これで当たる!?競馬予想はアンカツを参考に!

1:競馬ファンはみんな知ってる?アンカツこと安藤勝己って?
皆さんは、アンカツをご存知でしょうか。アンカツの愛称で親しまれている安藤勝己は、JRAの元トップジョッキーです。競馬ファンなら誰もが知っているほど、騎手として輝かしい成績を残しています。2013年に騎手を引退してしまいましたが、アンカツの競馬評論家としての活躍から目が離せません。騎手としての独特な目線での解説には、多くの競馬ファンが魅了されています。アンカツこと安藤勝己の競馬評論家としての実力にも注目です。

2:メディアやSNSでもアンカツは人気!
2013年に騎手を引退したアンカツは、競馬評論家としてメディアに出演しています。また、ツイッターを開設し、騎手目線での専門的なツイートが話題となっています。馬券を当てるために、アンカツのツイッターでの専門的な情報は見逃せません。騎手を引退したアンカツは、引退後もメディアでの活躍やSNSでのツイートで人気を博しています。競馬ファンから愛されているアンカツこと安藤勝己は、メディアやSNSでも大注目の元騎手です。騎手を引退したアンカツのメディアでの活躍やSNSからも目が離せません。


2-1:アンカツのツイッターのフォロワーは18万人以上
アンカツは、2013年2月16日にツイッターを開設しました。本人のツイッターであることから、これに驚いた方も多かったのではないでしょうか。アンカツのツイッターは、なんとフォロワーが18万人以上います。それだけ、アンカツのツイッターが話題になっているということになります。アンカツのツイッターには、重要な情報が詰まっているので見逃せません。アンカツのレース後の分析は、競馬の予想の参考にすることができます。フォロワーが18万人を超えているアンカツのツイッターにも注目してください。

2-2:某競馬メディアにも出演
騎手を引退したアンカツは、競馬評論家として様々な競馬メディアに出演しています。ダービーや有馬記念などのビッグレースで解説者として出演し、元トップジョッキーとして説得力のある解説を披露しています。「みんなのKEIBA」(フジテレビ)や「競馬BEAT」(関西テレビ)での活躍に注目している方も多いでしょう。様々な競馬メディアにも出演しているアンカツは、競馬評論家として目が離せない存在です。


2-3:予想の参考に?!アンカツは本も出している
JRAの元トップジョッキーであるアンカツは、競馬評論家として独自の予想も披露しています。競馬メディアなどにも出演をしていますが、アンカツは本も出している点にも注目です。アンカツの本を読むことで、馬券が当たるようになるかもしれません。それほど、アンカツは競馬評論家として鋭い競馬予想を披露しています。競馬関連メディアで連載しているコラムも話題となっていて、アンカツの本やコラムを予想の参考にしてください。


3:アンカツの騎手としての活躍
現在は競馬評論家として活躍しているアンカツですが、騎手としての活躍が気になっている方も多いのではないでしょうか。アンカツこと安藤勝己は、騎手として華々しい成績を残してきました。JRAで素晴らしい活躍を見せたアンカツは、笠松競馬場でデビューしています。地方から中央への道筋を開いた先駆者としても目が離せません。そこで、アンカツの騎手時代の活躍を紹介します。アンカツの騎手時代の活躍を知れば、競馬評論家として説得力のある人物であることがわかります。

3-1:笠松競馬で活躍
アンカツこと安藤勝己は、1976年に公営の笠松競馬場でデビューしました。アンカツの兄である安藤光彰も、笠松競馬場で騎手としてデビューしています。アンカツの中央移籍をきっかけに、数々の地方競馬出身騎手がその後に続きました。アンカツは地方競馬出身騎手にとって、欠かせない存在となっています。

3-2:笠松競馬での成績
1976年に笠松競馬場でデビューを果たしたアンカツは、3年目の1978年に笠松競馬のリーディングジョッキーに輝きました。そこから1995年まで18年連続で、リーディングジョッキーとして君臨します。この凄まじい成績には、驚きを隠せません。それほど、アンカツは才能に溢れた騎手で、中央で「天才」と称された福永洋一になぞらえ「笠松の福永洋一」と呼ばれました。

3-3:中央競馬に移籍
笠松競馬でリーディングジョッキーとして活躍していたアンカツは、2003年に中央競馬へと移籍しました。アンカツの中央競馬移籍のニュースに驚いた方も多かったでしょう。アンカツが中央競馬に移籍しなければ、その後の地方騎手の中央競馬移籍もなかったかもしれません。アンカツは、地方から中央への道筋を開いた先駆者として評価されています。

