競馬で必ず当たる方法は?当たるようになる3つの方法

1:競馬には必ず当たる方法がある?

皐月賞 予想

競馬は国内でも人気の公営ギャンブルで、競馬で一攫千金を夢見ている方も多いのではないでしょうか。

宝くじよりも一攫千金に現実味があり、実際に大金を手にした人がいるのも事実です。

競馬では常に多くのファンが、その必勝法について検討しています。

競馬に必勝法がないかは、常に模索されているのです。

必ず当たる方法があれば、競馬で勝ち続けることも夢ではありません。

しかし、現実はそう甘くはなく、競馬に必勝法と言えるものは見つかっていません。

もしも必勝法があれば、誰でも簡単にお金を稼ぐことができることになります。

競馬には絶対はないので、必ず当たると言えるような方法はないのです。

ただし、的中率をできる限り上げることは可能です。

予想家の中でも的中率や回収率に優れた人もいて、年間トータルでプラス収支になっているケースもあります。

必ず当たる方法はありませんが、確率を上げることはできるのです。

今回は、競馬で馬券が当たるようになる3つの方法について紹介していきます。

紹介する内容を参考にして、馬券の的中率アップを目指してくださいね。

【関連記事】


2:当たるようになる3つの方法

競馬新聞 予想

競馬予想には数多くの予想ファクターがあり、どの要素を重視するべきか迷うことも多いかもしれません。

特に初心者の場合は情報量が多すぎて、どのように賭けていいかわからないこともあるでしょう。

競馬は馬が競う競技であり、人にはわからない要素もたくさんあります。

絶対に上位に来るほど実力のある馬でも、急に負けてしまうこともあるのです。

また、馬群に包まれて実力を発揮できなかったり、スタートのタイミングが合わずに出遅れて負けてしまうことも珍しくありません。

レースでは実力だけでなく運の要素も絡んでくるので、競馬で100%的中させるというのは不可能といっても過言ではないのです。

必ず当たる方法はありませんが、的中率を上げることは可能です。

闇雲に馬券を買う人よりも、予想をしっかりしている人のほうが的中率も上がってきます。

そこで、競馬で馬券が当たるようになる3つの方法について紹介します。

3つの方法を頭に入れて、的中率と回収率アップに役立ててください。

2-1:種牡馬の産駒傾向を調べる

パドック 雨

競馬は、ブラッドスポーツと言われています。

なぜなら、競走馬の能力には血統が大きく関係していて、偉大な名馬がその血を繁栄させてきたからです。

血統は競馬予想にも大きな影響を与えていて、予想に重要なファクターの一つとなっています。

最近でも競馬評論家の亀谷敬正氏が血統予想で高配当を的中させていて、血統を用いた予想に注目が集まっています。

血統を用いた予想の基本となるのが、種牡馬の産駒傾向を掴むことです。

種牡馬によって産駒傾向に偏りがあり、長距離を得意としたり、ダートを得意としたりと予想の参考にできる内容が確認できます。

これらを頭に入れておくと、出走馬の過去のデータが少なくても、ある程度の推測が可能となります。

例えば、初めてダートレースに出走する馬でも、ダートが得意かどうかをあらかじめ推測することができるのです。

その馬の種牡馬がダート馬ではなかったとしても、産駒にダートの活躍馬が多ければ得意である可能性も高くなります。

ある一定の条件でのみ活躍馬を排出する種牡馬もいるので、種牡馬の傾向を調べることによって意外な穴馬も抽出可能です。

亀谷敬正氏や水上学氏など、血統予想を確立している予想家の予想なども参考にしてみてください。

【関連記事】


2-2:着順だけでなくレース内容も見る

競馬番組 TV

競馬予想で最も軸となるのが、過去の成績です。

馬柱を見たときに最初にチェックするのが前走のレース結果で、過去の成績をもとに予想をしている人が大半ではないでしょうか。

過去の成績で重要にするのは着順となることが多いのですが、着順だけで予想をしていては穴馬を見つけることはできません。

穴馬と言われるような馬はほとんどが前走で大敗していて、なぜかそのレースだけ上位に来るからです。

着順だけで見ていては、人気通りのありきたりな予想となってしまうでしょう。

そこで重視したいのが、着順ではなくレース内容です。

例えば7着に敗れていても、馬群に包まれて脚を余して負けてしまうこともあります。

この場合は実力を全く発揮できていないので、7着という着順だけを見て評価を下げることはできません。

また、2着や3着と好走していても、単に展開に恵まれただけということもあります。

