更新日:
競馬予想 ai オリジン

1992年にサービスを開始したJRA-VAN。
JRA開催の過去レース全データが収録されているデータベースです。

サービス開始当初から、JRA-VANのデータを分析した予想は数多く登場していましたが、結果的に予想が人気サイドに偏ってしまうという問題点も抱えていました。

それから20年、AI(人工知能)技術の急速な進化とともに、競馬予想も大きく生まれ変わる時期になっています。

今回紹介するのは、人工知能が過去のJRA-VANデータを分析して、全く新しい予想を生み出すという、競馬AIオリジンです。

機能が多く、わかりにくいところもありますので、この記事でオリジンの使い方や、設定方法などを解説しています。

1:競馬AI「オリジン」とは

前述したように、

競馬AI「オリジン」

はJRA-VANの過去データを分析して指数化し、レースの予想をするシステムです。

ユーザーが自由にカスタマイズすることが可能なので、自分の予想傾向に沿った結果をAIが弾きだしてくれます。

馬の能力を重視したスピード指数的な予想で的中率をアップさせることもできますし、人気の盲点となっている穴馬を見つけ出し、回収率の爆上げを狙う分析も可能です。

基本的には、無料で利用することができますが、一部機能が有料になっています。

また、Windows専用システムになっているので、Macの方は利用できないため、注意してください。

2:競馬AI「オリジン」の3つの機能

競馬AIオリジンの特徴である3つの機能について紹介します。

2-1:指数設定機能

オリジンの競馬予想は、1つのAIが総合的な判断で指数を打ち出すのではありません。
各項目ごとを、それぞれのAIが担当しており、その数は11にも及びます。

11個のAIを組み合わせることで、自分の予想パターンにピッタリのカスタマイズが可能になります。

AIの画像

1.能力分析AI(バランス):競走馬の能力=スピードというのが一般的な考えになっています。能力分析AIは、過去のレースでの走破タイムをベースにし、当該馬のスピード指数を算出します。

距離やコースなども計算対象となっており、該当レースに近い条件での馬のパフォーマンスが能力指数として算出されています。

2.能力分析AI(近走重視):ベースになるのは能力分析AI同様に、馬のスピード指数になりますが、このAIでは近走の成績、タイムを基準として分析を行います。

過去のレースで好タイムを出しているけれども、近走のタイムが早くない馬の指数は低くなります。

3.能力分析AI(脚力重視):3つ目の能力分析は、馬の脚力に絞って計算したものになります。競争馬の脚力で重要なのは、テン(スタート直後)の速さと上がり(ゴール直前)の速さです。

脚力重視のAIは、テンや上がりのスピードを重視して指数を算出します。脚力指数の高い馬が逃げる場合は、楽に先手を取ることができ、単騎逃げの逃げ切りの可能性も高くなり、上がりのスピード指数が高い馬は、一瞬の切れ味を活かせるタイプなので、直線の長い東京や、新潟などで持ち味を発揮する可能性が高くなります。

4.好走率AI:能力(スピード)を度外視し、過去レースの着差や着順などの実績をベースに算出される指数です。全てのレースのタイムが早いわけではなく、展開によっては、基準タイムよりもかなり遅い結果になることがあります。

そういったときに人気の高い、スピード馬が飛んでしまうことも珍しくありません。好走率が高い馬は、スピードの能力が低くても競り合いに強いなどの特徴があるので、展開予想と組み合わせて参照することで、的中率を上げることができるでしょう。

5.激変率AI:近走の成績が掲示板以下などで、全く人気のない馬でも、過去のレースで好走した条件の傾向がわかれば、人気の盲点の穴馬として急浮上します。

6.騎手AI:競争馬だけではなく、騎手も得意な競馬場や得意な距離などがあります。騎手AIでは、該当騎手のコースの得意不得意、レース距離の得意不得意、道悪、枠の内外などでの実績を考慮して、騎手ごとのAIを算出しています。

7.調教師AI:調教師の場合は、騎手AIほど細かく条件を設定する事はできませんが、短距離に強いとか、ローカルでの勝率が高いなどの特徴があるので、そのデータをベースにして、調教師ごとの指数を算出しています。

8.血統AI:競馬はブラッドスポーツと言われるほど、血統は大事です。血統を分析することで、良馬場しか走らないとか、1600m以上の距離は苦しいなどのデータがわかります。

人気になっていても、血統指数が低い場合は、血統の裏付けがない過剰人気となっていて、実際、勝てなかったり、連を外してしまうことも珍しくありません。

9.枠番AI:気性の問題から、内と外では全く走りが違う馬がいます。枠番AIでは馬の枠番によっての成績を考慮して数値化しています。

近走全て内枠で成績が悪かった馬が、外枠になった場合などは、穴馬として抑えておくことで高額な払戻を狙うことも可能です。

10.展開AI:3番の能力分析(脚力)をベースにして展開予想をし、レース展開により、指数を算出します。テンのスピードが早い馬が複数いる場合は、ハイペースで差し、追い込みが有利になる傾向が高いです。

