ダイヤモンドステークスの予想と展望【2023年版】

更新日:

2023年2月18日に東京競馬場では芝3400mの長距離重賞、ダイヤモンドステークスが開催されます。長距離重賞の中でも波乱が多いこのレース。過去の勝馬を見ても2桁人気馬が勝っており、昨年も11人気のランフォザローぜスが2着に入り2万馬券の大波乱となっています。

今年波乱の主役となるのはトーセンカンビーナ!昨年3着だったこの馬が今年は初重賞制覇となる可能性が高いと予想し本命に指名します!

この記事を読むと

  • ダイヤモンドステークスの出走想定馬がわかる
  • 過去10年のデータからレースの傾向がわかる
  • 有力馬3頭の状況がわかる
  • キサラギの特注穴馬情報がわかる

以上のポイントがわかるようになっています。
5分程度で読み終える記事になりますので、是非最後まで読んで予想の参考にしてください!

1:ダイヤモンドステークスについて

ダイアモンドステークス フェイムゲーム

ダイヤモンドステークスは年末に開催される中山競馬場のステイヤーズステークスに次いで距離が長い3400mの長距離重賞です。

順当な結果が多いステイヤーズステークスと比較して波乱が多いのがダイヤモンドステークスの特徴、昨年は11人気のランフォザローゼスが2着。2020年は16番人気のミライヘノツバサ、2012年は15番人気のケイアイドウソジンが勝利しています。

コースはダイヤモンドステークス専用の3400mコース。直線からコーナーまで200m以上あり、最初のポジション争いが起きることも少なくスローな流れになるのが普通ですがスローペースでも逃げ切りは非常に難しいコースです。

2:ダイヤモンドステークスの出走想定馬

2023年1月9日18時時点の出走予定馬を紹介します。

ディアスティマ 牡6 56.0 北村友
トーセンカンビーナ 牡7 56.0 未定
トラストケンシン 牡8 56.0 丸田

3:ダイヤモンドステークスの過去10年間の傾向をデータ分析

ダイアモンドステークス分析

超人気薄が勝利するケースも珍しくないダイヤモンドステークス。過去10年のデータを分析して大穴候補を探り出してみましょう

  • 過去10年で馬連10万馬券!3連単300万馬券が出た超波乱レース
  • 信頼度が高い1番人気から二桁人気馬へ流して万馬券を狙う
  • 昨年まで4年連続連対中の4歳馬が中心!人気薄なら7歳以上のベテラン馬
  • 注目すべきは東京のOP白富士ステークスの出走馬
  • 迷わず外枠信頼!8枠出走馬は最低人気でも買い!

傾向1:過去10年で馬連10万馬券!3連単300万馬券が出た超波乱レース

【過去10年の馬券配当傾向】

馬連平均配当 3連複平均配当 3連単平均配当 馬連最高配当 3連単最高配当
16,340円 37,560円 409,290円 128,730円 3,555,600円

10万馬券が出ているので馬連の平均配当はあまり参考になりません。
実際のところ10~20倍程度の配当が多いです。ただし万馬券が過去10年で2回出ているレースなので、ここは超大穴馬券を狙うチャンス。

