オールカマー2023年予想を無料公開!ガイアフォースで馬単勝負!

更新日:

2023年9月24日中山競馬場では芝2200mのオールカマーが開催されます。
昨年2022年はこのレースを勝ったジェラルディーナがエリザベス女王杯を制覇し、秋本番の重要レースとしても注目度が上がっています。

今年さらに注目を浴びるのは、天皇賞春以来のタイトルホルダーの出走が決まったこと。万全の状態じゃないにしろ、出すからには力は出せる状態とみると、圧勝の可能性はあります。

しかし、天皇賞春の3コーナーの失速を見た後、ここで買うのは怖すぎる!人気もずば抜けていますからね。

そこでタイトルホルダーは押さえにしておいて、本命はそれ以外!
マイルでも力を発揮した昨年のセントライト記念馬ガイアフォースがキサラギの本命です。馬連ではそれほど高配当が期待できないので、タイトルホルダーとの組み合わせは馬単勝負!

以上のポイントがわかるようになっています!5分程度で読み終える記事になりますので、是非馬券検討の参考にしてください!

オールカマーとは

産経賞オールカマー

中山競馬場で行われる芝2200mのG2重賞!
以前は地方馬とJRA馬との芝の交流レースというイメージしかありませんでしたが、G2に格上げになってからは出走メンバーが一変、ダービー馬やオークス馬が出てくる秋のG1前哨戦へと様変わりしています。

今年もタイトルホルダー、ジェラルディーナとG1馬が出走を表明しており、さらにデアリングタクトが出てくる可能性もあります。

ツインターボの逃げ切りレースのイメージが強いですが、過去10年で3着以内に入った逃げ馬は2019年のスティッフィリオだけです。昨年2022年も快速逃げ馬バビットも4着と粘ることはできませんでした。

とは言え、最後方から差し切る競馬は厳しい!
4コーナーで5番手くらいのポジションから直線で差しを狙う馬が勝ちます!

中山芝2200mコースの特徴

スタート後上り坂が続き、2コーナーすぎから下り坂。
ここで一度ペースが上がると、ペースを落とすのは大変。
直線手前の急坂までにどのくらい力を残しておけるかがポイント。

2022年のオールカマープレイバック

◎は三冠牝馬デアリングタクトでした。
道中はいいペースでしたが、さすがに4コーナーであれだけ外を回ったら
中山の直線では届かない!

先行から抜け出したジェラルディーナが圧巻の勝利、ロバートソンキーの末脚も見事でした。

キサラギの予想※9/21更新

オールカマー2023の予想

  • ◎ガイアフォース
  • 〇ジェラルディーナ
  • ▲タイトルホルダー
  • △ノースブリッジ
  • △ウインマリリン
  • △アサマノイタズラ
  • △アラタ

最終予想は枠順確定後に公開いたします!

無料予想が貰える『的中ファーム』も利用しましょう!

的中ファームのサムネイル画像

的中ファームの無料予想結果

買い目 レース 券種 投資金額 的中金額 回収率
キャプチャ 8月26日小倉4R 3連複6頭BOX 20点100円 2,570円 128%
キャプチャ 8月6日札幌11R 3連複6頭BOX 20点100円 1,510円 75%
キャプチャ 7月30日川崎11R 3連複6頭BOX 20点100円 110,120円 5506%
キャプチャ 7月26日川崎11R 3連複6頭BOX 20点100円 16,490円 824%
キャプチャ 7月25日船橋11R 3連複6頭BOX 20点100円 3,830円 191%
キャプチャ 7月23日中京11R 3連複6頭BOX 20点100円 4,420円 221%
キャプチャ 7月16日函館11R 3連複6点BOX 20点100円 4,210円 210%
キャプチャ 7月9日福島11R ワイド6頭BOX 20点100円 2,380円 119%
的中ファームの無料予想結果
実績 8勝1敗 的中率 100% 回収率 909%
合計収支
収支+129,530円

元現場のプロが予想する情報を無料で見れる最新サイト的中ファームが一番おすすめです!

キサラギの予想と合わせて、プロの予想の二刀流も可能!

ワンランク上の情報で注目レースを勝ち切りましょう!