11.調子AI:ローテーションや、近走の着順推移をベースにして現在の調子を指数化しています。調教タイムなどは考慮されていませんので、調子AIを参考にして、調教タイムの推移も比較すると、さらに現在の調子が上り調子なのか?下降気味なのか判断することができるでしょう。

2-2:特注馬機能設定

該当する条件を絞り込んで、狙い目の馬を表示させることができます。

特注馬

種牡馬や、前走の着順、前走りのコーナー毎の位置取り、前走りからのレース条件の変化などによって、自分の好みの馬を絞り出すことができるので、馬券を購入するレースを絞り、より的中率を高めることが可能です。

2-3:推奨買い目設定機能

買い目候補の項目にチェックを入れるだけで、推奨の買い目を表示してくれる機能です。
「指数上位」の馬や「単勝オッズが〇〇~〇〇」「特注馬に該当」などの項目があり、購入希望の点数を設定すると、一番回収率の高くなる組み合わせが表示されます。

3:競馬AI「オリジン」の3つの使い方

・能力AIを重視して的中率を上げる
・展開や血統指数を重視して回収率を上げる
・激変率、調教師AIなどを重視して穴馬を見つける

3-1:能力AIを重視して的中率を上げる

能力分析AIは、スピード指数がベースとなっているので、人気上位の馬が指数上位になる可能性が高いですが、騎手人気などで、過剰人気となっている馬を切り捨てることができ、実際の馬の能力値で、馬券を購入することができるので、的中率のアップが期待できます。

3-2:展開や血統指数を重視して回収率を上げる

能力分析AIに加えて、展開予想や、重の不得手、距離の限界などの血統要素を追加することにより、やはり人気先行型の馬の印を軽くすることができるため、回収率アップが期待できます。

3-3:激変率、調教師AIなどを重視して穴馬を見つける

単勝人気は「近走のタイムがいい」「近走の着順、着差」「騎手」などの条件で決まることが多いです。

全く近走振るわなかった馬でも激変率が高い馬のみを狙うような馬券購入をすれば、万馬券、十万馬券を取ることも可能です。

逆に、人気の高い馬を購入している限り、大きな馬券を取ることはできないので、一発逆転を狙うならば、激変率などのデータを重視するのがいいと思います。

【関連記事】

4:競馬AI「オリジン」の設定方法

競馬オリジンはPCにインストールを行う必要があります。

「JRAデータラボ」からダウンロードしてインストールを行います。

1.JRAデータラボを利用する場合は月額会員料金(2,090円)がかかります。

2.サイトのトップページ上部の購入申し込みのタブをクリックします。

JRAデータラボ1

3.購入申し込みの中から「JRAデータラボ」を選択します。

JRAデータラボ2

3.メールアドレス登録のボタンをクリックします。

JRAデータラボ3

4.会員登録画面に移動しますので、必要事項を記入します。

JRAデータラボ4

5.登録メールアドレスにメールが届きますので、貼り付けてあるリンクをクリックして会員登録を完了させます。

※2021年4月10日現在「競馬AIオリジン」はアクセスできない状態になっています。

5:競馬AI「オリジン」の基本情報

PCにJRA-VANをインストールする必要があるため、動作環境を満たしているWindowsのPCが必要になります。

【動作環境】

OS:Windows 7.8.10 (Macやスマートフォンでは起動しません)
CPU:Intel Core i3 3220クラス 同等以上を推奨
メモリ:2GB以上(32ビット) / 4GB以上(64ビット)
ハードディスク:空き容量30GB以上
ディスプレイ:1280×768以上
ネット環境:常時インターネット接続、ADSL12M以上
その他:JRA-VANデータラボ(月額2,052円税込)への入会およびJV-Linkのインストール
その他:.NETFramework4.0で動作します
その他:InternetExplorerが必要です

6:競馬AI「オリジン」の評価

JRA-VANのデータを使用しているということで、他のAI予想と比較しても圧倒的なデータ量があるのが「オリジン」の強みです。

さらにデータが随時更新されるというのも、AI予想にとっての必須条件も満たしています。
現在「オリジン」のインストールができない状態なので、実際の回収率などの検証をすることはできませんが、カスタマイズ機能などが豊富なので、自分で考えて使いながら回収率や的中率を上げていくことができる人におススメの予想ソフトだと思います。

以下の記事には当サイトがおすすめする競馬予想AI10サイトをランキング形式でご紹介しているのでもし気になった方はぜひご覧下さい!
【関連記事】