もう騙されない!悪徳競馬予想サイトの手口8つ

現在、競馬予想サイトは次々と乱立しており、その数は数百、数千とも言われています。

いくつもある競馬予想サイトの中には、ユーザーを騙す事を前提としたものも相当の数が紛れています。

これから競馬予想サイトを利用しようと考えている方やこれまで利用していた方に、悪徳競馬予想サイトがよく行うと言われている手口を紹介していきます。

悪徳競馬予想サイトを見分け、よりクリーンな競馬予想サイトを見つけて頂くための参考にして頂けると幸いです。

1.若いサイトに注意!

高い情報料金を払って外れた途端にサイトが閉鎖してしまった…そんな経験はないでしょうか?

悪徳競馬予想サイトは、いい加減な予想で高い情報料をユーザーから巻き上げて、クレームが激しくなる頃合いにサービス自体を閉鎖することがよくあります。

理由としては、ドメイン・サイト名を新しくし、全くクレームや悪いクチコミがない状態で新たに同じ手口を繰り返したいからです。

この手口を使っている業者のサイトはどれも運営暦が長くなる前に閉鎖していくので、必然的にサイトの運営暦が短い事になります。

若いもの全てが悪徳競馬予想サイトであるとはもちろん言えませんが、判断基準のひとつとして覚えておいて損はないでしょう。

2.極端な表現

悪徳競馬予想サイトは「確実な投資」や「絶対に当たる」等の極端なフレーズを使用する傾向があります。

競馬がギャンブル性を持っている以上、絶対はあり得ません。そのあり得ない事を堂々と謳っている時点で、悪徳競馬予想サイト確定です。

そもそも生き物を投資の対象とした時点で、必ず不確定要素が発生いたします。そのため競馬で“絶対当たる”と謳う表現は法的にもNGです。

確定的な文言を使うサイトがあれば、その時点で疑いの目をもつべきでしょう。

3.後払いによる詐欺

参加した情報で的中があった場合に、後から的中金額に対して手数料を請求する事があります。

「情報料金の支払いは的中後の後払いでよいですよ」といった甘い言葉で誘い、実際に的中した後、指定していた金額以上の料金を請求されるケースがあります。

相手はこちらがある程度の配当金を持っている事を知っているので、後払いに応じない場合強気に脅迫や恐喝をしてくる事もあります。

もし身の危険を感じるような事を言って来たら、それは立派な犯罪ですので速やかに警察に相談しましょう。

また更に悪質なケースでは、購入していない情報をあたかも利用者が購入したかのように見せかけ、利用者が情報を購入したと言い張り料金を請求するという場合もあるようです。

4.対応が電話のみ

電話番号を教えると、何度もしつこい電話勧誘をしてくるサイトもあります。

メールアドレスと違い、簡単に変更が効かない電話番号は大切な個人情報ですので、要求されたとしても必要性を感じなければ教えない方が良いでしょう。

もし執拗に電話番号の開示を要求してくるサイトがあったら、以下の点にもご注意下さい。

まず、優良な競馬予想サイト、結果を残しているサイトなどには良いクチコミが自然と集まり、必死に集客をするまでもなくユーザーが集まります。

つまり、電話勧誘で無理やり集客をしないとならないほど、公開している情報に自信がない競馬予想サイトである可能性が高いという事です。

またメール対応と違って電話対応では冷静な判断が出来ず、うまく言いくるめられ不利益を被る可能性があります。

自分は騙されないと思っていても、相手は電話のプロです。注意するに越した事はありません。

5.登録メールアドレスの使いまわし

悪徳競馬予想サイトは集めた会員名簿の登録メールアドレスを、別のサイトで勝手に使いまわします。

コストのかかる新規の集客を避け、既存の会員名簿を使用します。会員登録後に登録した覚えのないサイトからメルマガや迷惑メールが来たら注意が必要です。

大量の予想情報の購入催促や情報商材、出会い系やアダルト系の迷惑メールが来るようになり、過剰な迷惑メールによりメールアドレスが使い物にならなくなる可能性もあります。

フリーメールなどのいわゆる「捨てアド」が使えるのであれば、それで登録する事をおすすめします。

6.高額な情報料

悪徳競馬予想サイトは長く続かないため手っ取り早い集金を目的とし、利用者の事を考えずに最初から高額の情報を買わせようとします。

優良なサイトであれば自然とリピーターが増え、安価な情報量を販売できる余裕を持てるので、ユーザーに合った価格のプランや無料情報を進めてくるはずです。

もし、いきなり高額な情報を売ろうとしてくるサイトがあったら、まずは無料情報で様子を見た方が良いでしょう。しかし悪質なサイトではそもそも無料情報がないこともあるので、「高額情報を無理やり進めてくる&無料情報が存在しない」場合には要注意です。

7.月額自動課金決済

クレジットカード支払い者に対して、月額使用料といった名目で無断で引き落としを行う悪徳業者があります。

こういった悪質な競馬予想サイトには、サイト上に見えづらく小さな文字で月額自動課金と記載されている事が多くございます。

クレジットカード番号など、大事な情報を利用するときには、利用規約などを必ずよく読むようにして下さい。安全な競馬予想サイトを探すにあたって利用規約の確認は重要な事です。

8.競馬関係者の情報を提供

悪徳競馬予想サイトでは「競馬関係者の情報があるから高確率で当たる」という触れ込みや、実在の人物を広告塔として立てている事があります。関係者による情報という甘い言葉での集客を目的とした手法です。

しかし、JRAは競馬関係者との関わり合いを完全に排除しており、一回でも広告塔になった元調教師や元騎手などの出入りを禁止にする事が多いです。

競馬関係者が関わっていたとしても内部情報を流出させるような事は不可能ですので、情報の信頼度が上がるわけではなく、あくまで分かりやすいアイコンとしてユーザーの目を引く以外に意味はありません。

まとめ

以上、8つの悪徳競馬予想サイトの手口について紹介させて頂きました。ここまででいかに悪徳競馬予想サイトが様々な手口を利用しているかを理解して頂けたと思います。

当然ながら悪徳競馬予想サイトを利用して得をするのは悪徳競馬予想サイトだけとなり、利用者は確実に不利益を被ります。

もし、これらに一つでも該当する競馬予想サイトがあったら要注意です。これから競馬予想サイトを利用しようと考えている方や、すでに利用している方にも参考にして頂けたら幸いです。