出走予定馬と想定オッズ

2023年9月21日12時時点の出走予定馬

馬名 性齢 斤量 騎手 単勝オッズ 人気
ゼッフィーロ 牡4 57.0 戸崎圭 22.2 7人気
アラタ 牡6 57.0 田辺 72.5 12人気
アサマノイタズラ 牡5 57.0 嶋田 78.3 13人気
ガイアフォース 牡4 57.0 西村 5.0 2人気
タイトルホルダー 牡5 58.0 横山和 2.5 1人気
ノースブリッジ 牡5 58.0 岩田康 16.2 5人気
ハヤヤッコ 牡7 57.0 浜中 64.2 11人気
ローシャムパーク 牡5 57.0 ルメール 5.4 3人気
エヒト 牡6 57.0 菅原明 23.3 8人気
ジェラルディーナ 牝5 57.0 団野 5.7 4人気
ウインマリリン 牝6 57.0 松岡 37.1 9人気
マリアエレーナ 牝5 55.0 三浦 43.9 10人気
マテンロウレオ 牡4 57.0 横山典 20.3 6人気
ロングラン セ5 57.0 田辺 193.0 14人気
チェスナットコート 牡9 57.0 田中学 251.5 15人気

過去10年の傾向をデータ分析

昨年初の万馬券決着!しかし馬連平均配当は低めの固いレース

【過去10年の馬券配当傾向】

馬連平均配当 3連複平均配当 3連単平均配当 馬連最高配当 3連単最高配当
2,990円 7,400円 49,420円 10,970円 246,180円

オールカマーは人気上位馬が強いレースで、配当も低めでしたが
昨年2022年は過去10年で初の万馬券が出ています。5番人気のジェラルディーナと6番人気のロバートソンキーで万馬券になるんですね~

とは言え、万馬券が出ても馬連平均配当は2990円と固い傾向が強いので無理な穴狙いは禁物。

1番人気の牝馬は危険!2020年から3年連続1番人気の連対なし

1番人気の連対率は50%、近3年連続して1番人気馬は連対外しています。

【オールカマー飛んだ1番人気馬】

年度 馬名 性齢 斤量 騎手 前走
2022年 デアリングタクト 牝5 54.0㎏ 松山 宝塚記念(阪神) 3着
2021年 レイパパレ 牝4 56.0㎏ 川田 宝塚記念(阪神) 3着
2020年 ミッキースワロー 牡6 57.0㎏ 横山典 天皇賞春(京都) 3着
2014年 サトノノブレス 牡4 57.0㎏ 和田竜 小倉記念(小倉) 1着
2013年 ダノンバラード 牡5 57.0㎏ 川田 宝塚記念(阪神) 2着

2020年~2022年まで3年連続で1番人気は連対なし。
そして2021年~2022年に飛んだ1番人気馬はどちらも牝馬、宝塚記念3着という共通点があります。

今年の1番人気馬はタイトルホルダー。
過去10年で1番人気、前走天皇賞春だったのは2016年のゴールドアクターと2020年ミッキースワロー。

ゴールドアクターはオールカマー出走時点で前年有馬記念を制したG1馬ですが、ミッキースワローはG2までしか勝てていませんでした。

人気薄の牝馬に注目!東京大敗馬がコース替わりで一変

5番人気以下で連対した馬は過去10年で7頭、そのうち7頭が牝馬です。

【5番人気以下で連対した4頭】

年度 馬名 性齢 斤量 騎手 人気 前走
2022年 ジェラルディーナ 牝4 54.0㎏ 横山武 5人気 小倉記念(小倉) 3着
2022年 ロバートソンキー 牡5 56.0㎏ 伊藤 6人気 日本海ステークス(新潟) 1着
2021年 ウインキートス 牝4 54.0㎏ 丹内 5番人気 札幌記念(札幌) 9着
2020年 センテュリオ 牝5 54.0㎏ 戸崎圭 5番人気 マーメイドステークス(阪神) 2着
2017年 ルージュバック 牝5 55.0㎏ 北村宏 5番人気 ヴィクトリアマイル(東京) 10着
2014年 ラキシス 牝4 54.0㎏ 川田 7番人気 ヴィクトリアマイル(東京) 15着
2013年 ヴェルデグリーン 牡5 56.0㎏ 田辺 9番人気 新潟大賞典(新潟) 10着

7頭の人気薄馬が連対しています。
そのうち5頭が牝馬です。前走ヴィクトリアマイルで大敗している馬が2頭。
東京マイルで勝てなかった馬が、中山へのコース変わりで復活するパターンは多いです。
今年も穴馬候補になるのは、ヴィクトリアマイル大敗馬です!

枠の有利不利はほぼなし4角でインのポジションが取れる馬ならどこでも

【枠番別勝利数】

枠番 勝利数
1枠 1勝
2枠 2勝
3枠 1勝
4枠 1勝
5枠 1勝
6枠 2勝
7枠 1勝
8枠 1勝

中山開幕直後なので、内枠有利なはずですが、枠の有利不利はほぼなし。
ただ、連対率まで見ると、昨年は1枠、2枠、2021年は1枠同士で決まっているので、内枠は若干有利と言っていいでしょう。

格重視のオールカマーでは前走G1馬が好走!ただし連勝は厳しい!

