自分でやったほうが儲かるのでは・・・

自分でやった方が儲かるという罠

私の身の回りにも競馬予想サイトを利用している競馬仲間は多くいますが、購入した予想が不的中になると決まってこう言う人がいます。
「自分でやった方が儲かるのではないか?」
確かにそれも正論だと思います。高額な情報料金を投じて予想を買うならば、その分の資金を全額馬券代に投じた方が当たる確立も引き上がる可能性はあります。

競馬予想サイトで負け続けてしまう人が最も陥りやすい状態

競馬を初めてやった時のことを思い返してみてください。競馬新聞やスポーツ新聞の印や予想のコラム欄なんかを参考にしたら、そこそこの馬券が当たった経験をした人も多くいると思います。
競馬は100円から参加でき当たるも八卦当たらぬも八卦という考えであれば馬券遊びはカンタンに成り立ってしまうワケです。
しかしそれはあくまでも遊びです。安易に「自分でやった方が儲かるのではないか?」という人に限って、その為にどのような方法で当たるような馬券を組み立てていくのか?と言う部分には触れません。
これが競馬で、あるいは競馬予想サイトで負け続けてしまう人が最も陥りやすい状態です。
根拠のない馬券の組み立てで当たったとしても、それは一時的なもので長期的に見た場合、プラス収支に持っていくことは限りなく不可能に近いでしょう。
もし自分で馬券を組み立てて「儲ける」ためには裏付けられた「根拠」が必須となります。
何故、この組み立てだと利益がでるのか…
この根拠が言えない方が馬券を買い続けると、ただただお金をドブに捨てることとなります。
お金が減っても競馬を娯楽として楽しんでいる方はそれで良いのでしょうが…
馬券でお金を減らしたくない方や儲けたい人は、まず最初にどうしてこの馬券の組み方だと儲けられるのか、根拠を述べれるようにならないといけません。
根拠を問われた時に答えることの出来ない人は個人的な印象として、まだ馬券を買う段階ではないと思います。
馬券を当てられている人、あるいは競馬で儲けられている人の割合は競馬人口500万人のうち5%程だと言われており、大多数の人は残りの95%の中から抜け出すことが出来ません。
その言わば勝ち組と言える5%の中に入には一体どのようにしたら良いのでしょうか?

競馬予想サイトはどこも一緒ではない

競馬初心者が最短で5%に入り込むには競馬予想サイトを利用することが最善といえるでしょう。
しかし、ただ単に適当に競馬予想サイトを選ぶだけでは5%の勝ち組になることは非常に困難です。
個人で予想をする時に必須だった「根拠」ですが、これは競馬予想サイトにも当てはまるのです。
数多ある競馬予想サイトの全てが根拠を持ち合わせているわけではありません。
一般的に考えて根拠のない情報を購入して、もし的中してもそれはただのマグレと断言出来るでしょう。
そのような儲けさせることのできない競馬予想サイトの紹介には綺麗ごとを並べたり、他社サイトをこき下ろし印象を下げることで自社サイトを良く見せようとしますが、決して「何故そこの競馬予想サイトを利用すれば儲けることが出来るのか」という具体的な根拠について言及しようとはしません。
このように「誰が」・「どのように」・「どうやって」・「何故」といった根拠は自分で予想する場合にも競馬予想サイトを選ぶ指標としても大変重要な要素となります。
仕事も何も投げ出して競馬一筋で朝から晩まで予想の組み上げに没頭できる環境であれば素人でも儲けられるようになるかもしれませんが、そこまで出来る人は競馬の勝ち組人口よりももっと少ないハズです。
それならば、当たる競馬予想サイトを研究し、その中で儲かる方法を探す方がよほど賢明だと思いませんか?