3-4:中央競馬での成績
中央へと移籍したアンカツは、中央競馬でも素晴らしい成績を残します。2003年に移籍すると、チューリップ賞、中京記念、フィリーズレビューと重賞を3連勝して話題になります。さらに、圧巻だったのはビリーヴで出走した高松宮記念。このレースを見事に制し、JRA騎手となって1か月足らずでGⅠを制覇しました。アンカツはその後も数々のGⅠを制覇し、JpnⅠを含めてGⅠを22勝しました。また、2007年にはJRA賞最高勝率騎手などのタイトルを獲得。中央競馬でもトップジョッキーとして活躍しました。

4:引退後アンカツは競馬評論家としての活動
JRAのトップジョッキーとして活躍していたアンカツこと安藤勝己は、2013年に騎手を引退します。引退会見でもその動向が注目されましたが、「調教師や調教助手になるつもりはない」とコメントしました。その言葉どおり、アンカツは調教師になっていません。現在は、競馬評論家として活動し、ファンに競馬の良さを伝える仕事をしています。アンカツは競馬関連メディアでコラムを連載したり、競馬のテレビ番組に出演したりしています。アンカツの様々なメディアでの活躍から目が離せません。アンカツこと安藤勝己の競馬評論家としての活動にも注目してください。


5:アンカツの予想は当たる?
競馬ファンが最も気になっていることは、アンカツの予想が当たるのかということでしょう。アンカツはJRAのトップジョッキーであることから、馬を見る目は他の競馬評論家よりも優れています。アンカツの予想は当たるに違いない、と思われているかもしれません。ところが、トップジョッキーだったアンカツでも、競馬予想は難しいとコメントしています。それでも、競馬評論家の中で馬を見る目に優れていることに間違いありません。アンカツは、6月に行われたGⅠ宝塚記念で外国馬のワーザーを本命にしていました。ワーザーは10番人気となっていましたが、見事2着に飛び込みます。アンカツのこの予想結果は見逃せません。馬を見る目に優れていることから、アンカツの予想にも注目が必要です。トップジョッキーとして活躍していたアンカツの予想を参考にして、回収率アップを目指してください。

5-1:アンカツの競馬予想のスタイル
騎手の知識を活かして競馬評論家として活躍しているアンカツは、競馬予想のスタイルも気になる存在です。アンカツの予想スタイルは、人気上位の馬を中心に選ぶ「本命党」の傾向が強いようです。そのため、あまり人気のない馬に重い印を打つことはありません。ところが、宝塚記念のときのように10番人気に◎を打ったこともあります。アンカツが人気薄の馬に重い印を打ったときは、余計に注意が必要でしょう。アンカツはレース後の独自の分析をもとに、レースを予想しています。騎手からの鋭い視点で、馬の能力を的確に判断する予想方法です。出走馬の中から確実に強い馬を選ぶ予想スタイルには、これからも目が離せません。

5-2:アンカツの予想成績
アンカツは元トップジョッキーであり、競馬評論家として注目の人物です。騎手目線の鋭い視点から考察する予想スタイルには、多くのファンが注目しています。そこで、アンカツの予想成績が気になっている方も多いのではないでしょうか。アンカツの2018年上半期クラシックでの予想成績は、本命馬が1-1-0-2で勝率が25%、連対率が50%となっていました。これは、さすがの成績を言えます。さらに、対抗馬は1-1-1-1でこちらも勝率が25%で、連対率が50%でした。アンカツが本命や対抗の印を打った馬は見逃せません。特に、3歳牝馬の頂点を決めるオークスでは、アンカツの選んだ本命、対抗、単穴が全て3着以内に入りました。アンカツは、馬の実力を見極める力に長けています。これからも、アンカツの予想成績に注目してください。

まとめ
アンカツこと安藤勝己は、競馬ファンなら誰もが知っている元トップジョッキーです。騎手としてJpnⅠを含めたGⅠを22勝するなど、輝かしい成績を残しました。アンカツは2013年に騎手を引退すると、競馬評論家として活動しています。アンカツを様々な競馬番組で見かけることも多いのではないでしょうか。アンカツはツイッターも人気な競馬評論家で、フォロワーは18万人以上です。レース後には独自の分析をツイートしているので、アンカツのツイッターは見逃せません。アンカツは、馬券の参考にしたい情報をSNSでも発信しています。アンカツの予想スタイルは、人気上位の馬を中心に選ぶ「本命党」です。しかし、穴馬に印を打つこともあることから、アンカツの予想からは目が離せません。アンカツの予想を参考にすることで、馬券が当たるようになる可能性もあります。馬券の回収率を上げるためにも、競馬評論家として活躍しているアンカツの予想を参考にしてください。