名馬や有名騎手がエントリーすることもあって、中央競馬ファンにも大変人気です。
まだ競馬のことにそんなに詳しくない初心者でも、この交流レースなんかは非常に楽しみやすいのではないでしょうか。

3:競馬初心者でも把握しておくべき地方競馬の特徴

地方競馬 特徴

前の項目でも地方競馬と中央競馬の違いについて少し説明しましたが、この他にも地方競馬ならではの特色はかなりたくさんあります。
初心者は「そんなことあるの!?」となるような内容もあるかもしれません。
ここではそんな地方競馬の特徴について、詳しく解説していきます。

3-1:レースの種類が2つある

地方競馬 ばんえい競馬

初心者が主に耳にするレースの情報は中央競馬のレース情報が多いのではないでしょうか?
中央競馬は重賞レースなど有名なレースはありますが、競争の種類としては1種類のみです。
地方競馬には平地競争ばんえい競争という2種類の競争があります。
平地競争はみなさんご存知の通り、中央競馬と同じくコースのスタート地点からゴールまでの距離を走り、スピードを競う競争です。
ばんえい競争は競走馬が重いソリを引きながら障害コースを走る、パワーとスピードを競う競争です。
ばんえい競争は普段見ることがほとんど無いので、実際に見ると興奮すること間違いなしのレースです。

3-2:馬券の種類が競馬場によって異なる

初心者ならずとも、普段中央競馬を使っている人は馬券の種類はどこでも一緒という認識ではないでしょうか?
地方競馬ではおおまかには同じですが、競馬場ごとに馬券の種類が違うことがあります。
例えば、ばんえい帯広競馬場では「ワイド」の取り扱いが無かったり、船橋競馬場では中央競馬には無い「枠連単」や「枠連複」という馬券があります。
また、中央競馬のWIN5に似た「重賞式」という馬券があり、これは同日開催の複数のレースの1着を当てる馬券です。

3-3:ナイターレースがある

地方競馬 ナイター

初心者でも、地方競馬は平日も開催されているということを知っている人は多いかも知れませんが、地方競馬にはナイターがあるのです。
昭和61年に初めて東京の大井競馬場で開催され、会社帰りのサラリーマンであふれるほど人気を博し、以降ナイターの実施は広がり、現在では全国7箇所の競馬場で開催されています。
特にナイターは照明で競走馬が映えるので、初心者は一度ナイターを見に行くことをおすすめします。
新たな競馬の楽しみ方を発見できるのではないでしょうか。

4:地方競馬と中央競馬のどちらが競馬初心者向けか

ここまでで地方競馬の特徴について説明しましたが、初心者にとって地方競馬と中央競馬、どちらが勝ちやすいか、初心者におすすめなのかを解説しましょう。
結論からお話しすると、初心者が的中を最重要視するならば、断然地方競馬をおすすめします。
その理由は地方競馬では小頭数のレースが多いからです。
地方競馬では最大18頭立てではなく、ほとんどの競馬場で14頭が最大出走数になります。
さらに実際のレースでは8~12頭立てが中心で開催されいます。
細かい要素や情報を加味すると中央競馬の方が得意、という人もいるかもしれませんが、単純に確率が上がるという点が初心者のメリットになるということは確かです。
ただ、地方競馬はオッズは低いので、その点には注意が必要です。

5:地方競馬の予想ポイント

初心者には地方競馬の方がおすすめ、と書きましたが、ここでは地方競馬で予想を立てる際のポイントをご紹介します。

5-1:初心者の地方競馬予想ポイント① 逃げ馬を狙え

地方競馬 逃げ馬

地方競馬のコースは中央競馬に比べて規模が小さいので、ゴールまでの距離が短く、先行馬が逃げ切ることが多く見られます。
なので基本的には先行脚質の馬、もしくは人気馬が勝つ傾向が強いです。
このことから勝馬を予想するのは初心者でもそこまで難しくはないのですが、人気馬が勝ちやすいということは、おのずとオッズが低くなるということです。
的中させるだけなら出走数の少ないレースで人気馬に賭ければ良いですが、プラス収支を狙う際には注意が必要になります。

5-2:初心者の地方競馬予想ポイント② 過去データを見ろ

地方競馬と中央競馬の違いでもご紹介したとおり、地方競馬では出走馬や騎手が毎回入れ替わることは少なく、同じ組み合わせでの出走も多いです。
このことから馬と騎手の組み合わせと過去のレース結果を見ることで、「この組み合わせはかなり強い」という自分なりの鉄板を見つけることができます。
ただし、かなり勝率の高い出走馬と騎手の組み合わせでは、これまたオッズが低いことが多くなります。
鉄板条件を数パターン見つけ、オッズを気にしながら賭けることが必要になってくるでしょう。
また、コースを知り尽くしている騎手は、どんな走らせ方をすればよいか分かっているので、穴馬に人気騎手が乗る際は要注目です。

6:地方競馬をやるなら必須、オッズパーク

地方競馬 オッズパーク

初心者でも名前くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか?
地方競馬をやるうえで欠かせないのがオッズパークというサイトです。
このオッズパークでは、注目レースの紹介、過去のレース情報、馬や騎手などのデータベースを見ることができ、さらにはサイトから馬券の購入をすることもできる万能サイトです。
初心者ならずとも、地方競馬をやったことがなく、調べたいことや気になっていることがある人は、オッズパークを見ればだいたいのことは解決すると言っても過言ではありません。
また、オッズパークでは地方競馬の他にLOTOや競輪、オートレースの情報も調べることができます。
目移りしてお金を使いすぎないよう注意が必要ですね(笑)

まとめ

今回は普段あまり注目することが少ないであろう地方競馬、特に初心者に向けた情報にフォーカスを当ててご紹介しました。
普段目にすることの多い中央競馬でも、挑み方次第では的中を狙うこともできますが、単純に知識が無い初心者は勝てずに悩んでいる人も多いハズです。
そんな時、気分転換くらいの気持ちで地方競馬をやってみるのもいい方法ではないでしょうか。
今回ご紹介したとおり、出走数や確率、出走馬に変更が少ないことから、地方競馬なら初心者でも的中を狙うことが少し簡単になります。
ただし、オッズを気にしながらプラス収支が見込める馬券の買い方をすることが必須にはなりますが。
また、ばんえい競馬やナイターなど、地方競馬にはエンターテイメントとしての魅力がある部分も多いです。
せっかく普段とは違う競馬をやるなら、馬券購入だけではなく、できれば競馬場に赴いて、新たな競馬の楽しみ方を見つけるのも非常に有意義な時間となることでしょう。
的中を狙うことも大切ですが、競馬を楽しむ方法を増やす、という目的で地方競馬に目を向けてみるのもいいかもしれませんね。