【前走コース別勝利数】

ランク 前走 勝利数
S 宝塚記念 3勝
A 天皇賞春 2勝
B 小倉記念 1勝
B マーメイドステークス 1勝
B ヴィクトリアマイル 1勝
B 新潟大賞典 1勝
B ドバイSC 1勝

G3時代とは違い、G2になってからのオールカマーは完全に格重視のレースになっています。前走は宝塚記念の3勝を筆頭に、G1レースからの出走が70%!

ただし、前走で勝利した馬で連勝を果たしたのは3頭だけです。他の馬は前走負けてからの巻き返しです。

オールカマー2023の注目馬3頭

  • タイトルホルダー
  • ガイアフォース
  • ノースブリッジ

注目馬1頭目:タイトルホルダー

タイトルホルダー

前走 天皇賞春(京都) 中止
人気 1人気
騎手 横山和
脚質 逃げ

圧倒的1番人気に支持された天皇賞春は3コーナーでの競争中止。
故障も心肺機能にも異常なく、一息いれての出走です。

相手関係にもよりますが、現在の出走メンバーなら1倍台の単勝になる可能性もあり、
ここは秋のG1への通過点って感じでしょうか。

中山は日経賞を2連覇していますが、セントライト記念で大敗、有馬記念では2年連続着外と、あまり相性のいい競馬場ではない!連を外すなら今回か?
キサラギの評価は押さえまでです!

注目馬2頭目:ガイアフォース

ガイアフォース

前走 安田記念(中山) 4着
人気 3人気
騎手 西村淳
脚質 差し

今年の春はマイル路線に挑戦して、マイラーズカップ2着、安田記念4着の成績を残しており、マイラー適正はかなり高い!しかし、この馬の適正距離はやはり2000~2200だと見ています。

昨年のセントライト記念では、菊花賞馬アスクビクターモアを楽に差し切った舞台で、久しぶりの重賞勝利の可能性は大!キサラギの本命馬です。

注目馬3頭目:ノースブリッジ

ノースブリッジ

前走 大阪杯(阪神) 8着
人気 3人気
騎手 岩田康
脚質 差し

中山は3戦2勝。3歳のセントライト記念では10着に大敗していますが、これは大波乱の展開が向かなかっただけ、基本的に中山得意だと見ます!

前走の大阪杯では敗れているものの、G1クラスでも十分通用しそうなレースをしてくれています。決めて比べでは分が悪いですが、この時期の中山で内から差す競馬ができれば面白い。

イン突き得意な岩田騎手が乗る予定なので、内枠なら本命にしてもいい馬ですね。

過去データではわからないキサラギの分析

kisaragi

危険な人気馬:ローシャムパーク

昨年のセントライト記念で3着。オールカマーと同じ舞台でガイアフォースに2馬身つけられた差が逆転できるかどうか?
セントライト記念を見ると、最後は後ろから来ていますが脚色が同じになってしまってます。

函館記念では勝っていますが、2000がギリギリで2200は1ハロン長いのではないかと見ています。
まあ、ルメールが乗るので折り合いつけて距離を持たせる可能性もありますが、この人気ならば消した方がいいかな。

キサラギの特注穴馬指名:アラタ

穴になるのは中山重賞ホルダーだと思っていますが、それ以外に気になるのがアラタですね。
ただ、かなりのムラ馬なので最初から走る気がないときは後方のまま終わってしまいます。
スタートよく出て、5番手以内で進めることができればかなり面白い存在。

田辺騎手なので、中団前目なら激熱!
後方なら終わったと思っていいでしょう。

私は買います。

オールカマーのキサラギポイント:

上位3頭の総崩れはないが、3頭で決まるとも思えない。中山重賞ホルダーを紐に!

中山競馬場重賞ホルダー

  • アサマノイタズラ セントライト記念 2021年
  • ウインマリリン  オールカマー2021年 日経賞2021年
  • ノースブリッジ AJCC 日経賞

人気上位3頭以外だと、中山コースの重賞を制覇しているのは3頭だけ。
ウインマリリンが2勝していますが、2年前。ノースブリッジは今年の日経賞を制覇。
アサマノイタズラは超人気薄で万馬券の立役者。
△はこの3頭で決まりです。あと気になるのはアラタくらいですね。

2023年オールカマーまとめ

タイトルホルダーは不思議な馬。
中山では圧倒的な強さを見せるのに、なぜか有馬記念だけは大敗が続く。
メンバー構成もあるでしょうが、中山2200は非常に微妙!
AJCCでは圧勝していますが、セントライト記念では惨敗。勝つなら圧勝、負けるなら着外という馬なので、今回は着外で波乱を期待します。

Copyright © 当たる競馬予想サイトで儲けたい All Rights Reserved.