馬連10万馬券、3連単300万馬券を狙えるレースはそれほどありませんので、ここは思い切って勝負しましょう。

傾向2:信頼度が高い1番人気から二桁人気馬へ流して万馬券を狙う

【人気別勝利数】

【1・2番人気】

人気 勝率 連対率
1番人気 60.0% 70.0%
2番人気 10.0% 30.0%

【上位人気馬 3~5番人気】

3~5番人気 10% 50.0%

【中穴ゾーン 6~8番人気】

中穴ゾーン 10.0% 30.0%

【大穴ゾーン 9番人気以下】

大穴ゾーン 20.0% 30.0%

阪神大賞典、ステイヤーズステークスなど長距離レースの特徴と同様、1番人気が強いです。勝率60%、連対率70%は非常に安定感が高いです。

過去10年で連対できなかった1番人気馬は

2020年 タガノディアマンテ 牡4 7着
2016年 タンタアレグリア  牡4 4着

どちらも4歳馬ですが、4歳馬で1番人気になった馬は他に3頭
5頭中3頭は連対しているので、それほど信頼できないわけではありません。

やはり9番人気以下の連対率が高いので、二桁人気馬も積極的に馬券に入れて万馬券ゲットを狙うレースですね。

傾向3:昨年まで4年連続連対中の4歳馬が中心!人気薄なら7歳以上のベテラン馬

【世代別勝利数】

馬齢 勝利数
4歳馬 3勝
5歳馬 3勝
6歳馬 2勝
7歳以上 2勝

世代別では4歳、5歳が若干リードしていますがそれほど世代間の差はありません。
最近5年間で見ると2019年から昨年まで4歳馬が4年連続連対しています。

全て1~3人気の4歳馬なので、軸にするなら4歳の人気馬。紐荒れ候補として選ぶなら6歳以上の人気薄のベテランという組み立て方がおススメです。

傾向4:注目すべきは東京のOP白富士ステークスの出走馬

【ローテーション別勝利数】

ランク 前走レース 勝利数
S AJCC 3勝
A 万葉ステークス 2勝
B ステイヤーズステークス 1勝
B 白富士ステークス 1勝
B 中日新聞杯 1勝
B 有馬記念 1勝
B 尼崎ステークス 1勝

AJCCの3勝がトップになっていますが、2013年~2015年までAJCCからの出走馬が3年連続1着になっているためで、2016年以降7年間AJCC組の連対はありません。

最近の傾向はやはり長距離レース経験のステイヤーズステークス組と東京開催の白富士ステークス組ですね。

白富士ステークスは芝2000のOP戦なので、スピードが足りなくて負けた馬が超人気薄となってダイヤモンドステークスで穴をあけるパターンが多いので要チェックです。

傾向5:迷わず外枠信頼!8枠出走馬は最低人気でも買い!

【枠番別勝利数】

枠番 勝利数
1枠 1勝
2枠 0勝
3枠 0勝
4枠 0勝
5枠 2勝
6枠 1勝
7枠 1勝
8枠 5勝

このコースは外枠それも8枠が絶対的に有利なコースになっています。
過去10年で8枠の勝率50%6枠より外で70%の勝率はかなり偏りがあると言っていいでしょう。過去大穴を開けた2020年のミライヘノツバサ、2022年のランフォザローぜスも8枠馬でした。

人気に関わらず8枠の馬は馬券対象に入れておくべきです!

4:2023年ダイヤモンドステークスの注目馬3頭

  • トーセンカンビーナ
  • ディアスティマ
  • トラストケンシン

注目馬1頭目:トーセンカンビーナ

トーセンカンビーナ

前走 天皇賞春(阪神)10着
人気 3人気
騎手 未定
脚質 差し
東京経験 7戦0勝

昨年のダイヤモンドステークス3着馬。その後阪神大賞典、天皇賞春とハイレベルな戦いに挑戦したものの、結果は出せず休養入り。今回は春の天皇賞以来9ヵ月ぶりの出走になります。

実力はメンバー上位ですが、長期休養後の初戦というのが大きなマイナス。とは言え長距離戦なのである程度結果が出せる可能性もあり他の出走馬次第では本命候補にするかもしれません。

注目馬2頭目:ディアスティマ

ディアスティマ

前走 ステイヤーズステークス(中山)9着
人気 2人気
騎手 未定
脚質 逃げ
東京経験 2戦0勝

天皇賞春で逃げて6着の実績があり、昨年のステイヤーズステークスでも1番人気に支持されています。それほど早いペースではなかったものの直線で失速して大敗。今回再び長距離戦で巻き返しをはかります。

実績はメンバー上位ですが、東京での成績が悪すぎるのが不安材料。ダイヤモンドステークスでの逃げ馬の成績もかなり悪いので逃げの展開になったら崩れそうな予感がします。人気になるようなら思い切って消すのもありです。

注目馬3頭目:トラストケンシン

トラストケンシン

前走 ジャパンカップ(東京)13着
人気 11人気
騎手 丸田
脚質 差し
東京経験 27戦4勝

前走のジャパンカップはさすがに力不足で大敗。2400m以上では連対実績はありませんが、日経賞や目黒記念のメンバーよりも今回はかなり対戦相手が楽になるので、外枠に入ることがあれば超大穴として狙いたい1頭です。

5:過去データではわからないキサラギの分析

サムライシルエット

3000を超えるレース経験がない馬も多いので、意外な人気馬がこけたり超大穴が優勝するダイヤモンドステークス。キサラギ独自の分析で超大穴馬と危険な人気馬を紹介します。

予想家キサラギのモットー

大学時代は競馬予想サークルで活躍。
マイルCSの10万馬券を5000円買った500万円が過去最高収入!

