大勢の人々

大多数の人が狙わない情報を狙う

競馬予想サイトは今は星の数ほど存在し、予想サイト選びはもちろんのことその中から本当に有力な情報を手にするのは至難の業と言えます。
ではどのような指標を持って競馬予想サイトを探しを初めれば良いのかと聞かれれば、それは「大多数の人が狙わない情報を狙う」ことだと私は考えています。

本当に有力な情報を手にする

ではどのような指標を持って競馬予想サイトを探しを初めれば良いのかと聞かれれば、それは「大多数の人が狙わない情報を狙う」ことだと私は考えています。

当然のことながら、同じ馬券を買っても大多数が同じ馬券を買っていれば儲かりません。しかし多くの人はどうにか当たる馬券が欲しいと思いますから、たとえ単勝1.1倍でも「とりあえずはこの馬は押さえておこう」となるわけです。

でも、

その馬券が的中したとして儲けることは出来ますか?

あくまでも競馬予想でプラス収支を目指すのではあれば、人と同じことをしてはいけません。一時的に当たりの喜びは実感出来ても、手元に残らなければ何の意味もありません。

的中させ、なおかつ儲けるためには騎手・調教師・タイム・データ・血統・調教・馬場等、無数の要素が必要となります。

これらの要素を競馬初心者が学ぼうとしたら数十年の歳月がかかることは目に見えます。

これ程競馬の世界は奥が深いのです。だからこそ競馬が面白いとも捉えることができます。

では、競馬初心者が利益を出すためにはどのようにしたらいいのでしょうか?

競馬初心者が利益を出すためのカンタンな方法

それは…「期待値の高い馬を見定めること」となります。

ここで思い違いをして頂きたくないのが、期待値の高い1番人気馬券を購入すれば良いというわけではありません。

大多数の人が狙わない情報とは断トツ1番人気馬に死角があるレースで、その死角を突くような馬を狙うことです。

1番人気の馬はメディアが過剰にピックアップしたり世論がミスリードを行ったりして1番人気に位置づけられることがあり、そのようなレースには必ず死角が生じます。

その死角こそ万馬券を掴み取るチャンスなのです。

具体例をあげますと…

メディアで担がれた1番人気馬がコース中絡まれると脆い逃げ馬だったり、1番人気馬だったとしても最も不利を受けやすい1枠1番だったりする「人気通りにならないレース」で1番人気以外の馬券構成を行いを死角を突くことです。

しかし、この場合にはビギナーズラックな場合があり、長く続かない可能性があるので、的中したら勝ち逃げをすると良いでしょう。
このように競馬では人と同じことをしていても勝つことは出来ても「儲ける」ことはできません。

競馬予想サイトの情報にも同じことが言えます。例えば、いつまでも完売にならないような枠数無制限の情報はそもそも回収が見込めるレース提供を行わないという前提がなければそのような提供方法は取れないでしょう。

騎手・調教師・タイム・データ・血統・調教・馬場等、一般的な他社が追従できない程に各要素を読み込み、なおかつ限定数が決まっている情報であれば、まずその点はクリア出来ると思います。