逃げ馬が全く警戒されずに大逃げが成功して上位に飛び込んだのなら、次のレースでは警戒されるので厳しい展開が予想されます。

実力以上に評価も高くなるので、オッズの旨み少なくなってしまうのです。

このように、着順をそのまま馬の実力だと思うのは禁物です。

実際にレース映像を見て、実力を出し切ったかどうかが予想のポイントになってきます。

着順ではわからない部分もあるので、レース映像は確認するようにしてください。

2-3:狙うレースを絞る

阪神競馬 馬券

競馬で馬券を当てないなら、全てのレースを賭けるのは避けたいところです。

1の競馬場でも1日に12レース行われるので、全てのレースを予想するにはかなりの時間を要してしまいます。

他の競馬場で開催されているレースを合わせれば、最大で36レースも賭けることができます。

予想に使える時間は限られているので、1つのレースの予想に費やす時間も少なくなってしまうのです。

馬券を当てたいのなら、できる限り予想に使える時間を増やすべきです。

そのため、狙うレースを絞ることが重要になってきます。

理想は自分の得意としている条件でのレースを選ぶことですが、初心者の場合はどのレースを狙うべきなのかわからないかもしれません。

そのようなときには、ひとまずメインレースに絞って予想をしてみてはどうでしょうか。

メインレースを予想することの大きなメリットは、情報量が多いことです。

出走馬の情報が新聞に取り上げられることも多く、予想に参考になる情報を収集しやすくなります。

まずはメインレースに狙うレースを絞って、予想をしてみるのも良い方法です。

ついつい自信のないレースでも賭けてしまうことがありますが、狙ったレースだけに絞って馬券を買うよう心掛けてみてください。

3:的中率ではなく回収率が大事

阪神競馬場 パドック

競馬で大切なのは、的中率ではなく回収率です。

回収率とは投資金額に対してどれだけ回収できたかを表す数字で、回収率を見ればプラス収支なのかマイナス収支なのかすぐにわかります。

回収率が100%を超えていればプラス収支で、馬券で利益を得ることができているということになります。

そのため、意識するべきなのは的中率ではなく回収率です。

的中率が高くでも、回収率が100%を下回っていては意味がありません。

人気馬ばかりに賭けていれば的中率も高くなりますが、配当が低くなりがちで回収率が下がってしまうこともあります。

また、1回のレースで購入する馬券の点数が多くなりすぎても、回収率が低くなってしまいます。

最終的にプラス収支にするためには、購入点数を減らしていく意識も大切です。

的中率ではなく、回収率を意識した馬券の買い方を目指してください。

【関連記事】

4:競馬新聞や予想ソフトも活用

ノートPC

競馬予想では、自分の力だけで予想するとかなりの時間を要してしまいます。

そこで、競馬新聞や競馬予想ソフトを活用することもおすすめです。

競馬新聞には実力のあるトラックマンの予想印が載っていて、予想を参考にする競馬ファンも多くいます。

自分と相性が良いトラックマンを調べておくと、より予想に生かすことができます。

また、競馬ソフトも数多くの種類があるので、自分に合うものを選ぶことが可能です。

競馬ソフトのメリットは、スピード指数など数字で競走馬の能力をわかりやすく表現してくれることです。

数値化した指数などの情報なら、競馬初心者でも簡単に予想に取り入れることができます。

競馬予想に使う時間も削減できるので、効率よく競馬を楽しめるでしょう。

馬券を当てるために、競馬新聞や競馬予想ソフトを活用することも検討してみてください。

【関連記事】


まとめ

競馬には絶対はなく、必ず当たる方法はありません。

もし必ず当たる方法があれば、誰でもお金を簡単に稼ぐことができます。

人生はそんなに甘くはないので、競馬予想においても地道に努力していく必要があるのです。

競馬で必ず当たる方法はありませんが、予想の精度が高く高配当を頻繁に的中させている人もいます。

最近では血統を使った予想も注目されていて、種牡馬の産駒傾向を調べておくことも大切です。

種牡馬の産駒傾向を頭に入れておくと、過去のデータが少なくても出走馬の能力について推測できます。

競馬予想の時間を短縮するためには、競馬新聞競馬予想ソフトを活用するのもおすすめです。

レース映像なども見ながら馬の能力を総合的に判断することで、高配当が的中するようになるかもしれません。

今回紹介した内容を参考にして、年間トータルでのプラス収支を目指してくださいね。