3年前からは競馬予想家としてデビューし、大穴馬券を年間に数本当てるよりも
30~50倍の配当を毎週当てることが一番儲かることに気づく

競馬で儲かる黄金比率の的中率25%、回収率170%をノルマとしている

分析1:危険な人気馬

ダイヤモンドステークスの危険な人気馬は登録完了後に公開いたします。

分析2:キサラギの特注穴馬指名

ダイヤモンドステークスの特注穴馬は登録完了後に公開いたします!

分析3:ダイヤモンドステークスのキサラギポイント

ダイヤモンドステークスのキサラギポイントは枠順確定後に公表いたします。

6:ダイヤモンドステークスの予想

◎トーセンカンビーナ
〇ディアスティマ
▲トラストケンシン

最終予想は枠順確定後に公開いたします!

7:過去のダイヤモンドステークスプレイバック

2022年テイオーロイヤルのダイヤモンドステークス

グレンガリーがスローペースで逃げましたが、やはり東京コースを逃げ切るのは至難の業。先行したテイオーロイヤルの格好の標的となり直線半ばでは既に先頭を譲りました。

テイオーが抜け出した後はタフな展開となり、先行馬が一杯になる中大外から追い込んだランフォザローぜスとトーセンカンビーナが2、3着。

毎年最後はこのようなスタミナ勝負になるので、最後まで脚を貯められる大穴馬が突っ込んでくる確率が高いのがわかりますね。

オススメ①:サラブレッド大学

サラブレッド大学

「サラブレッド大学」は、毎週土日に合計3レース分の複勝予想を完全永久無料でもらえる競馬予想サイトです!

2022年後半期に新たな出没した競馬予想サイトなのにも関わらずあまりに人気すぎて連日有料プランが買えない人が続出しているほどで、1000万円の的中を出したユーザーから卒業してもう有料プランが購入できない仕組みになっています!

口コミ
無料予想の複勝馬券でも稼げてるから正直有料プラン買うか迷ってるけどめちゃくちゃ人気みたいだから今週末買ってみようかなw
口コミ
ちょっとした小遣い稼ぎのつもりで先週の万馬券ガイダンスに参加したら50万の的中。 競馬は数えるほどしかやったことなくて当たることなんてめったにないものだと思っていたので、いきなり50万という大金が自分のものになったときは夢じゃないかと 疑ってしまいました。 まぐれかもしれないけど素直にうれしいですし、本当に利益が出たので共有させていただきました。
今週の的中情報
情報名アウトブリード
日程2023/01/212023/01/22
レース名小倉5R小倉5R
点数3連単10点3連単8点
払戻金額 1,113,800円 1,194,660円
合計払戻金額2,308,460円

オススメ②:うまマル!

うまマル!

「サラブレッド大学」は、2022年に誕生した今とっても話題の365日無料で予想買い目がもらえる競馬予想サイトです!

厳選された27人馬券師が無料で毎日、平日は地方競馬予想を、土日には中央競馬の予想を提供してくれるので今すぐにでも競馬に参加したい方はおすすめです!

口コミ
有料プランもあるけど実際無料でも毎日使えるし最高!
口コミ
的中率も高くて友達におすすめするしてしまうくらいハマっています!こんな楽にお金稼ぐ方法があったんですね!
今週の的中情報
情報名コミットメント
日程2023/01/212023/01/22
レース名中山4R中山5R
点数3連単24点3連単8点
払戻金額 995,800円 704,520円
合計払戻金額1,700,320円

オススメ③:ウマくる

ウマくる

ウマくるは競馬予想サイト界"初"のAIからご自身にあった予想買い目がもらえる優良競馬予想サイトです。

ウマくるを利用するメリットは「競馬の知識が0」でもAIが予想の提案から買い目の精査までサポートしてくれ、無料で毎週重賞レースの買い目がもらえます! 競馬を始めたばかりでまずはプロの買い目が欲しいなと思う方は多いと思います。
口コミ
競馬に関して何もわからないレベルでしたがサポートの方に質問などしたら丁寧に対応していだけました。
口コミ
まぁまず当たるってのがでかいねw去年から使ってるけど質が落ちない
今週の的中情報
情報名正々堂々
日程2023/01/212023/01/21
レース名小倉1R小倉4R
点数3連単24点3連単12点
払戻金額 472,200円 446,520円
合計払戻金額918,720円

8:2023年ダイヤモンドステークスのまとめ

まだAJCC組や白富士ステークスが出走登録していないので、あくまでも仮予想ですが本命は昨年3着のトーセンカンビーナですね。昨年もあと1ハロンあればランフォザローぜスを交わすことができたかもしれません。

最終予想は枠順確定後に公開いたします。

この記事を書いた人

Copyright © 当たる競馬予想サイトで儲けたい All Rights Reserved.